仕事のお悩み解決所

部署異動を希望することでうつ病は改善されることがある

2017.6.9

実はうつ病に悩まされている人は、とてもたくさんいます。

その多くが、会社内の仕事によるものが多く、うつ病は仕事が続いている間は長期間に渡って悪化してしまう傾向にあるのです。

しかし、こうしたうつ病の症状も部署異動を希望することで改善されることも決して珍しいことではありません。

うつ病が重症化してしまう前に、部署異動などの希望をする行動は、とても重要な意味があるのです。

うつ病の発症を部署異動の希望で解決する

うつ病は、どのような順序をたどって発症してしまうのでしょうか。

多くの人は、うつ病は弱い心の持ち主に現れる症状であり、強い気持ちを持っていれば発症することはないと考えていますが、決してそのようなことはありません。

実際、うつ病とは無縁な人であっても、あることがきっかけとなってしまい簡単にうつ病を発症してしまったという例はとてもたくさんあるのです。

こうした理由は、仕事の失敗や人間関係の構築の失敗などが主な理由となっています。

しかし、一度起こした失敗や、一度崩れてしまった人間関係を再度構築し直すことは簡単なことではありません。

そのため、その仕事を続けている間は、常にうつ病の症状を抱えてしまうことになり、時間が経過することでさらに悪化をしてしまうことになるです。

ただ、こうしたうつ病も部署異動を希望することであっさりと完治してしまうこともあるのです。

うつ病が部署異動を希望することで完治する理由

うつ病の症状が、部署異動を希望することで完治してしまう理由はどのようなことが考えられるでしょうか。

実は、会社内におけるうつ病のほとんどは、環境が大きな影響を持っていることがほとんどなのです。

つまり、環境を変えることで簡単に解決に繋がっていくことも珍しいことではないのです。

職場内における環境の変化を考えた場合、部署異動はとても重要な意味を持っています。

今までとは違う仕事内容や、今までとは違う人間関係を一から始めることで、うつ病の症状自体もリセットされる傾向にあるのです。

こうした環境の変化を与えることでうつ病が完治してしまうだけではなく、今まで以上に仕事を頑張ろうといった目標を持つことができます。

こうした考えが続いていくことで、今まで以上に仕事に集中できるようになっていくでしょう。

できる限り早目の対処が重要なポイントになります。

うつ病が原因で部署異動を希望する手順とは

うつ病が原因なので、部署異動を希望したいと言ったことが実際に職場の上司に受け入れられるかは不安に感じるでしょう。

部署異動にはさまざま理由があるはずですが、基本的にはその会社自体が納得しなければ簡単に部署異動の希望などは認められないはずです。

とくに、今の部署に不満を感じてその部署の上司に異動希望を行う場合は、簡単にその理由が通るようなことはないかもしれません。

職場にもよりますが、こうしたうつ病が理由で部署異動の希望を行う場合は、まずは信頼できる他の部署の上司などに相談を持ちかけることが一番でしょう。

自分が苦しんでいることをしっかり伝え、その症状を理解してもらい異動を行うと言った手順がもっともスムーズな異動となるはずです。

しかし、注意するべきポイントは、誰にでも相談を持ちかけないということです。

状況が悪化してしまうこともありますので注意が必要です。

部署異動の希望により内面から自分を変えることができる

本当に部署異動の希望だけで自分のうつ病の症状を緩和させたり完治させることができるのか、不安に感じている人も多いでしょう。

とくに、長年職場環境が理由でうつ病の症状を発症してしまったという人は、会社そのものに対して不信感を感じているでしょう。

今仕事をしている会社自体がうつ病の発症の原因だとまで考えているはずです。

しかし、まずは自分の今の状況を冷静になり見つめてみることも重要なことです。

何が原因となりうつ病になってしまったのか、そして今の状況を打破するには、どのような行動が重要になるのかを考えてみましょう。

冷静になることで、同じ会社内であっても部署異動を希望することで、うつ病の症状が緩和されるかもしれないという考えにもなるはずです。

もちろん、部署異動を希望しても根本的な解決には繋がらない可能性もあります。

ただ、まずは行動を起こしてみるということも大切なことなのです。

うつ病の症状の改善はまずは今の環境に変化を与えてみることが重要

うつ病に悩まされている場合、もし症状をそのままにしておくことでさらに悪化してしまうことが考えられます。

つまり、何らかの解決方法を自分で考える必要があるのです。

他の人に頼るのではなく、自分で自ら考えを持ってまずは行動に移してみるということが大切なのです。

うつ病の発症現として最も多い、職場内での問題は、今仕事をしている部署異動を希望することで解決することもあるのです。

これが環境の変化であり、うつ病の症状を緩和させることができる行動の一つなのです。

当然、部署異動を希望することはとても勇気がいることであり、さまざまな弊害も発生するでしょう。

しかし、何らかの行動を起こすことがうつ病の症状を緩和させる、または完治させる重要なポイントになるということは忘れてはいけません。

失敗を恐れることなく、まずは自分の行動で部署異動の希望を行ってみましょう。

 - ストレスに関するお悩み