仕事のお悩み解決所

無断欠勤で解雇された時。失業保険はもらえる?その仕組みを解説

2017.6.20

会社を無断欠勤した、それにより懲戒解雇。

そんな時は失業保険の手当てをもらうことができるのか。

一般企業の雇用保険加入者であれば、毎月お給料から天引きされている雇用保険についてですが、以外と知らないことばかりではないでしょうか。

解雇された時など、イレギュラーな事例での失業保険の役割についてまとめました。


無断欠勤が原因で解雇。失業保険を受け取るには

基本的な情報としては、雇用保険の失業手当ては被保険者期間と年齢によって金額は異なりますが
再就職をし働く意思があれば手当てを受け取ることができます。

解雇になった場合でも円満退職した場合でも、まずは会社に離職票を請求します。

それが届いた段階でお近くにある地域のハローワークに提出に行きます。
そこで手続きをし、講習など簡単なものに参加し、就職活動を何度か行うことで受給できます。

いくつかの条件がありますが、一般的にはこのような流れです。

しかし懲戒解雇された場合、離職票の退職理由の欄にありのまま記入をされますので、覚悟が必要です。
ハローワークの職員も風当たりが少し強くなる可能性がありますので。

その他は何も変わることなく、手当ては受け取ることができますのでご心配なく。
まずは離職票を請求するのが、電話などになるためとても気まずい。そのくらいですかね。

失業保険を受給しながら転職活動!無断欠勤で解雇されても転職は出来るのか

懲戒解雇と会社の重要書類に記されてしまうと、転職先でも不利になりますし、内定してもそれがバレて取り消しに。なんてことになりかねません。

なのでここは勇気を振り絞り、会社に退職届を提出しにいくことをおすすめします。
そうすることで自己都合退職になります。

しかし基本的には、退職理由が第三者の目に触れることはありません。

自分の経歴に黒い部分を残しても構わなければ、正直そのまま無断欠勤を続けていれば会社は退職することが出来るのです。

会社に行きたくない、辞めたいと感じた時に退職についての話合いはとても労力を使いますよね。
乗り切れれば良いのですが、辞めたい理由は千差万別です。それが困難な場合ももちろんあると思います。

フェードアウトすることを推奨はしませんが、解雇されても転職は問題なくできますので諦めないで頑張って下さい。

無断欠勤で懲戒解雇に。失業保険受給中に転職をしよう

懲戒解雇とは、社会人にとって一番重い罰です。
しかし落ちこんでいる暇はなく、再就職をしなければ生活することは出来ませんよね。

そんな時は一旦、失業保険に頼って生活が出来ます。

最低でも90日間受給することが出来ますのでその間、ゆっくり転職活動をすることが出来るという大変嬉しい手当てです。

そこで、履歴書には正直に懲戒解雇を記入すべきかという問題です。

正直に書く理由としては、もしも嘘がばれることがあればその時にまた解雇されかね無いために最初から本当のことを伝えてそれでも雇ってもらえるように、一生懸命アピールをするということ。

嘘を書く理由としては単純に懲戒解雇をされた人材を欲しい会社は少ないということで、再就職がむずかしくなるということです。

どちらにせよ自己責任で、後悔をしないように慎重に選択しなくてはいけません。

無断欠勤から懲戒解雇になるまで

無断欠勤を続けると、どういった経緯で解雇に至るのかという問題です。

特に無断欠勤という定義が法律で定められていないため、会社での任意判断となります。
やむおえない場合で連絡が取れなかった時以外は、無断欠勤ということになるでしょう。

そうなった場合、会社側は14日でその社員を解雇にできます。

しかし解雇通告などの本人確認なども必要になるため、一般的に14日で解雇にすることは難しいようです。

失業保険は問題なく受給することが出来ますが、退職金はもらえないというのが懲戒解雇になると一番損をしてしまうことろではないでしょうか。

一度退職届を提出し謝罪に行けば寛大な処置をしてくれる可能性もあります。
是非検討してみては如何でしょうか。

保険や年金に関しては、問題なく再就職をすることができれば新しい会社が行ってくれるそうです。

失業保険を正しく受給しよう!

失業保険は、働く意思のある人の再就職を手助けしてくれる制度です。
不正に受給することなく、正しく受け取り再就職を目指しましょう。

以前の会社ではうまくいかず、無断欠勤で解雇になったかもしれませんが、過去の話はそっと隣に置いておきましょう。
大切なのはこれからの生活、新しい人生です。

社会人になると色々な困難や障害が出てきます。
我慢が出来て耐えながら頑張れることと、そうでないことがもちろんあります。

悪いことをしてしまったと落ち込みすぎずに、次の職場に向けてできることをしていきましょう。
自分の得意なことはなんですか?やってみたいことはなんですか?

ハローワークのパソコンで行う職業検索も、条件ごとに検索できて誰でも利用出来る便利な機能です。
職員にその場で相談することもできますので、わからないことがあっても安心です。

是非、迷ったら利用してみてください。

 - 退職・休職に関するお悩み