仕事のお悩み解決所

上司が尊敬できないから会社を辞めたい人へ 考え方を変えてみて

2017.6.6

職場の人間関係というのは、かなり大きな退職原因になっています。

同僚などの影響は職場の雰囲気などもありますが、やはり上司との関係が大きい度合いを締めています。

尊敬できる上司とはどんな人でしょうか?そして尊敬できない上司とはどんな人でしょうか?

上司に関する考え方を変える事で、辞めたいという気持ちが変わるかもしれません。

辞めたいと考えるほど尊敬できない上司とは?

上司は部下から見れば二つの側面があります。

まずは公的な側面、つまり仕事に関する事です。

尊敬できない上司として「仕事を丸投げ」「指示がいい加減」「自分のやり方が正しいと信じている」「部下の意見を聞かない」という点があげられるでしょう。

次は私的な側面、つまり人間性です。

尊敬できない上司のタイプとして、「嫌味をいう」「えこひいきをする」「いつも不機嫌」「気分屋」「頼りない」などでしょう。

これが両方揃っている上司もいれば、どちらか片方だけというのもあります。

しかし、人間は完璧ではありません。上司だって人間です。ドラマに出てくるように部下に親身に相談に乗り、ランチや飲み会は奢ってくれ、仕事が出来て、いつでも優しいなんて人この世の中にいると思いますか?

白馬の王子様の実在を信じるのと一緒です。この世には全てを兼ね備えた人はいないのです。

上司を尊敬できないから辞めたいという人は自分を振り返ってみて

上司を相談できないと見切りを付けるのは、割と新入社員に多いようです。

働く事に夢を見ているのと同様に、上司に関してもものすごい理想があるようです。

また逆に自己評価がびっくりするくらい高い人に「上司を尊敬できない」と言い始める人が多い傾向があります。

もちろん世の中には前述したように、誰がどう見ても仕事も出来なければ、人間的にも問題がありそうな人間がこの世の中にはいます。

しかし上司に見切りをつける前に、まずは自分について振り返ってみましょう。

自分の周りには上司も先輩も「仕事が出来ない」「いい加減」であると思っていませんか?実際の所、自分の仕事や周りの人の評価が出来るようになるのは、ある程度仕事に慣れてきて、一人で仕事が出来るようになってきてからです。

数年経ってみて、上司や先輩が何故こういう仕事のやり方をしてきたのか、理由が判るなんて例も珍しくありません。

辞めたいと思う前に尊敬できない上司について考えてみて

前述したように、上司と言っても私たちと同じような人間です。問題は色々あります。

あなたが上司を尊敬できない理由は何でしょうか?

仕事の面であれば、それは仕方ありません。会社は仕事が出来てなんぼですから、仕事の出来ない人は尊敬に値しません。しかし、あなたが評価しなくても、あなたより長く勤めている人が評価した結果その地位にいる事は確実です。だから、何か評価されるべき点があるかを考えてみましょう。

例えば「事務仕事は一切だめ」だが「クライアント対応はピカ一」という上司はいます。部下は上司のいい加減な事務仕事に振り回されて嫌気がさすこともあるでしょう。でも会社はクライアント対応を買って評価しているのかもしれません。そういった別の視点から上司を再評価してみましょう。

問題は人間性です。こっちはダメ人間だと本当に辞めたくなるでしょう。でも「指示は的確」「一緒に責任を取ってくれる」という面があれば、別に結婚するわけではありませんから、仕事上の関係として割り切ってしまうという手もあります。

やる気が無ければ、どんな人が上司でも成長はしない

尊敬出来ない上司がいて、会社を辞めようと考える人の中には「自分を成長させる存在」を探している人がいます。つまり、仕事のやり方を丁寧に教えてくれて、質問には優しく答えてくれて、困っていたら助けてくれる存在を期待しているのです。

しかし本当の所、人手不足や残業禁止のため、自分の仕事に精一杯で他に目の行かない人はたくさんいます。上司というのはもちろん、部下のために時間を割く必要はありますが、しかし全て与えらえるのを待っていれば、どんな上司であろうと満足しない結果に終わります。

自分が成長したいのであれば、自分からアクティブに動く意思と仕事を教えてくれた人に感謝をする気持ちが必要です。

仕事を教えている時間というのは、その人にとって自分の仕事時間を割いてまでしてくれている行為です。これを当たり前に捉えていると、3歳の子供のように親が全ての欲求にこたえてくれない事に不満を感じるようになります。

会社を辞めたいのは本当に上司の所為かを考えてみて

尊敬できない上司はどの会社にも一定数います。

仕事がいい加減だったり、サボってばかりだったり、仕事を部下に丸投げしたり。

また人間的に問題がある人もいます。もちろん上司だからといって、部下の人間性を否定する発言をして許される訳ではありませんが、温和で優しく、誰にでも公正なんて人は滅多にいません。誰だって多かれ少なかれ欠点を持っています。

あなたが尊敬できなくても、誰かが評価した結果その地位にいる訳なので、どうしてこの人が会社で評価されたのかという視点でもっと上司の周りを見てみましょう。

またそれと合わせて自分の事を振り返ってみましょう。特に新入社員は、自己評価や理想が高すぎて、会社に失望する人が見受けられます。自己評価や周りの評価は実際の仕事を自分でするようになって、数年経って段々判ってくるという事が実際多いのです。

自分がもっと成長したいのであれば、上司から与えられるのを待っていれば、与えられなければ不満が募りますので、自分から動く事を覚えましょう。

 - 上司に対するお悩み