仕事のお悩み解決所

職場の人に挨拶しても無視された時の気持ちの切り替え方法とは

2017.6.30

職場では人間関係が悪くて働きにくいこともありますが、挨拶をしても無視をされてしまうと、関係性はますます悪化していきます。

人によっては好き嫌いがありますが、自分が相手に何かして原因があれば謝ることもできます。

しかし自分でも挨拶を無視されるようなことをしていないと思えば、関係を修復することは難しいでしょう。

そこで職場の人に挨拶をしても無視をされてしまった時の気持ちの切り替え方について紹介します。


職場の人に挨拶して無視されても毎日欠かさず挨拶を続ける

挨拶はコミュニケーションの基本でもあるので、自分から積極的に行うことで、相手と良い関係性を保つことができます。

しかし職場の人に挨拶をしても無視をされてしまっては、相手が自分とのコミュニケーションを拒否したことになります。

自分が何か相手に悪いことをしたのであれば、きっちりと謝ることが必要ですが、心当たりがなければ謝ることすらできません。

職場では相性の良い人もいれば、悪い人もいるのは仕方がないことです。

しかし仕事だから普通は我慢をして、嫌いな人とも一緒に働くことができます。

挨拶は最低限のコミュニケーションなので、嫌いな人でも挨拶さえしておけば、とりあえず職場の仲間としての関係性を保つことができます。

挨拶をしても無視されることがあれば、相手が関係性を断とうとしていることですが、こちらからは必ず挨拶をするようにしましょう。

後で揉めた時に挨拶さえしておけば、相手が一方的に関係を悪化させたと言えますし、仕事をするためには最小限の被害で済ませるために挨拶だけは欠かさず行いましょう。

挨拶を無視された職場の人との関係性を考え直す

こちらから挨拶をしているのに、無視をされるのは人間関係においても相当な確執がなければ無視をすることはありません。

いくら嫌いな人でも職場では一緒に仕事をする仲間なので、最低限の挨拶だけはするものです。

嫌いな相手でも一緒に仕事をしなければいけない場面もあるので、仕事に支障がでないようにするのが社会人として当然の行動です。

しかし社会人でありながら職場の人が挨拶をしても無視をするのは、相当嫌な思いをしたか確執があるしかありません。

そのためいくらこちらから挨拶をしたり関係性を良くしようと努力しても、相手が受け入れてくれなければどうすることもできないのです。

職場だからといって嫌いな人と無理に付き合う必要もないので、仕事に支障がなければ相手との付き合い方も考え直してみましょう。

大人になっても意固地になるタイプの人はいますし、誰もがみんなと仲良くコミュニケーションをとれる訳ではありません。

相手との関係性を見直すことで、気にせず仕事に集中することができます。

挨拶を無視するような職場環境なら早く退職することも考える

職場の人間関係の悪化によって転職する人は多いですが、やはり毎日顔を合わせるのに、人間関係が悪い職場には行きたくないものです。

ただ怒られたり嫌いな人がいるだけなら気持ちの整理もできますが、挨拶をしても無視をされるなど、あからさまな態度で嫌いだとアピールされると気分的にも嫌なものです。

自分が悪いことをしたのであれば受け入れるしかありませんし、謝ることで関係が改善するなら素直に謝ることもできるでしょう。

しかし原因がわからずに挨拶をしても無視されるのは、いじめに近い扱いと同じです。

相手の方が先輩や上司ならば、自分の方が悪くなくても肩身の狭い思いをするしかありません。

いくら自分が正しくても相手の方が職場では立場が上なので、他の仲間も相手を擁護するはずです。

挨拶をしても無視をされるような職場環境ならば、早めに転職を考えて違う職場で楽しく働くことを目指しましょう。

自分はいつも挨拶をしていれば無視されても気にすることはない

自分に自信を持っている人であれば、職場の人に挨拶を無視されても堂々としていればいいだけです。

挨拶をするのは社会人として当然のことですし、一般常識として誰もが知っていることです

自分に非がなく挨拶をしっかりとやっていれば、客観的に見れば相手の方が常識がないということはわかります。

職場では嫌いな人がいても当然なので、仕事に支障がでないように気持ちを抑えて仕事をしているものです。

自分はしっかりと挨拶をして仕事もしっかりとやっているという自負があれば、堂々としていても大丈夫です。

例え挨拶をして無視をされても、こういう人だと思っていれば気にすることもありません。

職場には年代が違う人などいろいろな人が集まっているので、相性が悪い人はいても不思議ではありません。

例え無視をされても自分の仕事をしっかりやっていれば、気にする必要はないでしょう。

挨拶はコミュニケーションの基本なので自分だけは怠らないこと

もしも自分が嫌いな人がいた時に無視をしてしまったら、罪悪感を感じてしまうこともあります。

人とのコミュニケーションの基本は挨拶なので、ワザと無視をするのは自分の良心が許さないですし、罪悪感を感じるはずです。

相手に対していじめを行っていると思うかもしれないので、無視をされた方も嫌ですし、無視をする方も嫌な気持ちになります。

自分がされて嫌だと思うことは相手にもしてはいけないので、職場で挨拶をして無視されても、自分からは絶対に挨拶をするように気をつけましょう。

ここまで書いてきましたが職場での人間関係はいろいろあるので、挨拶をしたくないと思う人もいるかもしれません。

しかし社会人として挨拶はしなければならないですし、仕事に支障があってはいけないので、我慢して挨拶をするべきです。

最後まで読んでくれた方も自分が挨拶をして無視された時は嫌な気持ちになるので、自分からは挨拶を欠かさず行うように意識しましょう。

反面教師として自分だけは挨拶をしっかりとやることによって、そのうち環境も良くなって職場の人間関係も改善されることを願っています。

 - 職場の人間関係に関するお悩み