仕事のお悩み解決所

まさかタバコで会社を辞める?!でも、もうムリ…この臭い

2017.6.12

タバコを吸わない人は、喫煙者が隣にいるだけで「あ、この人喫煙者だな」って直ぐにわかります。

特に会社で喫煙ルームから戻って来た同僚の髪や服に付いた、あの臭い。

正直、臭い…くさい。

それが月火水木金、9時〜5時、ずっと続いているとしたら かなり辛いですよね。

「タバコを会社で吸わないで!臭いで仕事が出来ません!」

と、毎日心で叫び続けているあなたへ、私なりに❝タバコ害対策❞について考えてみました。

タバコだけ?会社で発生する臭い

喫煙者のなかには、タバコの臭いは全く気にならないというのに、
女性の香水の臭いや、最近ブームの洗濯をする際に使用する 柔軟剤の臭いがキツすぎて鼻がおかしくなりそう…
という方が実際にいるのです。

私としては柔軟剤の香りに癒されますし大好きなので、「タバコの臭いは良くて柔軟剤はダメなの?!」あんなに素敵な香りなのに…と思うのですが、十人十色ですね、鼻につくポイントは人それぞれ違うようです。自分の価値観だけを押しつけではいけないのだなと考えさせられます。

そこで、ひとまず我が身を振り返ってみましょう。
もしかしたら、自分自身も気が付かずに迷惑をかけていないだろうか…
たとえ柔軟剤であっても、会社で仕事するにふさわしい香りであるだろうか…

いちど、改めて自分はどうかな?と確認する事も大切ですよね。

臭いにおいを断つ!会社でのタバコ対策 無言の抵抗は消臭剤

殆どの人は、臭いについて他人に指摘し辛いものです。
指摘されたら家族でもないかぎり誰だって多少は傷つきますよね、やっぱりデリケートな問題です。

もしも、はっきり言ったとしても、相手によっては怒り出す人もいるかもしれないし、お互い気まずい空気の中で仕事をすることになるかもしれないリスクを考えると、『自分が我慢すれば済むこと』という結論にたどり着き、悶々とした気持ちで仕事をしている人も多いかと思います。

なんだかんだいっても皆優しいのです、相手を気遣うがゆえ我慢してしまうのですよね。

対策の第一歩として、デスクの片隅にでも無臭タイプの消臭剤を置いてみたらいかがでしょうか。
この方法は私の元同僚がやっていました。

完全には解決に至らないかもしれませんが、何もしないよりマシです。
そして少しでも不快な臭いを断ち切ることができれば心も多少穏やかになるでしょう。

会社ではマスクで防御!タバコの臭い!

冬や花粉のシーズン以外にマスクを付けるなんて不本意に思うかもしれませんが、少しでも臭いをシャットアウトするためには、やはりマスクの着用です。

マスクもかなり進化しています、機能性重視のものやらファッション性重視のものやら色々あります。
なんと鼻の穴に直接フィルターのようなものを入れるマスクもあるようです。

毎年冬になると新製品が登場してマスクをひとつ選ぶのも楽しいですよね。
女性なら小顔に見えるタイプのものや、保湿タイプのもの、うっすらとピンク色のものは優しい印象を与えてくれそうで良いですよね。

空調で乾燥しがちなオフィスですし、タバコの臭い防御とお肌の保湿を兼ねてマスクの着用をしてみてはいかがでしょうか。
ある日突然マスクをしたら同僚に「風邪でもひいたの?」なんで心配されてしまうかもしれませんが、やはり自分でできる直接的な臭い防御方法はマスクの着用だと思います。

喫煙者にも協力してもらうしかない?喫煙後は衣類スプレーのお願い。

自分なりの対策をしてみても、どうしても臭いで仕事に集中出来ないとしたら、喫煙者の方にも協力して頂くしかないでしょう。

ただ、お願いは慎重に。
相手の立場や、相手にも喫煙しても良い権利もあるわけですから、やみくもにこちらの希望を押し付けても納得して協力してくれるかどうか分かりません。

タバコの臭いで悩んでいる方の会社での立場や、日ごろの同僚同士のコミュニケーションによって気持ち良く協力してくれるかとうかが変わってくると思います。

理想は、課の課長など立場のある人物がサラッと、
「お客様に好印象を持って頂くため、喫煙後には衣類スプレーをかけましょう。」
などと、あくまでお客様のため、来訪者のため、と言ってもらえるのが良いと思います。

実際に接客業の方であれば、その様な気の利いた配慮がある会社として、私なら好印象を抱きます。

信頼できる先輩や上司に提案してみるのも良いかもしれませんね。

どうにも仕事に支障が出てしまい、体調も心配なら上司に相談

駅のホームはずいぶん前から禁煙になりましたし、今やレストランの分煙は当り前、ランチタイムは全て禁煙というお店も珍しくないですよね。
もう『たかが臭い』の時代ではありません。

様々なところで受動喫煙の問題が提議され、各メーカーからも体への害に考慮した電子式のタバコが発売されるなど、タバコが体に及ぼす害について、世の中の注目はますます高まっているようです。

健康を害してしまっては元も子もありません。
アレルギーなどは大丈夫ですか?
今、実際に体調に不調を感じているとしたら上司に相談をしてみることをおすすめします。

良識ある上司ならばそのまま放っておくことはないでしょう。
席替えなど何らかの改善策をとってもらえるかもしれません。

いかがでしたでしょうか。
私自身タバコの臭いで悩んでいる者として、考え提案させていただきました。

 - 社風に関するお悩み