仕事のお悩み解決所

ライバルを職場で孤立させる女性の戦術、それが陰口です

2017.5.19

女性は養育者となり、他の人とよい関係を築くように教えられ、育てられます。ですから女性が他人をいじめる時、その標的の80%が女性だと聞くと、耳を疑ってしまうかもしれません。

ほとんどの女性は幼児期から「お行儀よく遊ぶ」ように教えられてきていて、優しそうな外見を保たなければならないことを知ってるので、お互いに対しては外から見えないように行動します。同僚の誰かにライバル心を感じると、競争相手を貶める武器として陰口を使い、相手を職場で孤立させます。

陰口はライバルを職場で孤立させるための女性の武器

男性は企業の中で出世していく中で、積極的であることを求められ、時には無礼であることさえ大目に見られます。しかし同じ行動をとる女性は白い目で見られますから、女性は陰湿とも言える陰口、ゴシップを武器にしたいじめで標的を孤立させようとします。

職場で働く女性がこのような状況を乗り越えるためには、たとえ何を言われようと、ゴシップに反応しないと決めることです。

女性は他の女性のためにおしゃれをすると昔から言われますが、それは女性がグループ内で他の女性からどう見られるかを気にする傾向があるからです。女性は他の女性が男性よりも厳しく自分を判断すると感じていますので、それが気になる女性は、女性よりも男性と多く関わろうとし、結果的に多くの女性の同僚からの批判を招くことになります。

ビジネスの場での働く女性として一番いいのは、一緒に働いている女性の同僚達をよく知る前には何も決めつけないことです。自分がどのように扱われるかについて、先入観を持たずに同僚の中に入っていくことです。

女性の同僚を職場で孤立させるための陰口は最悪の武器

「職場のいじめと集団いじめ」はあまり耳にすることのない現象ですが、最近その存在が問題視されるようになり、対応策も取られ始めています。ほとんどの人は「職場のいじめと集団いじめ」という言葉に慣れていませんが、私たちの職場の多くにはこれらの行動を許し、さらには助長さえする文化が完全に定着しています。

職場のいじめはとは、業務にも悪影響を及ぼしかねない、言葉による虐待、脅迫、威嚇、屈辱、労働妨害の形で繰り返される健康にも悪影響を与えかねない虐待のことを言います。標的となった労働者が被害を受けるだけでなく、会社の仕事にも支障が出ることがありますので、雇用者は職場のいじめには適切に対処する必要があります。

いじめの加害者は標的を感情的に虐待するために多くの戦術を用いますが、陰口を武器に標的を孤立させるのは、いじめの最も有害な武器です。

いじめの標的が加害者から選ばれるのは、しばしば他の従業員よりも仕事の成績が優れているためです。いじめの加害者は自分の能力不足を恥じる感情が増幅されることから、成績のいい人に脅かされていると感じることがよくあります。精神的に健全な人たちは優秀な人を賞賛し、その人と一緒に働くことを喜び、その人から学びますが、いじめの加害者は自分以外の人が輝くのを見るのが耐えられないのです。

標的にされた女性は陰口を使った戦術により、徐々に職場で孤立していきます

成績がよくて、いじめの加害者に目を付けられた人は、突然その成功が最小限に抑えられることに気がつきます。以前は評価されていた意見も、もう求められなくなり、重要でない仕事ばかり回ってくるようになり、権限は奪い去られ、しばしばいじめの加害者の友人があなたに取って代わります。

標的になった人は、会議、特別プロジェクト、または社交イベントの企画に参加するよう求められなくなります。意図的に「輪から外される」ため、重要な情報が伝わってこなくなり、同僚がみな知っていることを知らないため恥をかいたり失敗したりします。

いじめの加害者は、つまらないことを問題にし、被害者を批判し、個人的な侮辱を始めますが、陰口を使って目立たないようにやります。加害者は一度に1人の人しか対象にしないことが多く、標的になった人がいじめられていると訴えても、同僚にはなかなかそれが本当だと信じてもらえません。多くの場合、標的にされた人と加害者本人だけがいじめの本質を知っています。

いじめには加害者の気まぐれ以外には本当の理由がなく、被害者の苦痛を楽しんでいるだけの場合もあるため、標的になった人はいじめを受け始めると感情的に反応し始めます。被害者ははしばしば存在しないいじめの理由を探して、加害者に執着することがあります。加害者は標的の感情的苦痛を同僚に指摘し、懸念を表明し、噂、ゴシップ、半分歪めた真実を言いふらすことで、他の人達を操って標的の精神的健康に疑問を持たせようとします。

いじめは1人から集団に発展していきます

ほとんどの同僚は、被害者は加害者から加えられた精神的な傷の症状を示しているのだということを理解せず、加害者が言う精神的な問題だという主張を信じてしまいます。こうして同僚達は無意識のうちにいじめに参加することになり、それが集団いじめと言われるものです。

中には少数ながら、本当のことを知っている人はいるのですが、たいていの場合自分自身が次の標的になることを恐れて、被害者に関わろうとしません。

いじめの最も有害な武器である孤立は、精神的に健康な人が耐えられる最も感情的に苦痛な経験であり、昔から刑罰や拷問によく使われてきました。地獄がどんなところか誰も知らないと言いますが、1つだけ確かなことは、地獄に落ちれば孤立という責め苦を受けることです。

職場のいじめ、集団いじめは自殺という最悪の結果を招くことがあります。これは重要な公衆衛生上のメッセージであり、文字通り命を救うために、すべての働く人は職場のいじめや集団いじめについて学べということです。

雇用主は職場の陰口に対処する重大な責任があります

会社としてこうした陰口の問題に対処する方針をきちんと持つことも必要です。人の評判を破壊しようとする明確な意図を持って陰で言われる、悪意があり本当ではない発言と、真実であり、結果としてその従業員の評判に深刻な損害を与えない発言を区別しなければなりません。

従業員が不満を感じると、彼らは陰口を言い、不満の感情や強い負の感情、いわゆる「毒素」を職場中に広げます。それが広がるのを許すと、突然職場に否定的な文化が形成され、そこは誰にとっても非常に不愉快な場所となりますので、雇用主や職場で監督者の立場にある人はその「毒素」を退治する役割を担わなければなりません。

雇用主は、職場や他の労働者の成績に不満をもつ従業員には、まず自由に話をさせ、それから同情心を持って効果的にそれに対処すべきです。毒素を退治する人は同情的な上司としてよい仲介者の役割を果たし、否定的な感情を持った人々の意見を聞き、問題を解決していかなければなりません。

 - 職場の人間関係に関するお悩み