仕事のお悩み解決所

自律神経失調症が原因で職場を訴える場合に重要なこと

2017.6.12

自律神経失調症で悩んでいる人は、とてもたくさんいます。

こうした原因が職場にある場合、自律神経失調症になってしまっても訴えるような行動を起こすことなく泣き寝入りをしている現状も多く見受けられます。

しかし、被害を負っているのは自分自身のため、可能な限り何らかのアクションは起こすべきでしょう。

簡単なことではありませんので、まずは時間をかけて検討することが重要です。

自律神経失調症により職場を訴える前に考えること

自律神経失調症になってしまい、職場を訴えることはそれほど難しいことでありません。

訴え自体は簡単なことですが、その訴え自体が認められるかどうかは難しい判断になってくるでしょう。

なぜならば、自律神経失調症は目に見えるような怪我などではないために、どのようなことが直接的な原因となり症状が発症してしまったのか判断をすることは難しいからです。

当然、自分自身の判断だけではなく、医師による判断も重要なポイントになってくるはずです。

そのため、自律神経失調症の症状が発症して、その原因が職場にあると自分の中で確信したとしても、まずは冷静に考えて判断をするようにしましょう。

突発的な行動は逆効果になってしまうことがあります。

自分自身の判断だけではなく、多くの人の意見も参考にしながら判断を進めていくことを強くお薦めします。

自律神経失調症により職場を訴えるにはどのようなことが必要か

自律神経失調症により、もし職場を訴える行動を起こす前には、その証拠となる部分が重要になってきます。

まずは、何が原因となったのかを考えてみましょう。

例えば、自分の上司の嫌がらせやパワハラなどが原因だと考えた場合、その根拠となる材料が必要になります。

無理な残業時間が発生していたり、頻繁に転勤を繰り返すことになるなど、客観的に判断ができる材料が必要になってくることを理解しておきましょう。

また、それだけはなく廻りからの証言もとても重要なポイントになります。

自律神経失調症になってしまった原因を、他の人も一緒になって理解してくれるのであれば、その証言自体も活かすことができるでしょう。

そのためには、職場内での多くの人の支持を得ることができる環境を事前に整えておくことも重要です。

時間はかかりますが、訴えるということはこういった手順が大切になります。

自律神経失調症で職場を訴えるにはリスクもある

自律神経失調症が原因となり、職場自体を訴える場合は、少なからずリスクは存在します。

どのようなリスクが考えられるかと言えば、やはり一番大きなリスクは会社も含めた人間関係の崩壊でしょう。

とくに、自律神経失調症といった目に見え辛い病気の場合、訴えからその判決までが簡単に進んでいくようなことはありません。

お互いの意見などもしっかり考慮されて判断されますので、とても時間がかかり、その時間がかかっている間に会社側と自分との間に亀裂が生じてくることは想像できるはずです。

つまり、自律神経失調症で職場を訴えるときには、その職場自体を退職する覚悟がなければできないことでしょう。

訴えを起こした職場にい続けることは、精神的にも肉体的にも辛いと感じるはずです。

しかし、泣き寝入りをするのではなく、退職をするという覚悟で自分の気持ちを訴えることが大切です。

自律神経失調症で職場を訴える前には完治させることも考えるべき

自律神経失調症で職場を訴えたいという気持ちになることは理解できることです。

自分がそのように感じていなくても、家族や廻りの友人などは行動に移してくれるかもしれません。

しかし、まず考えなければならないことは、自分自身の自律神経失調症の症状を完治させることです。

病気を抱えたまま、訴えを起こすようなことは必ずまた大きな負担が自分に降りかかってきます。

精神状態によっては、訴えを起こしている最中に体がもたなくなり、取り下げてしまうようなことにもなるかもしれません。

そういった状態にならないためにも、まずは自分が抱えている自律神経失調症の症状をしっかり完治させましょう。

自律神経失調症は、将来的に長く引きずってしまう病気になることも決して珍しくありません。

慢性化してしまう前に、一日も早くこの症状を治すことを第一に考えるべきです。

自律神経失調症で職場を訴える場合には周囲の力が重要になる

自律神経失調症は、深刻な病気とされています。

一度この症状が発症すれば、完治することは難しく慢性化してしまうことも珍しくありません。

自律神経失調症が原因で職場を訴えるという考えは、深刻な状況であれば決して間違っている考えではありません。

しかし、まずは冷静になり本当に間違った行動ではないかということを考え直して行動を起こしましょう。

突発的な行動で訴えを起こすことはとても危険なことです。

さらに、職場自体を訴えるのですから、転職も視野に入れて行動を起こすことになってきます。

こうしたことを考慮した場合、自分の力で全ての行動を起こすことは難しくなってくるでしょう。

重要なことは、同僚や家族、そして友人など多くの人の力を借りて行動を起こし、さらに自律神経失調症の症状も治していくことです。

時間はかかりますが、それでも少しずつ行動を起こしてみましょう。

 - 会社に対するお悩み