仕事のお悩み解決所

今の会社に不満だらけ、これからの将来が不安なあなたへ

2017.5.10

生きるためにはお金が必要で、お金を稼ぐためには働かなくてはなりません。勤労は国民の義務として定められているように、誰でも大人になれば働くようになりますが、全員が全員楽しく働いているとは限りませんよね。

希望していた業界に進めなかった、憧れの会社に入ってみたら思っていた感じではなかった、そんな不満だらけの状態が“当たり前”となりつつあるのが現実なのです。

会社に対して不満だらけ!これって私だけ?

朝起きて、今日も仕事だと考えるだけでなんだか憂鬱な気分。会社に不満がある人であれば当然ですよね。いくらお金のためとはいえ、年間で考えれば会社はかなりの時間を過ごす場所ですから、そこに不満があると快適とはいえません。

しかし出勤してみれば、みんなブツブツと文句を言うわけでもなく仕事に取り掛かります。これが日本人の良いところでもあり悪いところでもあるのですが、周りの人と合わせようとするために、1人が不満を言えばみんなが同調しますし、黙って仕事をし始めれば誰も不満には触れません。

口に出して言ったところで何かが変わるわけではないと思っているのかもしれませんね。それもそのはず、本気で現状を変えようと思っている人は、文句を言うよりもまず行動に移すはずですから。

ネガティヴな言葉を言えば空気が悪くなることは誰でも分かってます。だからみんな何かしらの不満を抱えていても、いちいち口に出さないだけなのです。

不満だらけの会社でも働くのはなぜ?

ではなぜ不満だらけの会社で働き続けるのでしょうか。

転職のイメージが良くないから

これも日本特有の考え方といえますが、日本人は1つの会社に長く勤めることを良しとしています。終身雇用制度が当たり前だった時代では、新卒で入社した会社を定年退職するという考えが一般的でした。

しかし海外ではある程度勤務をしたら、転職をしてさまざまたスキルを磨くことで評価されていきます。日本で同じことをすると「この人はころころ仕事を変えるんだな」と思われてしまうこともあるから不思議ですよね。

新しい環境に飛び込むのが怖いから

保守的な考えですが、誰でも初めての仕事や慣れない職場では緊張して働きづらいものです。せっかく今の仕事を覚え、地位も確立できてきたのにわざわざまた一から苦労したくない、そう考える人も多いのです。

しかしそれはチャレンジすることを恐れているということであり、自身のスキルアップは難しいのではないでしょうか。

不満だらけの会社は成長できる環境なのか考えよう

不満の対象が何に対してなのかによって、その会社にいるメリットがあるのかどうかがわかります。

例えば人間関係に不満がある場合、仕事に対して満足しているのであれば、退職や転職を考えない理由もわかります。会社は仕事をする場所ですから、あまりに人間関係が悪いと支障をきたしますが、本当にやりたい仕事ができる環境なのであればあなたにとってきっとプラスになります。

逆に仕事に対して不満がある場合、どんなに人間関係が良かったとしてもそれは自分にとって良い環境と言えるでしょうか。

確かに仕事をしていく上で人間関係は非常に重要です。しかし仕事にやりがいを感じられない、将来性が見えないという状態では残念ながら成長は見込めません。

人が良いからという理由でだらだらとやりたくもない仕事をするくらいなら、どんどんチャレンジして自分にあった会社探しをした方が今後のためになるのではないでしょうか。

耐えられない不満はどう解消すればいい?

転職したくてもいまはまだ仕事を投げ出せない、残る人たちのことを考えると今はまだ去るべきではない。そういった責任感の強い人は、自分の悩みも自己解決しようとする傾向があるので、気付いたら自分でも手がつけられないほどいっぱいいっぱいになってしまうことがあります。

もう無理だと少しでも思ったら、早い段階で周りの人へ助けを求めましょう。人間は1人で考えれば考えるほど悪い方向へ進みます。しかし少しでも人に話せば驚くほど心が軽くなります。

職場の人に話しづらい内容であれば家族や友人、恋人に相談に乗ってもらうのも構いませんし、仕事の悩みを匿名で相談できる機関も充実しています。社内にそういった窓口があればそちらを利用するか、もしくは各自治体が設けている無料のカウンセリングを受けてみるのも有効です。

仕事に対する不満は誰しもありますが、だからといって軽視してはいけません。

自分のスタイルで働ける、新しい働き方

会社への不満は、人間関係・拘束時間・設備の充実度・仕事量などあらゆる面から考えられますが、自分のペースで自分の好きな場所で働くことができたら、その多くが解消されると思いませんか?

最近ではそうした考えを推奨するリモートや業務委託といった働き方を提案する会社が増えてきました。フリーランスとして働きたいと考える人も、上記のような不満を抱いたことのある人ではないでしょうか。

場所を選ばずに仕事ができれば家族と過ごす時間も増えますし、住む場所の選択肢も広がります。時間に拘束されないので生活リズムを無理に変える必要もありません。

それなりのスキルや実績がないうちはなかなかハードルが高いのが現状ですが、変わらない毎日の繰り返しに疲れてしまったと感じたら、一度そういった働き方もあるんだということを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 - 会社に対するお悩み