仕事のお悩み解決所

営業の外回りとはどんな仕事?やる気を持って仕事をする方法とは

2017.8.19

会社ではいろいろな部署が集まって利益を上げるために頑張っていますが、特に顧客との繋がりの強い営業職は重要なポジションのひとつです。

営業マンにとって外回りとは仕事を取ってくるために必要なことですが、時にはサボっている営業マンもいます。

営業の仕事は会社の利益を大きく左右させたり、自分のノルマを達成させるために大変ですが、営業マンはどのような仕事をしているのでしょうか。


営業の外回りとはルート営業が基本的な仕事

営業マンにとって外回りとは2つの大きな仕事がありますが、そのうちの1つがルート営業です。

今まで一緒に仕事をしたり取引があった会社に対して、また仕事をしてもらうようにお願いしに行く営業です。

一度仕事をしたことで信頼関係が結ばれていることから、タイミングが合えば仕事をもらうことができます。

ルート営業をすることによって定期的に仕事を請け負うことができるので、安定した売り上げを上げるには欠かせません。

そのため営業マンは会社と会社を繋ぐための重要な役割を担っているので、個人的にも担当者と仲良くなっておく必要があります。

仕事をする時は商品だけを売り込むよりも、自分を売り込むことによって、相手との信頼関係を築くことも大切です。

そのため営業マンの仕事は会社の外にあるので、どんどんと外回りに行くことで利益を上げることができるのです。

営業の外回りとは新規開拓して新たな仕事を受注することも

営業マンの外回りの仕事として新規開拓があります。

営業の外回りとはルート営業だけでなく、いかに新規の顧客を見つけるかが重要になってきます。

一般的に言われている飛込営業というもので、ルート営業ではある一定の売り上げしか見込めませんが、新規開拓することで売り上げをさらに増やすことができます。

新規開拓して新たな顧客を見つけることで会社も成長していくので、ルート営業と共に営業の外回りでは重要な仕事なります。

飛び込み営業は断られるのが基本ですが、何度も断られてもアタックする強い精神力が必要です。

何度断られてもしつこい営業マンなら、一度は仕事をしてもいいと思ってくれるかもしれません。

またはたまたま新たな仕事をしようと思った時に、タイミング良く営業マンが行けば、スムーズに仕事を受注してもらう可能性もあります。

営業の外回りでは重要な仕事のひとつなので、サボらずまじめに新規開拓することが求められます。

外回りとは営業マンにとっての主戦場

営業マンにとって外回りとは仕事の主戦場となるので、結果を残さなければ行けない主戦場です。

営業の仕事ではルート営業や新規開拓によって、仕事を受注していくることが営業の仕事です。

それ以外の仕事は仕事を受注するための準備の仕事なので、どんなに頑張っても評価をされることはありません。

営業の仕事が評価されるのは仕事を受注した時だけなので、すべては外回りの営業の結果によって評価されます。

会社にとって営業は仕事を始めるきっかけとなる重要な仕事で、企業と企業を結び付ける大切な役割を担っています。

営業の成績が悪ければ比例して会社の利益も下がるので、営業次第で会社の命運が掛かっていると言っても過言ではありません。

そのため営業マンは会社の外に出れば個人の働きにすべてが掛かているので、責任を持って仕事に取り組まなければなりません。

営業は信用第一なので見た目から言葉遣いまで気をつける

営業マンにとって外回りとは重要な仕事場でもあるので、結果を残さなければなりません。

結果を出すにはモチベーションを高く維持する必要がありますが、そのためには第一印象から良く見せることを意識しましょう。

営業の仕事でやる気が出てくると結果を望むようになりますが、やはり営業の仕事は見た目が大切です。

会社同士のパイプ役となるので、相手から信頼されなければなりません。

信頼されるには第一印象を良くし、言葉遣いをしっかりすることで信頼感を与えることができます。

信頼されないと仕事の話をすることもできないので、営業マンにとっては見た目が重要なポイントとなります。

新規営業をする時にいきなり知らない営業マンに仕事を頼む人はいませんし、相手のことを信頼できなければ仕事を一緒にしたいとは思いません。

結果を出すためにも見た目からやる気をアピールすることが大切なので、後は根気よくメンタルを強く持ってアタックするだけです。

会社の利益は営業の頑張り次第で大きく変わる

会社の利益は営業の仕事の結果によって大きく左右されるので、営業マンの仕事は会社にとっても重要な仕事となります。

会社同士を結び付ける営業マンが信頼されれば、会社自体を信頼してくれたと同じことです。

営業マンは会社の看板を背負って仕事をしているので、その意識を持って外回りの仕事をするべきです。

営業にとって外回りとは仕事のすべてであり、結果を残さなければならない重要な仕事です。

結果を残すためのプロセスは個人によって違うので、ある程度自由に営業マンは行動することができます。

仕事を頑張るのもサボるのも営業マンのモチベーション次第ですが、時にはサボってリフレッシュするのも営業の仕事では必要なのかもしれません。

ただしすべては結果を残すためのプロセスなので、すべては仕事を受注することだけを目指して頑張るだけです。

営業の仕事はやりがいのある仕事なので、自分なりのやり方を確立して、成績を残せるように頑張りましょう。

 - 業務に関するお悩み