仕事のお悩み解決所

【それどういう意味?】会社で「元気がない」とよく言われる人の特徴

2017.5.19

心の底から仕事を楽しんでいるわけでないけど、あまりにも周りから「元気がないけど大丈夫?」なんて声をかけられすぎたら、自分がどう見えているのか少し心配になりますよね。

会社は疲れて当然の場所かもしれませんが、元気がなさそうな様子というのはあまりいい状態ではありません。心と身体の健康のためにも、今日から少しずつ改善させていきましょう!

会社で元気がないのは当たり前じゃないの?

「なんだか元気がなさそうだけど、大丈夫ですか?」そんな風に声をかけられても、仕事なんだから元気がなくても当然じゃないの?

確かに仕事を楽しんでこなしている人よりも、毎日行きたくないと思いながら頑張っている人の方が多いかもしれません。朝の通勤ラッシュを見ていると、出勤前から疲れたような顔をしている人もいます。しかしそんな人たちが全員、元気がなさそうな様子というわけでもないのです。

職場全体の雰囲気が暗く重いものであれば、みんな元気がないと言えるかもしれませんが、職場自体は活気があって普段通りにしているつもりなのに不思議ですよね。

元気がなさそうに見えるって当然良いことではありませんし、あまりに心配されるとなんだか体調が悪かったような気がしてきたり・・・。

周りの人たちと自分とでは、一体どう違って見えているということなのでしょうか。

自分では元気がないと思ってないのに、なぜ会社ではそう見えるのか

元気がないねと声をかけられて、何かしら心当たりがある場合もありますが、自分では全くそう思っていない時もあります。

人は幸せを上手く隠せないと言いますが、暗い気持ちも完全には隠し切れません。元気がなくなるほどではないけど、ちょっと思い当たることがあるかも。そんな時に指摘されたあなたは繊細な心の持ち主なのではないでしょうか。ちょっとした出来事でも影響を受けやすく、自分で思っている以上に行動に表れてしまうのです。

何度も言われるようであれば、もしかしたら自分で気がつかないように避けてしまっている出来事があるのではないか、少し考えてみるのもいいかもしれません。もう思い出さないように強制的にフタをして、触れないようにしてしまっていることはありませんか?

無意識のうちに無かったことのように考えてしまっていても、心のどこかで引っかかっているから周囲に感じ取られてしまうのです。

会社で「元気がない」と思われるのはこんな理由も

元気がないように思われるのは精神的な部分だけではありません。その人の見た目による部分も大きいのです。

たとえば女性であれば、朝早くから夜遅くまで仕事をしていると、疲れて帰ってそのまま寝てしまうなんていうこともありますよね。朝起きて化粧を落とさなかったことを後悔・・・しても肌はガサガサなまま。

肌が荒れるだけで老けて見えますし、顔全体が疲れているような印象を受けます。寝不足でできる目の下のクマ、朝起きれなかったためにノーメイク、適当にかき集めたヨレヨレのふく、休日は家でだらだらと過ごしてしまって美容院にも行かずに髪はプリン状態、そんな見た目から「元気がなさそう」と言われてしまっていることも考えられます。

お気に入りの服を着てみたり、髪を綺麗にしてもらうと気分も変わりますよね。見た目にだらしなくなってしまっていないか、最近の自分を見つめ直してみてください。

少しでも楽しく仕事をするためにできること

仕事が楽しければ、会社に行くのが憂鬱に思うこともありませんし、元気がなさそうと言われることも減りそうですよね。

自分が本当にやりたい仕事に就ければ手っ取り早いのですが、なかなかそう簡単にはいかないのが現実です。では今の環境で、少しでも楽しく仕事をするためにできる工夫はどんなことがあるでしょうか。

イライラしない

常にイライラしていて怒りっぽい性格は顔に出ます。への字に曲がった口元は老けて見られる原因ですし、職場の中の一人がイライラし始めるだけで、全体の空気も悪くなります。

イライラしやすい人はせっかちな人が多いので、少し心にゆとりを持つように心掛けてみましょう。そして周囲に求めるハードルを上げすぎず、仕事ができない人に対しては頭ごなしに怒るのではなく、なぜできないのかを考えてみるようにしてみてください。

目標を持つ

毎日同じ業務を機械的にこなすのと、目標を設定してこなすのとでは結果に大きな差が出ます。どんなに小さな目標でも達成すれば自信になりますし、仕事のモチベーションも維持することができます。

元気に働くためには休日の過ごし方も大切

週の大半を仕事に費やしている分、休日は何もせずに過ごしたいと思う人も多いはず。しかし休日の過ごし方によっては疲れを癒すどころか、疲れをさらに溜め込んでしまうことにもなりかねないので注意が必要です。

「目が覚めたらもう夕方になっていて休日を無駄にしてしまった」と言っている人を見たことはありませんか?普段あまり睡眠時間を取れていない分、休日は思う存分寝てやる!と意気込んで寝た結果、せっかくの休日を台無しにしてしまうパターンです。

それだけ寝たのだから疲れも取れているだろうと思いきや、逆に寝すぎてしまうと頭も身体も怠くなってしまいます。さらに休みを無駄にしてしまったことにより気持ちまで暗くなりますよね。

好きなことをして疲れるのと、そうでないことをして疲れるのとでは感じ方が全く異なります。疲れたくないから家に篭りきりになるのではなく、明日からまた元気に過ごすために適度に身体を動かすように意識をしてみてください。

 - 社風に関するお悩み