仕事のお悩み解決所

上司にバカにされたくない!バカにしてくる上司への対処法

2017.6.7

上司が事あるごとにバカにしてくると、自分のモチベーションも下がってしまいます。

誰でも苦手なこともあればミスをする時もありますが、ここぞとばかりにバカにしてくる上司に対してストレスも溜まってしまいます。

例え上司でもバカにされたくないと思いますし、できれば自分の長所を伸ばすように指導してもらいたいものです。

そこで上司がバカにしてくる時に上手く対処する方法について紹介します。

上司がバカにしてくる時は自分の得意分野の話に持っていく

上司がバカにしてくる時は自分が部下という立場なので、何も反論することはできないでしょう。

そのため上司は自分の立場を利用して、ここぞとばかりに部下に対してバカにしたような態度をとってきます。

上司の方が能力やキャリアが上なのでまともに反論しても負けるのは確実ですが、中には上司でも苦手な分野があるはずです。

また自分が上司からバカにされる時は、大抵自分が苦手だと思っている分野なので反論することもできません。

そこで上司がバカにしてくる時は上手く自分が得意な分野の話の持っていくようにしましょう。

自分が得意な分野ならば例え上司と言えども対等に話をすることができるでしょうし、逆に自分の方がその分野に関しては上かもしれません。

上司がバカにするような部下に対して、自分と1つでも対等になれる分野があると分かれば、バカにするような態度をとることはなくなるでしょう。

上司がバカにしてくる時は素直に受け入れて機嫌をとる

上司がバカにしてくる時は素直に上司の意見を真に受けてみるのもお勧めです。

人は機嫌が悪い時には自分よりも弱い立場の人に対して攻撃することもあります。

そのため上司がバカにしてくる時は何らかの事情によって、上司の機嫌が悪かったり虫の居所が悪いことが考えられます。

そこで上司がバカにしてくる時はあえて反論するような態度をしないことで、上司の機嫌をとることができます。

上司にバカにされた時に例え反論しても、自分が得られるものは何もないでしょう。

逆に上司に対して反論したことによって、余計上司から目を付けられてしまい攻撃対象となってしまいます。

ならばあえて自分の徳が無く損をする可能性が高いので、何もしないで上司の機嫌を伺うのもひとつの方法です。

バカにされたとしてもいずれ見返してやるという気持ちを持っていれば、反骨心によって自分を成長させることのも繋がるでしょう。

上司がバカにしてくる時は素直に実力が無いと求めてスキルアップを目指す

上司が部下よりも能力が高いのは当然のことですが、例え上司と言えども部下をバカにする権利はありません。

しかしいい上司もいれば嫌な上司がいるのも必然なので、たまたま嫌な上司になってしまったと諦めるしかないでしょう。

上司がバカにしてくる時は自分が実力が無いということを自覚して、素直に認める広い心を持ちましょう。

優秀な部下に対しては例え上司でもバカにするようなことはしませんし、むしろ褒めて伸ばそうとするでしょう。

上司がバカにする相手と言えば、自分よりも能力が低く将来的にも自分を脅かす存在ではないと思っている相手に対して攻撃するはずです。

そのため今は上司の方が能力が上なので素直に認めるしかなく、例えバカにされても反論することはできないでしょう。

自分がバカにされるのが嫌だと思う気持ちを胸に刻んでおくことで、自分のスキルアップの原動力にすることができるはずです。

今は実力がないことを認めて、将来きっと上司を抜くくらいの気持ちを養っておきましょう。

上司でもバカにできない分野を確立しよう

上司がバカにしてくる時は自分の能力不足を求めつつも、いつまでもバカにされるままでいてはいけません。

上司がバカにするのは能力が低く自分では当たり前だと思っていることができないので、部下に対してバカにする態度をとることが多いです。

そのためバカにされる部下は上司が思っているよりも能力が低い可能性が高いので、部下も自分の能力の低さに反論することができないのです。

いつまでも自分が能力が低いことをバカにされたままではいけないので、自分が自信を持てる分野を確立するようにしましょう。

仕事ではいろいろな作業が多くトータル的に仕事をこなさなければなりませんが、得意な分野もあれば苦手なこともあるはずです。

すべてを同時に頑張るのは難しいので、自分が得意だと思う分野だけ特化して頑張るのもいいでしょう。

上司にバカにされない分野を1つでも作ることで、上司も部下の能力を認めてバカにするのも止めるはずです。

上司がバカにしてくるのは上司も能力が低い証拠

上司がバカにしてくるのは、上司としての能力も低いと思って見返してやりましょう。

できる上司は部下をバカにするようなことはせず、いかに良い部分を引き出して効率よく仕事ができるか差配するものです。

上司の仕事は部下を上手くまとめて目標を達成することなので、能力が低い部下をバカにしてモチベーションを下げるのは逆効果です。

部下をバカにして反骨心を抱かせて頑張らせる方法もありますが、上司が嫌われてしまったら部下をまとめるのも難しくなります。

できる上司は嫌われるのではなく厳しくても尊敬できる対象でなければならないので、バカにしたような態度をとることはないでしょう。

上司が上に立つものとしての資質が低いと感じれば、上司を通過点として自分が追い越すことも現実味を帯びてきます。

今は上司からバカにされるのを我慢する時期だと思って、無能な上司を追い抜くつもりで仕事に打ち込みましょう。

 - 上司に対するお悩み