仕事のお悩み解決所

職場で独身女性がきつい態度、子持ちのあなたは辛い!その問題解決!

2017.5.30

年々、結婚年齢が高まる昨今、男女ともに結婚願望を持たない人も増えています。自然と職場にも独身女性が増えてきています。

そんな独身女性が多い職場で子持ちのあなたに対する態度が何となくきつい、周りとの関係がギクシャクする事もあるでしょう。嫉妬や妬みなど風当りがきつい事があります。

しかし成長する子供の為に働かないといけません。

そんな問題を解決します。

職場で独身女性の冷たい態度がきつい、でも仕事はちゃんと!

毎日、朝子供を保育園に預けてからみんなよりも少し遅く出社して、夕方お迎えの時間になるとみんなよりも早めに退社する、そんな中、独身女性があなたに対する態度がきつい、冷たいと感じている人も多いでしょう。

そのきつい態度をとられてしまうのは、いわゆる独身女性の妬みからくる物なのか、あなた自身に問題があるのか、見極める為にも自分の仕事はきちんとする事が大切です。

自分の仕事はきちんとするのは当たり前ですが、どこかで自分は子供がいるからと甘えがあるのかもしれません。

常に休みがちだったり、お迎えの時間が来ればやり残した仕事があってもさっさと切り上げて帰ってしまうなど「私は主婦と母と仕事と大変なの。」という態度をあからさまにとると、周りの反感を買ってしまいます。

もちろん会社側もそういう人を雇った以上は配慮するべきですが、そこの甘え過ぎてはいけないのです。

独身女性の態度がきつい職場、「独身だから、既婚だから」という考えは捨てよう!

職場で独身女性があなたに対する態度がきつい、何となく孤立して1人浮いてしまっているという状態の人はまわりが「独身」で自分が「既婚」だからと思っていませんか。

例えば5,6人のお友達でお茶をしたとします。その中で既婚者があなただけであった場合、話がみんなと合わないという事はあります。恋愛の話をみんながする中、あなたはすぐに旦那や子供の話をする、海外旅行の話で盛り上がってもあなたはそんな行く余裕などない、等々プライベートであれば独身と既婚の違いから、かみ合わない事は多いでしょう。

しかし会社という組織の中では休み時間を別にしてプライベートの話などしません。

独身であろうと、既婚であろうと決められた仕事をきちんとこなしていれば浮いてしまう事など本来ならないのです。そこに溝を感じてしまうのであれば、あなた自身が「みんなは気楽な独身者」と自分との違いをすごく意識しているのかもしれません。

そんな考えは周りにも伝わってしまいます。仕事に対する熱意は既婚、未婚関係ないという事を念頭に日々仕事をする事が大事です。

職場では子持ちは迷惑?だから自然ときつい態度の独身女性

会社の中で独身女性と子持ちの女性社員が同じ仕事内容で同じ仕事の量をするという事はまず無理があります。稀にそういったケースがあればよほどその既婚女性社員が有能であるのでしょう。

子供がいれば毎日の保育園送迎、病気、行事など必ず休まなければならない日が出てきます。そんな時に自分の仕事を押し付けられたりしたら、独身社員としては良い気持ちはしないものです。

そうならない為にもその会社に入る時に、子供の病気や行事などを踏まえた上で休んでも差し支えないような仕事にしてもらう事が大事です。

それで迷惑をかけてしまうという事を常に念頭に入れておかなけらばならないのです。日頃から周りに感謝する気持ちを持っていると自然と周りの人も気遣ってくれるようになります。

みんなよりもその分、他の部分で頑張るくらいの気持ちがあるとなお良いです。

職場だけでなく、私生活を妬んでしまう独身女性社員

主婦、母でありながら仕事ができるというのはきつい事ですが、逆に幸せな事でもあるのです。特に結婚という大きな問題は適齢期を過ぎた独身女性にとっては、とても繊細な悩みとして常に心の中に潜んでいるのです。

そんな中で結婚していて子供もいて仕事もできるとなると、自然と妬みが産まれるのです。

ただでさえ女性が多いと派閥やいじめなどトラブルがつきもの、その中でも【結婚】というこの2文字がとても影響しています。

真面目に仕事に取り組んでいるのに、独身女性から妬まれてしまうのは仕方のない事かもしれません。しかしそんな人は元々あなたにだけでなく、何かと妬みが多い女性と捉えてあまり気にせずに気の合う人が必ずいるはずです。

真面目な姿を見ている人は必ずいる、そんな人と心通わせて毎日仕事に励む事だけを考えて会社に行く事が大事です。

独身女性の態度がきつい職場で働く時に、心得ておく事!

仕事終わりに趣味のスポーツクラブや英会話に行ったり、同僚と飲みに行ったり、家に帰ってもご飯はもうできている、自分の事だけをやればよいだけの独身女性社員。

それに比べて子持ちであれば、職場でクタクタの体のまま保育園にお迎えに行き、家に帰ったら速攻で夕食の準備、子供のお風呂、洗濯と次々にやる事があり休む暇もない、そして翌朝になれば誰よりも早く起きて旦那や子供のお弁当を作り、朝ごはんも作って食べさせ、自分の出社準備もままならないまま、子供と連れて出かけ保育園に預けて出社する。

確かに既婚者で働いている女性の方が大変です。しかしこれは神様が振り分けた訳でも、くじ引きで決められた事でもなく、自分で決めた事なのです。

離婚して母子家庭である場合でも結果的にそうなってしまったのであって偶然起きた事ではないという事を常に忘れてはいけません。

働ける事を普段から感謝して仕事に専念する事だけをこころがける事が大事なのです。

 - 職場の人間関係に関するお悩み