仕事のお悩み解決所

会社を虐めが原因で辞めるときに気を付ける事!

2017.8.18

虐めなんて幼い子供がやる事。そんなことはありません。

大人になってもなお、人を虐める行為を止められないという人は存在します。

そのような人が会社にいて、その人から虐めにあってしまった。

もうその人がいる職場では働けないからと辞めることを視野に入れているという方。

そんな方に是非読んでい頂きたい、虐めが原因で会社を辞めるときに気を付けたいことを今回はご紹介します。

会社を辞めるとき、虐めが原因とは言わないこと

もしも、会社内の人間に虐められたことが原因で退職することを決めたとしても、「虐めが退職の理由」である事は言わないでおくべきです。

この事実に嘘偽りはなく、寧ろ言った方が自分が辞めた後の会社内の人間関係の改善にも役立ちそうな気がしてしまうのも、分かります。

しかし、もし上司なり社長に「〇〇さんからの虐めに耐えることができませんので、辞めさせてください。」と正直に言ってしまうと、「辞めたい理由が〇〇からの虐めなのであれば、〇〇の居ない部署に異動させてあげるから退職の件は考え直しなさい。」と言われてしまうかもしれません。

もしこう言われてしまっては、辞めれる確率はぐっと下がってしまいますよね。

会社というのは、いい大人が集まる場所であり幼稚園や小学校ではありませんので、誰かが虐めの仲裁に入ったりなどの対応は無く、虐めに関してドライな考えを持っている場合が多いです。

ですので、異動では気が済まない。辞めたいというのであれば、虐めが理由であることは明言する事は避けた方が良いでしょう。

虐めが原因でも、会社を辞めるときは早めに言うのがマナー

もし会社を辞めたいと思うほど社内の虐めに苦しんでいるのであれば、今すぐにでも退職したい、この場を去りたいと思うのが本音でしょう。

しかし、会社を辞めるという事はあなたが今までこなしてきた仕事の跡継ぎが必要となり、跡継ぎが居なければ仕事に穴が開いてしまいますので会社にとっては大きな迷惑になってしまうのです。

精神的につらい気持ちはお察ししますが、大人として、社会人としての最低限のマナーとして、辞める時は余裕をもって早めに辞めることを検討している旨を上司や社長に告げるべきです。

会社もそれなりの用意をしなければなりませんので。

いつ言うのが良いのかと言えば、早ければ早いに越したことはありませんが、辞める2カ月前、遅くても1か月前には辞める意思表示を示しておきましょう。

ですが、虐めが原因で鬱状態になってしまっていてとてもまともに働ける状態ではない場合などは、辞める日まで休暇を貰える可能性もありますので、診断書を持って上司や社長と相談してみましょう。

会社を辞めるとき、虐められた原因を考えてみる

ここまでは会社を辞めることを前提としたお話をしてきましたが、実際にあなたが虐められる標的になってしまった原因は何なのかについても考えておく必要があります。

もし本当に虐めが原因で今の会社を辞めたとしても、次の就職先で同じような状況になってしまう可能性だってありますので。

あくまで目安ですが、会社で虐めの標的になってしまう人に多い特徴として、コミュニケーションが不足しているというものがあります。

あなたは職場で、「おはようございます。」や「お疲れ様です。」の挨拶をきちんと言っていましたでしょうか?俯きながら、ぼそぼそっと言ってしまってはなかったですか?

それ以外にも、何かをしてもらった時の「ありがとう。」の言葉が言えていなかったり、誰かに話しかけられても素っ気ない対応をしてしまっていたり。

このような態度、行為もコミュニケーション不足とみなされます。

普段から円滑なコミュニケーションが取れていれば、多少素っ気ない対応になってしまう事があったとしても「ちょっと体調が悪かったのかな?」と邪見に捉えられることは避けられます。

しかし、いつも素っ気ない人には、ちょっとしたことでもイラっとした感情を覚えてしまうのは当然の事です。

自分にはこのような態度をとってしまっていた記憶がないかどうか、今一度振り返って考えてみましょう。

会社で、同僚や部下の虐めをする人の心理

では逆に、虐めをする人にはどういった特徴や心理があるのでしょうか?考えてみましょう。

いい大人になって、仕事場である会社に来てまで虐めをするような人の多くに共通している事。

それは、今の自分の生活もしくは会社での仕事、自分の立ち位置などに満足していない、不満を抱いているという事です。

自分の思うに日々を過ごすことが出来ない事への苛立ちから、他人を攻撃することで快感を得て解放されようという心理がある可能性があります。

言えば、単なる八つ当たりのようなものですね。

しかも、虐めている本人に八つ当たりの自覚がある可能性は極めて低く、虐められる相手の方に非がある。虐められる人が悪いのだという考えを持っている場合があるのです。

また、このことから会社内で起こる虐めの発端は、大体が同じ人であることが多いと言われています。

あなたが虐めにあう前に、誰か別の人が同じ人から虐められていた過去がある可能性も無くはありません、。

虐めが原因で辞めて後悔しないのか?解決策は無いのか?

このように、会社内で起こる虐めには、虐められる側に問題がある場合もあれば虐める側の単なる八つ当たりである場合もあります。

しかし、今回ご紹介したような内容が虐めが始まる原因なのであれば、解決できる可能性も十分にあると言えるのです。

自分の態度を改めることで、虐めをする本人の気持ちをすぐに変えることは難しかったとしても、周りの同僚などを味方につけることが出来ますので、解決に導けるかもしれません。

また、もし相手の単なる八つ当たりである場合も、自分に非が無いと言い切れるのであればあなたが辞める必要は無いのです。

多少対立することがあったとしても、虐めに立ち向かう勇気も持たなければなりません。

一度務めた会社を退職すれば、もう戻ってくることは難しいです。虐めが原因で辞めてしまう事で後悔の気持ちはありませんか?

会社を辞めなくてもいい解決策が無いのかどうか、辞めて後悔しないのかどうか。

退職を決断してしまう前に、今一度よく考え直してみましょう。

 - 退職・休職に関するお悩み