仕事のお悩み解決所

経理の仕事は大変!やらないと分からない仕事の大変さと対応策

2017.8.19

会社の中で経理の仕事は重要な仕事だとは分かっていても、仕事の大変さまでは理解してくれる人は少ないものです。

会社の数字に関わることをミスなくやらなければいけないので、日々数字やプレッシャーと向き合って仕事をしています。

そこでよく知られていない会社の中の経理について、仕事の大変さや対策について紹介したいと思います。


経理の仕事の大変さは毎日数字と向き合うことがストレスになる

経理の仕事は会社の中のお金の管理や流れについて管理するので、日々数字と向き合う仕事となります。

毎日同じような仕事の繰り返しですが、数字が合わないと大変なことになりかねないので、日々数字をチェックすることが大切な仕事のひとつです。

仕事の大変さは数字を扱うだけでなく、絶対にミスをしてはいけないことです。

数字が合わなければ原因を追究して解決しなければいけないので、しっかりとお金の流れや管理をしていなければなりません。

会社員は誰もが経理のお世話になっていますが、あまり仕事内容については把握していない人も多いでしょう。

一番お世話になることがお給料関係で、税金などの手続きや計算までしっかりと管理してくれます。

自分の仕事だけに集中できる環境を作ってくれるのが経理の仕事なので、日々数字を間違えないようにプレッシャーと戦っています。

経理は月末に近づくといきなり大変な仕事が増える

経理の仕事が大変な理由としては、毎月の社員の給料を計算する日になると忙しくなってきます。

普段の仕事内容としてはお金の流れや管理を主にやっているので、毎日コツコツと同じような作業を行うことが多いです。

また伝票を整理したりデータ入力などの仕事も、時間が空いた時を見計らって行うので、常に何かしらの仕事はしているものです。

働く人にとって関心があるのが給料ですが、月末になると社員の給料計算をする仕事が増えるので大変になります。

もちろんミスは許されませんし、税金の計算やデータ管理まで仕事が増えるので、普段の仕事にプラスして仕事が増えてしまいます。

給料が銀行振り込みならば計算だけで済みますが、小さい会社では手渡しで給料を渡すこともあるので、準備の仕事もやらなければなりません。

普段は淡々と仕事をこなしている経理の仕事ですが、週の初めや月末になると仕事が増えるので、いきなり大変な日がやってくるので準備を怠れません。

繁忙期の月は経理の仕事は大変でミスが許されない

経理の仕事が忙しくなる繁忙期と言えば12月と2月です。

この時期は経理の仕事が本当に大変で、ミスはできないですしスピードも要求されるので、大変な時期でもあります。

会社員にとって12月は年末調整の月なので、特に年末調整の集計表を作るのは決算月と同じくらい忙しくなります。

社員それぞれしっかりとチェックしないといけませんし、間違えると税金額も変わってくるのでミスは許されません。

2月にあれば多くの会社が決算月となりますが、法人税、秘宝税、消費税などの決算申告書の作成を行います。

決算で計算した税金額を納付することが会社にとって重要なことなので、しっかりとミスなく仕事を終わらせなければなりません。

ミスをすれば会社の信用を落とすことにもなりかねないので、2月は特に神経をすり減らして乗り越える時期でもあります。

特に経理にとっては大変な時期があるので、しっかりと集中して仕事をする必要があります。

経理の仕事は大変だがスキルアップすればやりがいが見つかる

経理の仕事の大変さはやった人にしか分からない縁の下の力持ちの仕事なので、仕事にやりがいを見つけることが大切です。

経理の仕事は専門性が高いので、会社が大きくなるほどスキルアップをする必要があります。

資格を持っているだけでは分からないようなことも、日々の仕事で学びながら仕事に対応していく必要があります。

経理の仕事は毎日コツコツと仕事をすることが大切で、数字のミスが許されない仕事です。

そのため分からないことがあれば必ずその場で聞かなければなりませんし、スキルアップしなければ経理の仕事を続けることは難しいでしょう。

だからこそ自分でやりがいを持って仕事をすることが大切なので、仕事をこなすためにもスキルアップを目指すことが大切です。

資格の取得はもちろんですが、様々なケースに対応できるように、知識とテクニックを磨いて仕事に取り組みましょう。

会社の中で経理の仕事は重要だが大変さを理解してもらえない

会社の部署の中で経理の仕事は重要なのは分かっていても、大変さを理解してくれる人は少ないでしょう。

他の部署の人からすると毎日同じような仕事をコツコツやっているだけなので、プレッシャーもない思われてしまいます。

営業の仕事はノルマやプレッシャーもありますし、企画の仕事ならば社運を賭けた企画を成功させなければいけない時もあります。

経理の仕事は縁の下の力持ちの仕事なので、仕事を頑張っても会社の利益や売り上げの貢献することは全くありません。

そのため他の部署からは軽視されがちなので、仕事の大変さを理解してもらえない悔しさはあります。

しかし経理の仕事をしなければ会社を運営することはできないので、自分の中でプライドとやりがいを持って取り組むことが大切です。

どんな仕事にもやりがいを見つけることができるので、経理の仕事の楽しさを見つけて会社を支えてください。

 - 業務に関するお悩み