仕事のお悩み解決所

店長からのパワハラが酷い時はどこに相談をすればいいのか

2017.6.19

店長からのパワハラ被害を受けた時に、どこに相談すればいいか悩んでしまうものです。

お店のトップでもある店長には誰も逆らえないので、パワハラを受けても我慢するしかありません。

しかしいくら店長だからと言って好き勝手にパワハラを繰り返すようならば、店長のパワハラを無くすためにも誰かに相談に乗ってもらうことが大切です。

そこで店長からパワハラを受けた時に、どこに相談すればいいかわからずに悩んでいる人へアドバイスをしたいと思います。


店長のパワハラをどこに相談するかは先輩に聞いてみる

店長からのパワハラ被害をどこに相談すればいいか悩んだ時は、身近で頼りになる先輩に相談してみましょう。

先輩は自分よりも店長との付き合いも長いですし、パワハラを受けた経験も多いはずです。

それでも仕事を続けているということは、何かパワハラを受けないための方法や対処法があるのかもしれません。

自分が仕事ができないからパワハラを受けるのであれば、仕事ができるように努力すればいいのですが、パワハラを受ける理由がわからなければ何を努力すればいいかわかりません。

そこで先輩にパワハラを受けた時にどうすればいいか、またはパワハラを受けないようにするにはどうすればいいかを相談してみましょう。

人によってパワハラ被害も違いますが、先輩に相談をすれば実態を知っているので、親身になって相談に乗ってくれるはずです。

長く仕事を続けたいなら素直に先輩を頼ることで、先輩との絆を深めることもできます。

店長のパワハラをどこに相談するかは証拠を集めてから決める

店長のパワハラに耐えられなくなったらどこに相談すればいいか悩む前に、パワハラの証拠となる物を集めておきましょう。

自分がいくら言葉でパワハラがあったと言っても、店長が認めなければどうすることもできませんし、第三者にも実態を把握してもらうことはできません。

そのためどこに相談するにもまずは、パワハラの証拠となる物を集めることが大切です。

普段からパワハラを受けているのであれば、日記をつけることでいつどんなパワハラ被害を受けたかわかります。

言葉でのパワハラであれば、録音することで物的証拠とすることができるでしょう。

自分がパワハラだと思っていても、店長はパワハラだと思っていないことも多いものです。

そのため第三者に相談するのであれば、公平に判断してもらうために証拠を集めておく必要があります。

店長のパワハラを誰かに相談する前に、証拠集めを怠らないようにしましょう。

店長のパワハラをどこに相談するかは上司に直接聞く

店長からパワハラを受けた時にどこに相談すればいいか悩んだ時は、直接上司に相談をしてみましょう。

相手が店長だと誰も逆らえないと思いがちですが、しっかりと対処すればいくら店長でも好き勝手にはすることはできません。

上司ならば労働法にも詳しいかもしれませんせ、自分よりも店長からのパワハラ被害が酷くて恨んでいるかもしれません。

一人の従業員が店長のパワハラを訴えるよりも、自分よりも上のクラスの上司が立ち上がってくれた方が効果は絶大です。

しかも上司に同意してくれる人が現れるかもしれないので、店長としても無視をする訳にはいきません。

パワハラ被害は仕事を失いたくないので、泣き寝入りをすることも多いですが、上司に相談をすれば自分よりも良い方法を提案してくれるはずです。

職場の事なので悩んだ時は直接上司に相談をしてみることをお勧めします。

店長のパワハラを相談するなら労働基準監督署へ行く

店長からパワハラを受けた時にどこに相談すればいいか悩んだ時は、直接上司に相談をしてみましょう。

相手が店長だと誰も逆らえないと思いがちですが、しっかりと対処すればいくら店長でも好き勝手にはすることはできません。

上司ならば労働法にも詳しいかもしれませんせ、自分よりも店長からのパワハラ被害が酷くて恨んでいるかもしれません。

一人の従業員が店長のパワハラを訴えるよりも、自分よりも上のクラスの上司が立ち上がってくれた方が効果は絶大です。

しかも上司に同意してくれる人が現れるかもしれないので、店長としても無視をする訳にはいきません。

パワハラ被害は仕事を失いたくないので、泣き寝入りをすることも多いですが、上司に相談をすれば自分よりも良い方法を提案してくれるはずです。

職場の事なので悩んだ時は直接上司に相談をしてみることをお勧めします。

店長のパワハラの証拠を集めてから適切な対応を考える

店長からパワハラを受けた時にどこに相談すればいいか悩むのは当然ですが、まずは証拠集めをしてから適切な対応を考えるようにしましょう。

まさか自分がパワハラを受けるとは思ってもいないことですが、もしもパワハラを受けた時は冷静に対応することが大切です。

出来れば穏便にパワハラ被害を無くしたいと思っているはずなので、冷静になってから適切な対応をするように考えましょう。

ここまで書いてきましたが、店長からのパワハラ被害を受けた時にどこに相談すればいいか悩むのは当たり前のことです。

冷静に判断するのは難しいかもしれませんが、後のことを考えてパワハラの実態をメモに残しておくことだけはやっておきましょう。

店長の性格を変えたりパワハラをすぐに止めることは難しいですが、いつでも対抗できるように準備しておくことは大切です。

最後まで読んでくれた方んは、上手対処して良い状況へ変わることを願っています。

 - パワハラに関するお悩み