仕事のお悩み解決所

体調不良で自己退職したときの失業保険について解説!

2017.11.14

体調不良によりやむを得ず自己退職をしようとしているけど、退職したあとの収入は気になりますよね。

退職したあとに失業保険は貰えるのかなど、とても気になると思います。

失業保険はどうしたら貰えるのか、手続きはどうしたらよいのかなど、不安になってしまうと思います。

また、体調不良により退職したら、再就職などは難しいのかなど、先々の事まで考えてしまうのではないでしょうか。

だからといって、体調不良のまま働いているのは辛いですよね。

自己退職したあとの手続きや失業保険について教えます。

体調不良で退職したときの失業保険の受給資格

失業保険は受給するための受給資格があります。

自己都合退職では、基本的に3ヶ月の受給制限期間があります。

また、働く意志があること、積極的に就職活動を行っていること、いつでも就労可能であることの3つが受給できる条件になります。

しかし、今回のように体調不良での退職になると、いつでも就労可能である状態ではないため、受給することができません。

ただ、通院することにより健康状態が改善され、就労可能状態になれば失業保険の受給を受けることができます。

また、体調不良によりやむを得ず自己退職することになった人などは、特定理由離職者というものがあり、これに該当すれば3ヶ月の受給制限がなくなり、すぐに失業保険を受給することができます。

自己退職による失業保険受給は、退職理由などにより受給資格など受給開始期間などが違いますので、事前に調べておくほうがよいでしょう。

知らないと貰えるものが貰えなくなったりしますので、注意しましょう。

体調不良の自己退職で失業保険を貰うには

体調不良による自己退職で失業保険を貰うには、雇用保険に1年以上加入していることが条件になります。

今の会社が1年未満でも、前に働いていた会社との合算した期間になりますので、確認してみましょう。

もし、雇用保険の加入期間が足りないときは、2年前までさかのぼり保険料を払い込むことができます。

そんなお金を払い込むのなんて、なんで今さらなどと思って、払い込むのなんてそんなお金勿体ないなどと思われると思いますが、以外にも雇用保険は対した金額ではないようです。

失業保険を受給するために雇用保険を払い込んだとしても、失業保険としてそれ以上のお金が受給できます。

また、早く再就職できたときなど、残りの失業保険を再就職祝い金として貰うこともできます。

アルバイトの方でも、雇用保険に加入していれば、失業保険を受給することができますので、自分が加入していたかどうかを確認しておくとよいでしょう。

失業保険を貰うなら体調不良で退職する前に病院へ

体調不良で退職したあとに失業保険を貰うのであれば、病院での診断書が必要になります。

体調不良であれば病院へ通っているのではないかと思いますが、もしまだ通院していないなら病院へ行ってください。

そして、退職する前に病院で医師に体調不良を理由に退職する旨を相談するとよいでしょう。

体調不良により退職しようとしている人、した人はあなた以外にもいるはずですから、医師が色々と相談にのってくれると思います。

退職したあとも通院することになると思いますし、就労可能であると判断して貰うことになると思いますので、今現在の気持ちやこれからどうしたいかなどを相談するとよいでしょう。

いずれにせよ、体調不良であれば失業保険は貰えるかもしれませんが、就職活動することはできませんし、何よりも自分が一番辛いと思います。

どんな体調不良にせよ、必ず医師の診察を受けて診断してもらうことで、自分の気持ちも楽になれるのではないかと思います。

【【ますばゆっくりと体調不良を治療しましょう!】

体調不良で退職したからといって、再就職できないわけではありません。

退職することになった原因となる体調不良を治療することで、またいつでも働くことはできます。

ですから、今の自分を悲観することなどありません。

たまたま、体調不良になってしまっただけであり、その原因を取り除いたりして治療することで、きっとよくなるはずです。

少しだけ時間はかかるかもしれませんが、この機会にゆっくりと体と心を休めましょう。

そして、焦らずゆっくりと自分のペースで治療をしていきましょう。

収入面に関しては確かに不安かもしれませんが、失業保険を受給することができますし、もし退職前から傷病給付金を受給していたのであれば、それも受給することができます。

体調不良が改善され、働くことができるようになれば、お給料として収入を獲ることができますので、慌てず焦らずゆっくりと治療を進めていきましょう。

手続きや金額、受給日数などについて調べておきましょう!

退職する前の傷病給付金にしても、体調してからの失業保険にしても手続きが必要になります。

手続きをしないと受給できるものもできなくなってしまいますので、事前にどんな手続きが必要なのか調べておくとよいでしょう。

そうすることで、慌てなくてすみますし、手続きを滞りなく行うことができると思います。

また、受給金額についても年齢などにより金額が変わってきますので、一度調べてみてください。

退職した時期やその時に貰っていたお給料により受給金額が変わりますので確認しておくとよいでしょう。

また、受給日数についても、雇用保険の加入期間により最大受給日数が違いますので、知っておいた方がよいと思います。

失業保険は、人や年齢により違いますので、自分を当てはめて確認しておいてください。

もしわからない場合は、ハローワークで聞いてみるとか、知り合いに詳しい人がいれば聞いてみたり、退職する前に会社で聞いてみてください。

知らなければ受給できるものもできなくなってしまいます。

きちんと手続きを行って、安心して体調不良の治療をしてください。

 - 退職・休職に関するお悩み