仕事のお悩み解決所

上司が職場で部下を無視する時、おかしい上司の扱い方

2017.6.12

職場ではあまり目立たないようにしているけれど、仕事はちゃんとこなし、波風を立てるようなことはしていない。それでもちゃんと上司があなたの電子メールに答えたり、重要な報告書に対してあなたの功績を認めてくれるなら、何の問題もありません。

しかし上司に無視され、何の反応もないと、提出した報告書がまずかったのか、それとも私の仕事が全部気に入らないのか、もしかしたクビになるのか、心配は募る一方です。上司があなたを無視する時、悪いのは自分なのでしょうか、それとも上司の方がおかしいのでしょうか?

自分の権力を誇示するために人を無視する上司はおかしい

あなたのせいでないというのはよくあることです。上司が部下を冷たくあしらうのは、少ない人員でより困難なプロジェクトをこなさなければならないために、圧倒され、あなたに構っている暇がないからということが往々にしてあります。

彼は短時間に大きな問題を解決しなければならず、そちらに没頭しているだけということもあり得ます。かつて会社が時間と従業員を十分に投入していたところでも、残念ながら今では、スリム化することが何よりも優先課題になっているのです。

さらに、あなたの上司は仕事で無力感を感じているのかもしれません。上に立つ人間は支配意識に似たものを感じるために、自分は重要人物で、あなたに割く時間などないかのように行動するのです。これは「職場の暴君」というカテゴリに入る人たちです。これは学校からの連絡帳にサインするなど、大事なことを伝えるのを「忘れる」子どものような人です。

部下を無視するおかしい上司は、部下の未来を奪っています

上司があなたを無視するのは、上司があなたを好きではないことを示す兆候かもしれません。社会人がよい仕事をし、キャリアを積んでいくためには、きちんとした管理と指導が必要です。上司が他の人にはちゃんと注意を払っているのに、あなたのことは気にかけないなら、あなたは向上のための道具が与えられないことになります。

上司があなたを無視したり避けているなら、職場におけるあなたの存在が、彼にとって重要ではないと言っているようなものです。

自分から要求しない限り、ミーティングに呼ばれず、仕事の評価をもらえず、仕事を与えられないようなら、これはかなり危ない兆候です。もちろん、こちらから評価を求め、余裕がある時にはもっと仕事を任せてほしいと申し出て、それで上司の信頼を得るという方法もあります。

それでも上司があなたを一貫して無視し、他の社員と同じように扱ってくれないなら、あなたにとってはもう「行き止まり」かもしれません。合理的な範囲でできるだけ早くそうした状況を変えていく努力をしてください。

対人スキルに欠けるおかしい上司が部下を無視するのです

最も犯しやすい間違いは、目立たないようにし続け、コツコツ仕事をしていれば、いずれわかってもらえると考えることです。それよりももっと自分の存在をアピールして、自分の役割を高めることを考えてください。

あなたは根本的な問題に対処することで状況を変えることが出来ます。たとえば上司が大きなプレゼンテーションのプレッシャーを感じている場合は、もっと大きなことに目を向けさせることで助け船を出せます。自分が上司にとって必要不可欠な人間になれるなら、もう無視されるようなことはなくなるはずです。

あなたの上司がひどく気が散っていて、あなたに重要な指示を与えるのを忘れている時に、努力するのはあなたの方です。たとえば私の知っている人は、上司から完全に無視されたので、上司の隣の自分の席で椅子を少し動かして、ドアを少し塞いでやったそうです。それでやっと彼は上司から答えを得られました。

あなたとあなたの「職場の暴君」の間に問題がある時、無視されると少し厄介なことになります。あなたの仕事の成績や、あるいはあなたが言ったことや想像したことについて怒っているのかもしれません。それでもあなたは何も聞かせてもらえず、懸念を解消するチャンスをもらえません。

部下を無視する職場の暴君は優れた対人スキルが欠けている傾向があり、そのために人を避けるのです。それはしばしば受動的攻撃行動と説明され、彼らは不快な状況に立ち向かう能力を身につけておらず、単にあなたを無視する方が簡単だと感じているのです。

あなたが上司の注意を引こうとしている場合は、上司の目の前でドアを叩きつけるなど、やり過ぎは禁物です。当たり前ですが、新製品を試しているのでない限り、廊下でローラーブレードを乗り回してはいけません。

上司にちゃんと目を向けてもらうためにすべきこと

定期的なミーティングをスケジュールし、上司にこれを行うメリットを説明します。ミーティングを実際に開くには、数時間前に確認のメールを送るようにし、短時間かつスケジュール通りに行うようにしてください。定期的にテーブルを囲んで話し合えば、常に上司を追いかける必要性がなくなります。

上司に対して自分のアイデアを伝える時は、内容を分かりやすくまとめ、相手が簡単かつ簡潔に答えられるようにします。「緊急」と表示された長い電子メールを送信する代わりに、読む気が起きるように、メッセージやレポートを簡潔で分かりやすい形式でまとめてください。たとえば、十分な空白を残し、箇条書きにするなど、読みやすいものになるようにうまく工夫してください。

上司の身になって、その忙しい一日がどのようなものかを想像してください。上司の目を通したらどのように見えるかを考え、それに従ってあなたの行動も合わせていきます。

あまりくよくよ考えすぎないことが大事

もちろん無視されることは楽しいことではありませんが、あまり個人的に取らないようにしてください。上司は単に忙しかったり、他のことに気を取られているだけかもしれないからです。

上司に直接に尋ねたり、同僚に尋ねたりすることによって、なぜ上司にはあなたに割く時間がないのか、その理由を調べます。

あなたが上司を苛立たせたり失望させたのが原因ならば、人を無視をする職場の暴君と、対決的な姿勢を取るのではなくて、建設的な形で話し合いをしましょう。

上司に楽をさせましょう。定期的なミーティングを設定し、ミーティングを短くし、レポートやプレゼンテーションを魅力的で創造的なものにする努力をします。

何はともあれ、問題にちゃんと取り組めば、緊張はほぐれるはずです。うまく行けば問題が解消されるだけでなく、関係がさらに強くなることもあります。

 - 上司に対するお悩み