仕事のお悩み解決所

退職理由はパワハラが原因!復習してから辞めたい時の対処法

2017.6.15

退職する時にパワハラを受けたことが理由なら、辞める前に復讐をしたいと思うものです。

今まで散々我慢してきましたが、辞めるとなればしっかり復讐をして、気分もスッキリしてから辞めたいものです。

辞める時はスッキリした気分で転職した方が、パワハラ上司に対しても気分がいいですよね。

そこで退職する時にパワハラを受けたことへの復讐方法について紹介します。


退職する時にパワハラへの復讐は上司に全てを報告してから辞める

退職する時にパワハラを受けたことが理由なら、復讐をしてから辞めたいと思うものです。

復讐方法としてはパワハラをしてきた上司よりも、さらに上の上司に全てを報告してから辞めまる方法があります。

会社では直属の上司からパワハラを受けることが多いですが、その上の上司はパワハラを行っている事実を知らないことが多いです。

幹部クラスになるほど人の大切さを知っている人が多いので、パワハラをするような上司に対して厳しく指導してくれるはずです。

自分が働く時に上司に相談をしても、その後働きにくくなるだけなので、辞める時には思い切って全てを告白してから辞めましょう。

自分が受けたパワハラ被害を報告することで、パワハラ上司に対して復讐することができますし、同僚を助けることにも繋がるかもしれません。

辞める前にパワハラの実態を伝えることで、上司への復讐と同僚を助けることができるので、スッキリして退職することができます。

退職する時にパワハラへの復讐として労働基準監督署に報告する

退職する理由がパワハラで復讐をしたい時には、労働基準監督署に相談をしてから辞めましょう。

自分がパワハラを受けている実態や詳細などを、普段から事細かにメモを取っておきます。

いくら自分がパワハラを受けたと言っても、周りの人にバレないようにパワハラをされていれば、泣き寝入りをするしかありません。

そこでパワハラの証拠となるメモや録音データを取っておくことで、いざ辞める時にパワハラの実態を証明することができます。

今まで自分がパワハラを受けてきた会社には、恩もありますが恨みしかないので復讐をしたいと思うはずです。

パワハラ上司がいることで会社自体が嫌だと思ってしまうので、労働基準監督署に行ってパワハラの実態を相談しましょう。

その時に普段からメモを取っていることによって、パワハラの証拠となるので、パワハラ上司だけでなく会社にも復讐することができます。

退職する時にパワハラへの復讐として数人で一斉に退職する

退職する時にパワハラ上司へ復讐するなら、同じようにパワハラ被害を受けて辞めたいと思っている同僚と一緒に退職しましょう。

会社にとって人はとても貴重な存在であり、パワハラをする上司よりも部下数名の方が貴重な存在となることも多いです。

そのため会社にとって一番困ることが、数人の社員が一斉に辞めてしまうことです。

今までパワハラをしてきた上司は、簡単には会社を辞めないだろうと思っているので、一気に社員が数人辞めると焦ってしまうでしょう。

さらに退職理由がパワハラを受けたことが理由だと伝えれば、パワハラ上司も会社での立場が危うくなるはずです。

パワハラへの復讐として数人同時に辞めれば、確実に仕事に支障がでるので、パワハラ上司も態度を改めて引き止めるかもしれません。

普段パワハラをしている上司が引き止めてきたら、復讐できたと思うことができるのでスッキリするはずです。

退職時にパワハラされたことを全員がいる前で伝えてから辞める

退職する時に自分がパワハラをされていたことを、全員がいる前で伝えて復讐をします。

会社では退職する時に一身上の都合で退社することが多いですが、本当の理由は多くに人が語らないものです。

一身上の都合で辞めた方があと腐れも残らないので、スムーズに退職できるからでしょう。

パワハラ上司へ復讐をしたいと思ったら、退職する時に全員の前で話をする機会があるはずです。

簡単な挨拶をして退職するのが通例ですが、その場で本当はパワハラを受けたことが理由で退職することを全員に伝えましょう。

パワハラに対しては会社だけでなく社員も敏感になっているので、自分が辞めた後はパワハラ上司の肩身が狭くなることは間違いないでしょう。

辞めるとなればパワハラ上司も怖くないですし、次の日からは他人となるので言いたいことを全部言ってスッキリしてから辞めることができます。

働いている時は上司に言えないことも多いですが、辞めるとなれば復讐を兼ねてパワハラされたことをすべて言ってスッキリしましょう。

退職理由がパワハラの時は復習してスッキリしてから辞める

退職する時にはスムーズに辞めたいと思うものですが、パワハラされたことが理由で辞める時は恨みが募っているので、復讐してから辞めたいと思うものです。

モヤモヤした気持ちのまま退職しても後味が悪いので、どうせ辞めるならスッキリした気持ちで転職したいと思うものです。

パワハラ上司にきっちりと復習をすることで、自分の気持も少しは晴れるはずです。

辞めるとなれば今まで逆らえなかった上司も怖くは無いので、思いきり復讐をしてスッキリしてから辞めたいものです。

ここまで書いてきましたが、私もパワハラを受けて退職した経験があります。

パワハラを受けていた時は毎日ストレスが溜まっていましたが、復讐してから退職した時は気分も一気にスッキリさせることができました。

最後まで読んでくれた方も上司のパワハラに悩んでいるなら、退職する時にきっちりと復讐をしてスッキリできるように願っています。

 - パワハラに関するお悩み