仕事のお悩み解決所

会社でいるいる怖い人!こんな女性に注意しろ!

2017.5.30

あなたの会社にも「怖い人」いますよね。もちろん、怒ると怖いというレベルでなく、敵にすると怖い、逆らうと怖いという人です。女性の場合が多く、場合によっては「お局様」と影で呼ばれています。

こういう怖い女性の特徴をご説明いたします。

さてあなたの会社のいる怖い女性は、いくつこの特徴に当てはまるでしょうか?

今夜は震えて眠ってください。

会社にいる女性の中の怖い人の特徴

怖い人という定義には「畏怖」という感情がありますが、いわゆる会社にいる怖い女性はそういう畏怖ではなく、どちらかと「嫌だな」「イライラする」といったマイナスの感情のみ引き起こす存在のようです。

特にその恐ろしさは態度の変化に現れます。役職が上の存在だったり、得意先や異性だったりが相手だとそれはもう立派な猫を被っているのですが、逆に部下や同性、気に入らない相手だとすると態度が豹変し、まさに「暴君」もかくやという暴政になります。

しかし、仕事は出来るのです。だから社内での評判は良かったりします。その陰で多くの人が泣いていますが、上の人間は決して気付いてくれません。

またこういう女性は態度の豹変もすさまじいですが、機嫌の変化もすさまじいのです。機嫌のいい時は、優しく接してくるのですが、機嫌が悪い時はもう目に付いたもの全てにケチをつけはじめ、ダメ出しも厳しく、嫌味も冴えわたるのです。

女性の敵は女性?女性が恐れる会社の怖い人

同性は時として同性にやたら厳しくなります。

やたら服や髪型、持ち物に詳しい人というのがいます。どこのブランドで、いくらという値段をしっていて、そういうモノを持っているとすかさず色々質問してくるのです。

こういう人は自分と他人を比較して、自分が優位の場合は優越感、自分が低位の場合は嫉妬を覚えます。そのため人と比較する情報に飢えています。SNSなんて、こういう女性にとっては、うってつけの情報収集の場所です。だから、速攻SNS申請をしてきます。

こちらとしては、断るのも失礼だから、しぶしぶ申請を承認しますが、そうすると一気にあなたのプライベートを知られることになるのです。

優位に立ちたくても立てない女性が使う手段は「陰口」です。

そうするとある事ない事、推測を交えて話し出すて、下手するともう創作の世界レベルの話をあたかも事実のように話すようになるので、とにかく目を付けられないようにしましょう。

男性も注意!怖い人はお局様ばかりではない 怖い女性の素顔

違う部署の気になる彼女。いつも笑顔で、色々気にかけて声をかけてくれる。

もしかしたら俺に気があるかもなあ〜、なんて思ったりしますよね。

さてあなたは彼女の本当の顔を知っていますか?

前述したように怖い人というもの特徴に「人によって態度を変える」というのがあります。特に女性は異性に対してそういう対応を取る事が多いと言われています。

その女性が実際どういう人なのかは、見せたい面を見ているだけでは判る事は出来ません。という事で会社で気になる女性がいた場合は、まずは知り合いの女性にその女性の普段について聞いた方がいいかもしれません。意外な一面を知る事ができるかもしれません。

また女性の中には自己保身の嘘をつく人もいます。本当に怖いのはこういう人です。何が怖いかというと、本当に自分がついた嘘に自分をだます事が出来るからです。だから彼女はいつでも被害者だったりします。

女性は色んな側面がありますから、あなたの知っている面だけ見ていても判らない事は多いのです。

噂話は女性の専売特許。彼女達は色んなことを知っている

長く会社にいる女性、いわゆるお局様は、仕事が出来る人が多く上層部にも信頼が厚い事が多いです。

一概には言えませんが、基本的に女性はおしゃべりです。そして噂話はある種の共通通貨のようなもので、お互いに交換しあっています。

という事でお局様は、社内の事情に通じています。お局様は上層部の情報を他の噂話と交換して多くの情報を握っています。特に勤怠管理関係をしている人ならば、誰と誰が同じ日に休暇をとったという点から、社内の恋愛事情について熟知していたりするのです。

また社内の昇進や異動関連の情報が早い人の場合は、上層部に太いパイプを持っている可能性が高いのでこういった女性から不興を買わない方が身のためです。

なにせ彼女の情報はある種の人達に非常に信頼されているので、そこの1%の嘘が含まれていても誰も気づくものはいないでしょう。

味方になれば心強いけど、不用意に近づかない事が大事

さて如何でしたでしょうか?

「ああ、あの人の事みたい」という会社の人が頭に浮かびましたか?

会社でひそかに恐れられている女性というのは、どうも好き嫌いがはっきりしていて、好きな人に対してはとても親切ですが、嫌いな人に対しては駆逐する勢いで接してきます。

上手く味方につければ、これほど頼りになる人もいませんが、敵に回せば会社にいられなくなります。

こういう怖い人には、挨拶はきちんとしましょう。また仕事を手伝ってもらったり、何か助けてもらったらきちんとお礼をしましょう。偶にお茶菓子など貢ぐといいかもしれません。

ただ機嫌がいい時と悪い時でかなり差があるタイプやヒステリータイプの場合は藪蛇になるかもしれません。下手に関わると痛い目にあいますので、気に入られる自信がなければ、距離を置いて接した方がいいでしょう。

 - 職場の人間関係に関するお悩み