仕事のお悩み解決所

あなたは大丈夫?職場で嫌われる女性の特徴!アラフォー編

2017.6.9

あなたはタイトルどおりのアラフォー女性ですか??

それとも職場にいるアラフォー女性に一言物申したいと思っている人かもしれませんね。

今は女性もばりばり働く時代です(キャリアウーマンなんていう芸人さんもいるくらいですからね)

「かっこいいな、私もあんな先輩になりたい!」

そう思われたいのになぜか嫌われてしまう、後輩がついて来ない、陰口を言われている・・

そんなアラフォー女性が多いのも事実です。

今日は10代からずっと会社勤めをしている私が見てきた嫌われる女性の特徴をアラフォー編としてまとめてみました。

職場で一番嫌われる女性はアラフォーの気分屋

さっきまでニコニコしていたのに突然機嫌が悪くなってブスっとした顔。

昨日は同じことをして怒らなかったのに今日はなぜか怒鳴りつけたり・・

ひどい時はものにあたってバンバン音を立てることも(汗)

周りからしたら理解不能、あなたがなぜイラついているかなんて知りません。

機嫌が悪いのなら裏に下がって落ち着いてきてください。

後輩に当たらないでください。

心当たりありますか?危険ですよ。

しまいには「アラフォーだもん。更年期なんじゃない?」なんて陰口を言われます(私の同僚が言ってました笑)

機嫌が悪い時は誰でもあります。

でもそれを人前に出さずどう消化するかだと思います。

トイレや屋上で深く3回深呼吸するのもいいでしょう。

コーヒーブレイクや甘いお菓子をつまむのも一つの手です。

私はいつもイライラしたときは、無理矢理でも口角を上げてみます。

不思議と気持ちが落ち着いてなんで怒っていたのか忘れちゃいますよ♪

試してみてくださいね。

職場に一人はいる!自分こそが嫌われる女性だと気づいていないアラフォー

あなたは後輩とご飯を食べているとき、どんな話をしますか?

自分から率先して誰かの悪口、会社の愚痴を言っていませんか?

後輩が話していて合わせるくらいは結構です、相談に乗るのも構いません。

ですが、後輩からすれば先輩の愚痴となれば合わせるしかありません、ましてや誰かの悪口なんて言ってしまえば思っていなくてもうなづくしかありません。

毎回毎回そんな話ばかりする先輩のこと尊敬できますか?

正直一緒にいるのもしんどくなってきますよね。

そうしてどんどん後輩は離れていくのです。

厄介なのはそういう人に限って「自分は後輩からしたわれている。」と思いこんでいるものなのです。

だから気づかないんですね、自分が裸の王様になっているかもしれないということに。

もちろんアラフォーだってストレスは溜まります。

そういう時は思い切って上司を誘ってみましょう。

適度な距離で話す勉強にもなるので、後輩の気持ちが理解できるようになります。

後輩から誘われて嫌な気分になる上司はいませんし、思いがけないイメージアップにつながることもあります。

中間の立場にいるアラフォー世代にしかできないことです。大いに活用してください。

③アラフォーに多い!嫌われる女性は職場で一番頑張っているのは自分と思っている

これは難しいですよね。

仕事をサボっていたりすれば嫌われるのは分かりますが、一生懸命でも嫌われるの?と。

説明しましょう。

これは頑張り方の問題なのです。

あなたが今しているその仕事はあなたにしかできないことですか?

あなたの周りを見てください。

頼れる後輩が周りにたくさんいませんか?

あなたが頑張っているのはみんな知っています。

仕事ができるのも知っています。

自分でやったほうが早く終わるかもしれません。
 
でもそれではあなたとまわりの距離は開く一方なのです。

むしろあなたがまだ働いてるのに「先に帰っていいよ」と言われても帰りづらいったらありません(これは声を大にして言いたい笑)

アラフォーなのですから上手に後輩を使ってください。

助けがいらなくても助けを求めてください(これが重要なのです)。

先輩の役に立てると思って仕事をすること、後輩にとってこんなやりがいのある仕事はありません。

やってもらったら「ありがとう、たすかったよ」と、笑顔で言ってあげてください。

あなたの評価はウナギ登りになること間違いなしです!

アラフォーの色気にかなうものなし!

若い頃はバッチリとしたメイクですこし肌をだしておけばモテたものです(私もそうでした)

しかしアラフォーになればそうはいきません。

逆に若作りだの痛々しいだのひどい言葉すら聞こえてきます・・

そうなるとだんだん自分に時間をかけるのがめんどくさくなりその結果ついに「おばさん」として認定されます。

キラキラしているアラフォー女性というのは内面からの色気が魅力的です。

井川遥さんが典型的な例ですね。

彼女を嫌いという人は少ないはずです。

飾らずに自分の自信がある部分を上手にアピールできればいいですね。

ふわっと香るきれいな髪、いつもきれいにしているネイル、シワひとつない服だったりツヤのある肌。

なんでもいいのです。

無理のないにナチュラルな輝きは経験を積んだアラフォー世代だからこそ出せるものなのです。

もちろんストレスは厳禁ですのでいかに発散するか。

ここが重要なポイントになりますね♪

もう自分は若くないと認めることが大事

20代の頃はなにもしなくても男性は寄ってきました。

30代になると数は減るもののまだまだチヤホヤされることもあります。

40代になるとどうでしょう。

アラフォーというだけで敬遠され、独身ともあれば結婚できない女と勝手に決められる。

世知辛いですよね・・・

ですが、仕方ないのです。

今の若い子だっていずれは40代になります。

あなたは事あるごとに「若くていいわねえ。」「わたしもうおばさんだから。」と口に出していませんか?

口に出した時点であなたはおばさんです!!

おばさんかおばさんじゃないかなんて年齢の問題じゃありません!

自分がどれだけ努力しているかなのです。

外見も内面もアラフォーになれば劣化していきます。

当たり前です。

でもあなたは知っているはずです、今までたくさん経験してきましたよね?

化粧落とさないで寝ていませんか?

忙しくても自炊していますか?

ヘアケアサボっていませんか?

ネイル禿げてませんか?

自分のイライラ解消法持っていますか?

眉間にシワよってばかりではありませんか?

当たり前のことができなくても取り戻せるのは若いうちだけです!

30歳超えるとだんだん一個一個が命取りに・・

それをわかっているからこそアラフォーは強いのです。

私のことかなって思ったあなた。

まだ間に合います。

明日からひとつづつでも構いません、自分を見直してみてください。

こんなアラフォーになりたいなって思われたらあなたの勝ちです。

心に余裕のある人は男女ともに魅力的ですよね。

この記事を読んで一人でも多く素敵なアラフォー女性がふえるといいなと思っています。

 - 職場の人間関係に関するお悩み