仕事のお悩み解決所

鬱病が原因で退職したいけど引き止められた!そんな時の対処法

2017.7.1

今、現代社会で会社退職の理由に多いのが鬱病です。

まさか自分が鬱病になるなんて思ってなかった人がなりやすいそうです。

あまりに鬱病がひどいと欠勤や早退が増えて仕事が思うように進まなくなり、しまいには人間不信に陥り、職場に打ち明けることもできなくなります。

「私は鬱病です」なんて言えずに、「一身上の都合で退職したい」と退職をほのめかすと……

理由をしつこく聞かれて、会社に引き止められることが最も多いのでないでしょうか?

今回は万が一、鬱病になった場合に颯爽に退職できる技を教えます!

そして鬱病になる前に予防をしていきましょう!

鬱っぽいと思ったら、退職を考える前に引き止め回避を先に!

まず鬱病とは気分障害の一種であり、様々なストレスにより、慢性的に気分が憂鬱になり、やる気が低下してしまい、何事にも興味がもてなくなるココロの病気です。
鬱になりやすい人は、生真面目だったり完璧主義者や責任感の強い傾向にあります。

その中に「感情表現が上手くできない」というのがあります。
これがなかなか仕事を辞めることを上司に伝えられず退職できない原因です。
周りに引き止められてしまうと、自分の気持ちや言いたいことを言えずに流されてしまうのです。
しかも、鬱病は見た目では愛想よく振る舞ったりいつも通りにしようと肩に力が入ってしまうので周りに気づいてもらえないことがほとんどです。

まずは上司や周りの社員に引き止められたら、軽く流しましょう。
自分がいなくても大丈夫という姿勢を見せましょう。
鬱の薬をのみながらギリギリの精神状態で仕事をしている人を見ると心苦しくなります。
なかなか辞められないのが現状なんですよね。

辞める人を引き止める権限は会社にはないのですから!

鬱病は退職したら治る可能性大!だから引き止めないで!

実は鬱病を治すには長い療養期間が必要です。
まずは身の回りのストレスをなくしていかなくてはいけません。

例えば仕事がストレスになっている場合は、常に仕事のことばかり考えしまい心が休まる時がありません。
それでは鬱病なんて良くなりませんよ。
ストレスの溜まる職場が原因であれば、職場に行かなくなることで憂鬱な気持ちが軽減されます。
仕事を辞めたいのに、引き止めてくる会社は売り上げのことを考えていることが多いです。
鬱病に悩み、仕事を辞めたい人の気持ちが最優先でないところが悲しい現実ですよね。

鬱病は、ストレスの原因である会社に在籍してる以上、治ることはありません。
自分の中に渦巻いているストレスの原因を取り除きリセットしないといけません。
自分の意思を強く持ち、周りの意見に流されないように気をつけましょう。
あなたがいなくても会社はつぶれません!

どうして?退職理由が鬱病だと引き止められるの!

鬱病は世間では深く浸透してないところがあり、理解されずらい病気です。
身体の病気ではなくココロの病気なので、気の持ちようだと捉えられてしまうことが多いです。
一昔前までは鬱病=怠け者と言われてたものです。

職場で鬱病と打ち明けた途端、面白おかしく陰口を叩かれたり、心配するふりをして弱いココロに土足で入ってきたり、余計に症状が悪化してしまうケースがあります。

けれど中には本当に鬱病のことを理解してくれて会社に在籍する方向でアドバイスをしてくれる人もいます。
アドバイスと言いつつ、引き止め文句でよくあるのが、「今より給与を増やすから」「短期間の休暇をとっていいから辞めないで」「有望な人材が居なくなると困る」とかです。
つい、もう少し頑張ろうって思ってしまいますがここで負けないでください!

何よりも、鬱病を治すことが最優先なのです!

引き止められたくなければ、別の理由で退職しましょう!

退職してしまった同期に久しぶりに会った時に、実は鬱病だったんだと打ち明けられることがありました。その子は職場を変えたら、心機一転し元気になったそうです。
一緒に働いてた時は、全く鬱病だと気付きませんでした。人一倍周りに目を配り、気を使えるとても優しい子なのです。
その子の退職理由は「夫が転勤になり、ついていくので辞めます」でした。
もちろん円満退社できました。
そんな彼女でしたが、大量の仕事に体がついていかず辛くて職場の前で涙してたそうです。
仕事を頑張りすぎたのが鬱の原因でした。

鬱になったからといって、周りに言う必要なんてないのです。
適当な理由をつけて辞める技もありです!
確かに退職することで周りに負担をかけてしまったり、引き止められて余計な苦労までしてしまうかもしれません。
けれど、大事なことは自分はどうありたいかなのです。

嘘も方便ではないけれど、時としては自分を守る為に円滑に生きていく為に、必要な嘘もあることを心の片隅に置いといてくださいね!

会社に引き止められないように円満に退社できますように!

鬱病になると心が弱ってるので、ちょっとしたことでも臆病になったり、過敏になります。
ですが、ほとんどの会社は辞めると言ったら引き止めにきます。
そこで自己主張するものなら、さらに人間関係が悪化してしまうが目に見えます。
さらに塞ぎ込みがちになり、物事が悪い方向へ流れやすくなりので気をつけましょう!
鬱病のことが理解されなくても、退職してしまえば関係ないのですから。

また常日頃から鬱病にならないように、ストレスの発散方法を身につけ、バランスのとれた食事を心がけて、日光を浴びて適度な運動をしましょう。

最後に鬱病になってまで、会社の事を一番に考えなくても良いのです。
「自分は自分、他人は他人。」のスタイルをもち自分の心と体を大切にしましょうね。

嫌な職場を辞めた時の解放感は最高ですよ!
きっと素晴らしい世界観が広がりますから!

 - 退職・休職に関するお悩み