仕事のお悩み解決所

バイトの職歴で嘘をついた!バレる原因と嘘をつくリスクとは

2017.8.23

バイトの面接を受ける時は決まって前の職歴を聞かれますが、印象を良くしようと思って嘘の職歴を伝えてしまうこともあるかもしれません。

職歴によって面接の合否が左右されることは少ないですが、虚偽の報告をすると後で面倒なことになるので気をつけた方がいいでしょう。

そこでバイトの職歴をで嘘をついた時に、バレる要因とリスクについて紹介します。


バイトの職歴を嘘ついても本人の話からバレることが多い

バイトをする時に職歴に嘘をついて採用されても、後で会話の中からバレることも多いです。

バイトの面接では職歴自体を重視して面接をすることはないですが、バイトの経験によってはいろいろなスキルを身につけることができます。

今のバイトにも活かせるスキルがあれば、採用したいと思うかもしれません。

また今までどんな仕事をしながら生活してきたのかを知ることで、ある程度その人の性格や考え方を知る上でも重要な情報となります。

職歴で嘘をついたとしても直接困ることは少ないですが、後で川をの中で嘘がバレることがあるので注意しましょう。

何気なく話をした会話の中で、前の職業や仕事について聞かれることもありますし、実際にどんなスキルがあるかを聞くこともあります。

面接をする人は今までも多くの人を面接しているので、嘘をついている人を見分けるのも上手いものです。

嘘をついて採用されたとしても、結局嘘はバレてしまうことを頭に入れておきましょう。

職歴で嘘をつくとバイトの仕事にも影響することもある

バイトの面接で前の職業を嘘ついて採用された時に、今の仕事にも影響することもあります。

バイトの仕事によってはいろいろなスキルが必要なので、ある程度すぐに仕事ができる人を雇いたいと思うのは当然です。

そのため職歴を聞くことでどんなスキルがあるかを把握できるので、採用基準にも大きく影響するでしょう。

しかし実際にスキルがあると思って採用したのに、まったくスキルがなければ虚偽の申告をして採用されたことになってしまいます。

特殊なスキルを必要としない限りは前職は参考基準としてしか見ませんが、それでも複数の中から選ぶことになれば、前職のスキルがあることを考慮して選ばれた可能性も高くなります。

前職を嘘ついたことがばれてクビになることはないかもしれませんが、信用され無くなれば仕事にも影響するはずです。

今のバイトの仕事に影響することもあるので、虚偽の申告をするのは辞めた方が無難でしょう。

バイトの職歴で嘘がバレる時は会社が作成する書類で分かる

バイトをする時には必ずお店に申告する書類がいくつかありますが、お店や会社によっては前職の情報を必要とすることもあります。

バイトでも雇用保険に加入しなければいけなかったり、税金に対してはバイトもしっかりとしなければいけません。

前職もバイトだったのか、それとも正社員でやっていたかによっても違いますが、職歴を嘘ついたことによって大きなトラブルになることもあります。

前の会社の退職証明書が必要だと言われた時に、嘘がバレてしまうでしょう。

会社やバイトをしていると税金や保険の手続きは事務に任せることになるので、自分ではほとんど知らないことも多くなります。

そのため退職証明書や年金手帳のことなど、詳しくない人が嘘をついてしまうと、後で上から怒られることになるでしょう。

保険や税金関係はきっちりとしなければいけないので、嘘は必ずバレてしまうので注意しましょう。

職歴を詐称していると仕事や信用問題に影響する

職歴に嘘をついたとしても採用には大きく影響しないことも多いですが、あまりにも職歴がまずい時には見栄を張ってしまうこともあるでしょう。

たとえばずっと職歴がなかったり、逆にどの仕事もすぐに辞めてしまうので、職歴が短い期間で書ききれないほどあるかもしれません。

自分が職歴に対してコンプレックスを抱いた時には、つい職歴に嘘をついてしまうこともあるでしょう。

バイトだからあまり関係ないと思っていても、後で職歴に嘘をついているのがバレると自分の信用を落とすことになります。

バイトをする時は信用がなければ仕事をすることができませんが、嘘をついていたことがばれると信用もガタ落ちになってしまいます。

いくら仕事をまじめにやっていたとしても、嘘をついているのがバレた時点で、積み上げてきた信用が一気に崩れてしまいます。

嘘をついても良いことはないので、ありのままの自分を受け入れてくれるバイト先を探しましょう。

嘘をついていると自分自身が働きにくくなる

職歴に対してコンプレックスを持っていると、嘘をついてでも自分を良く見せようとしたくなります。

バイトの面接では職歴を重視することはほとんどないですが、会話のきっかけとして聞かれることも多いです。

その時に話し方や説明の仕方をチェックするのですが、職歴自体は何をしていても採用にはあまり関係ないと言ってもいいでしょう。

しかし職歴に対してコンプレックスがあると、職歴を聞かれること自体がストレスとなっているので、少しでも良い職歴にしたいと思って嘘をついてしまうこともあります。

嘘をついても実際にはバレることは少ないですが、逆に嘘をついてしまったことがバレてしまうと、自分自信の信用がなくなるので働きにくくなってしまいます。

嘘をついていると罪悪感もありますし、バレた時に働きにくくなることを考えれば、職歴で嘘をつくメリットはほとんどないと言えるでしょう。

人それぞれ何をするかは個人の自由なので、職歴で嘘をつかずに堂々と本当の職歴を伝えましょう。

 - 会社に対するお悩み