仕事のお悩み解決所

人間関係を上司に報告する場合には多くのポイントを考慮して行動しよう

2017.6.12

人間関係の問題を、上司に報告したいと考えている場合、どのような人でも自分の考えを一番に聞いて欲しいと思うでしょう。

しかし、こうした行動は自分にとって決して良い結果になることはありません。

相談をする相手によっては、不利な状況になることも予想されますので、まずは冷静になり多くのことを考慮して報告を行ってみましょう。

人間関係を上司に報告することの注意点とは

人間関係に困っている場合、まずは誰かに相談をしたいと考えることはとても自然な考えでしょう。

しかし、重要なことはその相談や報告を誰に行うかということです。

悩んでいる場合は、身近な人にその悩みを聞いてもらいたいと考えることが当たり前でしょうが、相談や報告相手によっては自分に不利な状況になってしまうこともあります。

上司に人間関係について報告をする場合、上司は管理職である場合が多いため、報告方法によっては欠陥がある社員だとみなされることがあります。

職場内において、人間関係を上手に築いていくことができるということは最近では最も重視されているポイントです。

こうした人間関係を上手に築くことができない人材とみなされることがありますので、報告方法については慎重に検討するべきだと言えるでしょう。

自分の意見ばかりを主張することは危険なことです。

人間関係を上司に報告する場合は上司をしっかり選ぶ

人間関係を上司に報告するといった行動は慎重に言葉を選ぶ必要があるだけではなく、上司もしっかり選ぶことが大切です。

信頼できない上司に報告を行った場合は、自分自身が不利な状況になってしまうこともあるでしょう。

また、もし自分を嫌っている上司に報告をしてしまった場合は、協調性がない人材とみなされてマイナス評価をされてしまうことも決して珍しいことではないのです。

重要なことは、信頼できる上司にまずは相談を行うことです。

その上司が、自分が所属している部署でなくても、まずは相談という形で報告をしてみるのも良いでしょう。

そのためには、常に多くの上司とのコミュニケーションを大切にしておくようにしましょう。

急な相談でも受け入れてくれる上司を見つけておくことも大切であるため、日頃から多くの上司との付き合いは持っておくことが重要です。

人間関係を上司に報告する場合は自分の考えだけを強調しない

人間関係を上司に報告する場合、多くの人は自分の考えばかりを主張してしまうことになるでしょう。

つまり、自分の考えを強調することで自分は決して悪くはないということを主張することになるのです。

確かにこうした行動は、自分の考えをしっかり上司に伝えるという意味では重要なことになるかもしれません。

ただ、自分の考えばかりを主張してしまうことで、人間関係がうまくいっていない相手に対する悪口のようなスタイルになってしまうことがあるのです。

上司がこうした主張を聞けば、決して良い気持ちにはならないでしょう。

とくに、人間関係がうまくいっていない相手がその上司と同じ部署内にいる場合は、とくに良い気持ちとは言えないでしょう。

上司にへの相談や報告などを行う場合は、人間関係がうまくいっていない相手のことも配慮して、言葉を選んで相談を行うようにしましょう。

人間関係を解決するにはまずは自分の考えを変える

人間関係がうまく築けないときには、多くの人は相手に問題があるという考えになってしまうでしょう。

そのため、上司などに報告するときには自分の考えばかりを主張してしまうことになるのです。

しかし、人間関係がうまく築けない理由は、もしかすると自分に問題があるのではないでしょうか。

むしろ、まずは自分に問題があるのかもしれないという考えから始めることが重要です。

自分の考え方や、起こす行動などを変えてみることで人間関係がうまく進んでいくこともあるのです。

こうした考えを持つことで、上司への相談や報告も自然と柔らかい表現になっていくはずです。

上司は職場内でトラブルを起こすことは嫌っているでしょう。

トラブルとするのではなく、円満に解決できるようにする提案などを交えて上司に相談を行うようにすることで、スムーズな解決を目指すことができるでしょう。

人間関係を上司に報告する場合は多くのことを想定しておく

人間関係を上司に報告する場合、突発的に報告を行うことが多いはずです。

自分の中で我慢できない状況になり、まさに勢いで相談を持ちかけるようなスタイルになってしまうでしょう。

しかし、こうした行動は決して自分にとってプラスになるとは限りません。

上司によっては人間関係の報告を行うことで自分に不利な状況になってしまうこともあります。

こうした状況を防ぐには、まずは冷静になり上司に相談を行うようにしましょう。

そして、自分自身の主張を繰り返すのではなく、円満に解決するにはどのようにすれば良いかという提案も交えて上司に報告することが重要なポイントになります。

こうした報告方法を行うことができれば、上司もしっかり行動を起こしてくれるでしょう。

トラブルを引き起こすのではなく、あくまでもトラブルを解決するような考えで報告を行いましょう。

 - 職場の人間関係に関するお悩み