仕事のお悩み解決所

会社の人事異動の時に気をつけたいお菓子の配り方の注意点

2017.6.20

会社で人事異動をする時にお世話になった人にお菓子を配ることはよくありますが、配る時にはいろいろと気を配っておく必要があります。

人事異動なのでこれからもお世話になることもあるでしょうし、今までお世話になった人への感謝の意を込めているので、できるだけ気持ちよく異動したいものです。

そこで会社の人事異動の時に気をつけたいお菓子の配り方の注意点について紹介します。


会社の人事異動でお菓子を配るなら渡す範囲に気を配る

会社で人事異動をする時にお礼の意味を込めてお菓子を配るなら、渡す範囲に気を配ることを忘れないようにしましょう。

会社によって部署の規模は違いますが、人数が多ければそれだけ配るのも大変になります。

そのため人数によってみんなで食べられる物を渡すか、個別にお菓子を渡すかなどを考えなければいけません。

部署が20人程度ならば個別に渡すことはできますが、それ以上の人数になりそうならば休憩スペースなどにお菓子を置いて、自由に食べてもらうようにするのもひとつの方法です。

今までお世話になったことへの感謝の気持ちを込めて渡すものなので、全員に食べてもらうお菓子以外にも、個別にお世話になった人に渡すのもいいでしょう。

特にお世話になった人には個別に渡してお礼も言いたいので、お菓子を渡す範囲には気を配ることは大切です。

お世話になった人と他の人が同じ待遇だと、恩を仇で返すようなものなので、お世話になった人には個別にお菓子を渡したりお礼を言うのを忘れないようにしましょう。

会社の人事異動でお菓子を配るなら全員に行き渡るように気を配る

会社の人事異動でお菓子を配る時は、当たり前ですが全員に行き渡るように確認しておきましょう。

部署内で人数が少なければ個別にお菓子を渡すことはできるので、確実に全員に行き渡ります。

しかし人数が多い部署では個別に渡すことが難しいので、自由にお菓子を食べてもらう形式で休憩スペースなどに置いておくこともあります。

自分では人数分のお菓子を用意していたとしても、自由に取ることができるので多くお菓子を食べてしまう人もいるでしょう。

一人何個と数を指定して食べてもらうことは難しいので、お菓子を置いて自由に取ってもらう時には、多めにお菓子を用意しておいた方がいいでしょう。

特に先輩達ならば遠慮せずに食べるかもしれませんが、部署内でもあまり接点が無かった人や後輩は、気を遣ってしまうことも考えられます。

お菓子の量が多ければ気軽に食べやすいので、全員が食べられるようにお菓子の量には気を配っておきましょう。

会社の人事異動でお菓子を配るなら他部署の人にも渡す

会社の人事異動でお世話になった人へお菓子を配るなら、他部署の人へも配ることを忘れないようにしましょう。

部署内の人全員に配ることは当たり前ですが、他の部署の人でお世話になった人がいれば、挨拶を兼ねてお菓子を個別に渡しに行きましょう。

部署が変わってもお世話になることがあるかもしれませんし、他部署との交流があるほど何か困った時に助けてもらえるかもしれません。

一度でもお世話になった人がいれば、人事異動の件を伝えてまた何かあったら力になってもらうために挨拶に行きましょう。

異動後は仕事を覚えることで手一杯かもしれませんが、数年後には仕事にも余裕が出てくるので、他部署との関係を持って仕事をするかもしれません。

自分の顔は広げておいて損はないので、部署内の人だけでなく他部署の人でもお世話になった人にはお菓子を配り忘れないようにしましょう。

会社の人事異動の最終日にお菓子を渡す

会社で人事異動をする時にお菓子を渡すタイミングは、基本的には最終日に渡すようにしましょう。

業務が終わりに近づいて落ち着いてきた時に、お礼を兼ねてお菓子を渡しましょう。

最終日なので仕事もそれほどないですし、時間を見計らって挨拶回りをすることができるはずです。

タイミング的には夕方の仕事終わりが近づいてきた時がお勧めですが、部署によっては仕事が忙しく残業をしなければいけないかもしれません。

そんな時はお昼休みの時間を使って一人ずつお礼を言いながらお菓子を配りましょう。

自分は異動するので最終日かもしれませんが、他の人はいつも通りに仕事はしなければなりません。

部署の雰囲気によってお菓子を配るタイミングを見計らった方がいいでしょう。

異動する時はスムーズに事を勧めたいので、相手の時間が空いている時を見て渡すことが大切です。

人事異動でお菓子を配るならい一人ずつお礼を言って渡そう

会社の人事異動をする時には、今までお世話になった人へのお礼を込めてお菓子を渡すことが多いです。

できるだけ一人ずつ声を掛けてお菓子を渡すことで、感謝の気持ちをしっかりと伝えることができるでしょう。

部署内の人数が多ければ個別に渡すのは難しいですが、それでも一緒に仕事をした人やお世話になった人には、できるだけ直接渡すようにしたいものです。

ここまで書いてきましたが、お菓子を配ることは感謝とお礼を込めて配るものです。

形式的にお菓子を配るのではなく、しっかりとお礼の意味を込めてお菓子を配ることで、異動しても良い関係性のままでいられるはずです。

最後まで読んでくれた方も異動する時には、お世話になった人には必ず直接お礼を言うために、個別に渡して対応するようにしましょう。

異動しても会う機会はあるので、お互いの関係性が良いままで人事異動が成功できるように願っています。

 - 異動に関するお悩み