仕事のお悩み解決所

適応障害で診断書をもらったとき、休職期間で治すための考え方

2017.8.21

適応障害になってしまった人にとって、職場への復帰や退職を考えることも多くなるはずです。

自分がまさか適応障害の診断書をもらうことになるとは思ってもいなかったでしょうし、どのくらいの期間で治療することができるか不安に思います。

そこで適応障害になった時に休職して治すための考え方について紹介したいと思います。


適応障害で診断書をもらって休職するなら期間は長めに申告する

自分が適応障害になって診断書をもらうことになったら、会社に申告して休職することができます。

適応障害とは会社の環境のストレスによって発症したことが要因となることが多いので、環境を変えることによって適応障害を治すこともできます。

しかし職場を変えるのは簡単なことではないですし、できれば慣れている職場で働き続けたいと思うものです。

特に人間関係が悪化しているのでなれけば、休職期間を利用してリフレッシュすることが大切です。

毎日のストレスによる環境から抜け出すことによって、適応障害の症状も緩和することができるはずです。

会社に休職を申請する時の期間は、できるだけ長い期間を申請しましょう。

仕事をしなければ生活も苦しいのは分かりますが、症状が治らなければ働くことはできません。

心の病は簡単に治せるものではないので、できるだけ時間をかけて治すようにしましょう。

休職期間が短いと適応障害の診断書が逆効果になる恐れもある

適応障害になったことで休職しようと思った時には、診断書を持って会社にお願いしに行きます。

その時できるだけ迷惑を掛けたくないと思ってしまうと、休職期間を短くしてしまうこともあります。

適応障害はどれくらいの期間で治すこともができるか分かりませんし、治らないかもしれません。

しかし休職することでリフレッシュすれば、ストレス発散できるので症状を和らげることはできます。

自分でも何とか治すために頑張ろうとするk持ちは分かりますが、会社に迷惑を掛けたくない気持ちが強いと、つい短い期間でお願いしてしまいます。

短い期間だと自分で早く治さなければいけないというプレッシャーを受けるので、逆にストレスが溜まって症状が悪化する可能性もあります。

休職する時にはできるだけ長い期間休むようにお願いして、余裕をもって治療に専念するようにしましょう。

適応障害で診断書をもらったら期間を長めにしてストレス発散

職場でのストレスによって自分の体に異変を感じた時は、すぐに病院に行くことが大切です。

ストレスによる症状は自分一人ではなかなか治すのは難しいので、医師に相談して解決するようにしましょう。

ストレスを解消させるために会社を休職するのであれば、病気だという診断書をもらう必要があります。

医師から適応障害の診断書をもらうことによって、会社にはっきりと休職理由を示すことができるからです。

会社を休職する時にはできるだけ長い期間の休みをもらうことが大切で、自分でも多いと思うくらいでも構いません。

それでもダメなら退職というギリギリのラインで休みをもらうことによって、余裕をもってストレス発散をする期間がもらえます。

3ヶ月の休職期間をもらったとすれば、2ヶ月で復帰することによって会社側も安心して雇用することができるでしょう。

長い休みをもらえば気持ちに余裕も出てくるので、心の病を治す時には有効な手段のひとつとなります。

休職期間を長めにすることでプレッシャーからも解放される

適応障害になったら早く治して働かなければいけないというプレッシャーを受けるので、余計にストレスが溜まってしまいます。

また会社には内緒にして治そうとすると、ストレスを受けやすい環境のまま病気を治すことは難しいので、症状を良くすることは難しくなります。

自分でもおかしいと思った時は医師に相談をして、適応障害だと診断書をもらった方が気持ちもスッキリします。

そして適応障害のため会社を休職することによって、環境を良くして治すことができるようになります。

できるだけ長い期間の休みを取ることで、プレッシャーから解放されるのは間違いありません。

適応障害は会社の環境によるストレスが原因なので、環境を変えて治療することが大切です。

心の病は心と時間に余裕をもって治療することが大切なので、会社を休職するなら迷わず長い期間の休みを取得しましょう。

適応障害は簡単には治せない病気だと理解する

適応障害だと診断書をもらって確認するまでは、誰もが自分がストレスによる病気になるとは思っていないはずです。

仕事をしていればストレスを受けるのは当然のことですし、誰もが同じようなストレスを受けながらも働いています。

そのため自分だけがストレスに弱いと思ってしまうと、よりプレッシャーを受けてしまうので気をつけましょう。

ストレス耐性は個人によって違うので、人と比べることはまったく意味のないことです。

また適応障害は心の病なので、長い期間を掛けて治すことが大切です。

すぐに治したいと思っても心の病気は簡単には治せませんが、自分で考え方を変えたり意識することによって、ストレスを受けにくくすることはできます。

ストレスに強くなるためには考え方や気の持ち方が大切なので、病気を治すには時間が掛かることを頭に入れておきましょう。

できるだけストレスのないように、柔軟な思考力を持つように心掛けることが大切です。

 - 退職・休職に関するお悩み