仕事のお悩み解決所

【職場で嫌われる人】何故かいちいち音を立てる人は嫌われる!

2017.6.12

日頃からの習慣が影響しているのか、はたまた常に苛立っているのか、職場でいちいち音を立てる人って、時々見かけますよね。

なんでいちいちそんな音を出す必要があるのか、まったく理解不能なことをしている人がいて、そんな人は嫌われる人になってしまいがちです。

理由はわかりませんが、できるだけ職場環境が不愉快にならないよう配慮すべきなので、騒音を出すことは避けていきたいですね。

音を立てる人がいるとき、注意したいけれどできにくい雰囲気がありますが、どんなふうに対処したら良いと考えますか。

職場で音を立てる人は嫌われる人になってしまう傾向

日本全国の住宅地や職場で、騒音問題はあらゆる形で発生していますが、騒音は人間が存在する限りつきまとってくるものでしょう。

あらゆる職場では、職場の環境をより良い物にしようと努めていると思いますが、時々空気を破壊してしまうような人が現れます。

それがオフィスなどの仕事場で、いちいち大きな音を立てる人だったりすると、仕事の効率にも悪影響が出てくることがあります。

時々大きな音が出てしまうのは誰でもあることなのですが、それが毎日頻繁に起こり過ぎるのは、確実に嫌われる人になってしまう傾向にあります。

一度嫌われてしまうと、周囲を巻き込んで悪感情が入り乱れることもありますので、できれば穏やかに解決につながって欲しい問題です。

さらにこの問題は他人事ではぜんぜんなくて、自分自身も当事者に鳴ってしまう可能性もあるので、他人事でも真剣に向き合っていきたいでしょう。

自分が音を立てる人で嫌われる人になっていたらどうする?

他人の騒音をつねに気にしている自分が、実はいつの間にか大きな音を出していて、問題視されていることだってありうることです。

人のことをウルサイウルサイと指摘するのに、自分が騒音の発生源と見られてしまっていることわかると、途端に職場でも立場が悪くなってしまいそうです。

自分の出している音はうるさくなんかない、そう頑なに主張しても、周囲の誰かがウルサイと言ってしまえば、独りよがりの思い込みの激しい人なだけです

ウルサイと指摘されていて嫌われる人になっている情況は、誰にとっても歓迎すべきことではないので、早急に改善したいところです。

何の音を立てることが、うるさいと言われる原因になっているのか、そこから調べ始めることが必要になります。

食事の時のクチャクチャ音、いちいち癪に障るようなため息、やたら大きく声を出すくしゃみ、物を置く時に勢い良く置いてしまう癖。

そういった小さなところに原因があるはずなので、探し出して改善していくことが、嫌われる人から脱却できる方法です。

音を立てる人が職場で嫌われる人になっていた時にどう注意する?

人に注意をするという行動は、いつもおとなしくしている人にとっては、かなり勇気の必要な行動になってきませんか。

音を立てる人にうるさいからやめろと注意をすることによって、逆ギレされて修羅場が始まるなんてことも考えられるからです。

音を立てる人に注意をする時には、感情に任せてギャーギャーと怒り散らすようなことは、返って逆効果になりうることです。

だから注意をする前には、綿密に行動計画を立て、どんな風なことばで説得をするのか、伝える言葉を熟考したほうが良いかもしれません。

自分ひとりだけが悩ましく思っているのではなく、職場の周囲の人も同じように感じているとすれば、仲間と一緒に考えてみて良いことです。

複数のほうがチェック機能がはたらいて気づかないことにも気づきやすくなるし、自分だけ嫌われる人になることを気にせず、注意をするときの心強さが生まれます。

職場で身近に音を立てる人嫌われる人がいる時の音対策

何か問題が起きた場合、一人で迅速に対処をできる人もいれば、全くなにもできずにうろたえて、問題解決出来ない人も珍しくありません。

そんな人はまず10中8〜9割、気になる音を立てる人に対しては、嫌われる人になることを恐れ、注意をしたりといったことができづらいでしょう。

しかも音を立てる人が頭の上がらない、怖い上司だったりすると、尚更うるさいなど指摘するなどもってのほかで、泣き寝入りすることも考えられます。

そんな泣き寝入りをしそうな情況では、うるさい音を聞かないようにすることが一番ですが、何らかの対処法があれば助かります。

一日中、四六時中うるさい同僚が職場にいてどうしようもない時には、ヘッドホンか耳栓ですが、これは上司に可能かどうか判断を仰ぎます。

社風が自由な会社ならば在宅勤務を検討してみたり、上司にかけあって席を移動するなんてことも考えられます。

何かの物を強く置いたりするとき、物音が発生するのであれば、物音が発生しない、音が響かないゴムなどの材質の備品と入れ替えるという手段も有効です。

結局嫌われる人と化した音を立てる人に対する注意は誰かにお任せ

ここまでに取り上げたあらゆる対処を試してもだめな場合、あなたならどう問題を解決していきますか。

結局何らかのうるさい音を四六時中立てる同僚に対しては、自分で対処が難しいとすれば、誰かに頼むより他に方法はありません。

中にはあまりにうるさい音が続きすぎて、警察に通報してしまうという話もありますが、それは決して他人事ではありません。

ただ警察沙汰になることによって、関係が悪化したり、自分が嫌われる人になり、居づらくなってしまう逆効果も考えられます。

効果的なのは、職場の全体の問題として取り上げることによって、音を立てる人が危機意識を強く持つことで、自主的な改善につながって行くことです。

その場合には上司や会社側に対して、音を立てる人がいることを正確に伝えることが最優先になってきます。

人に注意が平気でできる同僚や、上司をうまく味方につけて、注意をお願いするということが現実的な方法になるでしょう。

 - 職場の人間関係に関するお悩み