仕事のお悩み解決所

会社で希望部署に異動したいときにやるべき事と注意するべき事

2017.6.20

会社で希望する部署へ移動したいときは、自分のキャリアを考えたり仕事の環境を変えたいと思うことが多いものです。

異動することは決して悪いことではなく、自分のキャリアを積む上でも貴重な体験となるでしょう。

しかし会社組織で働いていると、なかなか希望する部署への異動ができないことも多いものです。

そこで会社で希望部署へ異動したいときに、やっておくべき事と注意するべき事について紹介します。


会社で異動したいときは異動先の仕事を盛り込んでアピールする

会社で部署を異動したいときは、移動先の仕事を盛り込んだ仕事内容にこだわりを持ってアピールしましょう。

社内で部署を異動するのは、本人の希望だけで簡単に移動させられるものではありません。

本人の希望以外にも、適性や人材の確保などの問題もあります。

そのため部署を異動するには希望を出してから、かなりの時間が経ってから希望が通ることもあります。

そのため普段からいつでも移動できるようい、準備を整えておくことが大切です。

営業から企画部への異動を希望するのであれば、営業する時に自ら企画を提案しながら仕事を進めていきましょう。

自分が企画の仕事にこだわりを持っていることを、周囲の人たちも知ることができます。

あの人なら企画に向いているという仲間からの後押しがあれば、異動の話が出た時に希望が通りやすくなるかもしれません。

異動を希望する仕事を盛り込んだ仕事をしてアピールしましょう。

会社で部署を異動したいときは希望する部署へ顔を出しておく

会社で希望する部署へ異動したいときは、異動を希望する部署へ自分の顔を売っておくこも必要です。

同じ社内と言えども部署が違えば知らない人もいるので、自分が希望する部署へは事あるごとに顔を出しておくと良いでしょう。

雑談などを通して自分がやりたいと思っている仕事のプランを話したり、好感が持てる人だと分れば、人事異動の時に有利になるかもしれません。

異動先の部署で人材を募集が不足した時に、真っ先に候補に挙がるためには顔を売っておくことが大切です。

自分の仕事への熱意が伝わるほど、候補に挙がりやすくなるでしょう。

全く知らない人が他の部署から来るよりも、顔を見たことがある人が来た方が仕事もしやすいのは当然です。

そのためには普段から何気なく顔を出しておくことで、人材が必要になった時には真っ先に声が掛かるようにアピールしておきましょう。

会社で部署を異動したいときは上司に相談をしないこと

会社で部署を異動したいときに、直接上司に相談や希望を出してはいけません。

上司はその部署のトップでもあり、部下をまとめて成果を出さなければなりません。

部下が必ずしも高いモチベーションで仕事をしているとは限りませんが、違う部署に異動したいと思っている部下がいれば扱いに困ってしまいます。

異動を出してもすぐには受理されずに、何年もそのまま働き続けることもあります。

そのため違う仕事がしたい部下に対して、教育しても無駄だと思いますし、一致団結して仕事ができないと思ってしまいます。

何より直接上司に異動願いを懇願しても、権限がないのでどうすることもできません。

上司はただ部下が今の仕事を辞めたいという事実だけを知ることになるので、今後の仕事にも支障が出てしまうでしょう。

異動したいときは上司には相談しないで、必ず人事課だけに相談するようにしましょう。

会社で部署異動したいときは軽い気持ちで異動願いを出さない

会社で部署移動したいときは、その時の気持ちだけで異動願いを出さないように考えてから決めましょう。

部署異動は個人の希望をできるだけ反映させたいとは思いますが、部署の人材のバランスなどを考えて行われることが多いです。

そのため部署移動を願い出ても、なかなか希望が通らないことも多いでしょう。

しかも部署移動を出してから数年後に、いきなり移動願いが受理されることもあります。

数年後に部署移動の願いが通っても、前と同じようなモチベーションで仕事をやりたいと思ているかはわかりません。

また前に部署移動を出していると、大きなプロジェクトを任されたり昇進する時に、異動願いが出ていると推薦されにくくなるかもしれません。

自分が本気で部署異動をしたいという気持ちが強くなければ、キャリアアップの妨げになってしまうこともあるので注意しましょう。

会社で部署を異動するなら明確なビジョンが必要不可欠

会社で部署異動したいときには、キャリアアップや明確なビジョンを考えてから異動願いを出すようにしましょう。

やりたい仕事が見つかって部署異動をしたいのであれば、目標が決まっているのできっと良い仕事ができるでしょう。

しかし何となく他の部署の仕事をしたいというような気持では、仕事へのモチベーションが上がらないので、異動したとしても仕事の大変さからついていけないでしょう。

異動したいときは熟考して明確なビジョンを頭の中に描いてから、異動願いを出しましょう。

ここまで書いてきましたが、移動したいと考えるのはキャリアを積み重ねる上でも重要なことですが、明確な目標やビジョンは必要不可欠です。

最後まで読んでくれた方もやりたい仕事が見つかったことで異動したいのであれば、出来る限りアピールをして異動できるように願っています。

 - 異動に関するお悩み