仕事のお悩み解決所

バイトのヘルプを断るには?上手に断るために使える理由と対処法

2017.8.30

バイト先の状況によっては、近くのチェーン店にヘルプに行かなければいけないこともあります。

しかし慣れない場所へのヘルプは大変ですし、環境が変わることでストレスも溜まるので、ヘルプ先にはなるべく行きたくないと思うものです。

そこでバイトのヘルプを断る時に使える上手なヘルプの断り方について紹介したいと思います。


バイトのヘルプを断るには職場環境に慣れないことを伝える

バイト先のチェーン店のお店へのヘルプに行くのがどうしても嫌な時は、職場の環境に慣れないので考慮して欲しいとお願いしましょう。

誰でも慣れない環境で仕事をするのは嫌なものですが、ヘルプを断る時にはあくまでもお願いするような形にしましょう。

行きたくないとはっきり断ってしまうと、自分だけがわがままなことを言っていることになり、他のスタッフに迷惑をかけることになります。

結局はバイトの誰かが行かなければいけないので、自分が頑なに断れば他のバイトの人との関係性も悪くなります。

あくまでも嫌だということを伝える時には、お願いする形でヘルプに行くことを断るようにしましょう。

中には行きたいと言う人もいるかもしれませんし、全員が同じように嫌ならばローテーションで行くしかありません。

そのバイト先のルールに従うのであれば、職場環境に慣れないのでストレスが溜まることを伝えて考慮してもらいましょう。

ヘルプを断るにはバイトの契約内容について話し合う

チェーン店にどうしてもヘルプに行きたくないのであれば、はっきりと断る意思を示すことが大切です。

またその時にはバイトを始めた時の契約内容について、しっかりと確認しましょう。

バイトをする時の契約内容が今のお店で働くことであって、他のお店にヘルプに行くことを一切聞かされていなければ断ることもできるはずです。

しかしお店の状況は変わることは理解できるので、どうしてヘルプに行かなければいけない状況になったのであれば、しっかりと納得する説明をして欲しいところです。

毎回自分ばかり行かされていたり、行かない人がいるのであれば指名する基準を示してもらうなどの配慮を求めることもできます。

バイトで弱い立場だから受け入れなければいけないと思いがちですが、嫌な仕事を無理やりやらせるのであればはっきりと言って断る意思を示すことも大切です。

バイトのヘルプが嫌で断る時は平等にして欲しいとお願いする

バイト先のチェーン店のヘルプを断ることは、実質は難しいことも多いです。

結局は誰かがヘルプに行かなければいけないですし、バイトだからと言って嫌な仕事を断ってもいいことにはなりません。

辛くて嫌な仕事でもやらなければいけないので、ヘルプに行かなければいけない時もあるでしょう。

しかしどうしても行くのが嫌だと思うなら、せめてヘルプに行くのはバイト全員が平等に行くようにお願いしましょう。

特定の人だけがヘルプに行く回数が多ければ、嫌だと思っている人はストレスが溜まってしまいます。

せめて嫌な仕事でも全員が平等に行かなければいけないとなれば、行くのが嫌でも納得することはできます。

上司の偏見によって嫌な仕事ばかり押し付けられるのであれば、しっかりと指名基準を示してもらうことが大切なので、平等にヘルプに行くようにお願いしましょう。

ヘルプ先の人間関係の悩みを相談する

ヘルプに行くのが嫌な理由を明確に話すことで、上司もヘルプに行かせることを考慮してくれるかもしれません。

やはり人間関係は仕事をする上では大切なことなので、人間関係で悩んでいる人をヘルプに出しても、良い仕事をすることはできません。

バイトのヘルプを断る理由として人間関係の悩みを相談することで、行かせるメンバーも考慮してくれるでしょう。

人間関係の悩みは仕事の悩みだけでなく、バイトを辞めることにも繋がります。

またお互いの関係性が悪いと仕事も上手くできないので、ヘルプに出しても良い仕事ができずに、トラブルに発展してしまうかもしれません。

せっかくお店のヘルプに出すのに、相手のお店でトラブルになったり、行かせるバイトが嫌で辞めたいと思うようならば、行かせることを考え直してくれるでしょう。

人間関係の悩みは絶えることがないので、まずは上司に相談をしてヘルプを断る理由にしましょう。

ヘルプに行くのが嫌な時は辞める意思があることも伝える

人によっては他のお店にヘルプに行くことがどうしても嫌で、辞めたいと思う人もいるでしょう。

慣れない環境で働くのであれば、どこかほかのお店で働いた方がいいと思うのは当然です。

自分が他のお店にヘルプに行くのが嫌で断る時は、辞める意思もあることをはっきりと伝えましょう。

他のお店にバイトしに行くのであれば、辞めてじっくりと働けるお店を探したいと伝えます。

自分だけわがままな意見かもしれませんが、チェーン店だからヘルプに行くことがあるので、他のお店ではヘルプに行くことはないでしょう。

ヘルプに行くことがどうしても受け入れられない時は、辞める意思を伝えておくことで、自分の働きたいお店で働き続けることができます。

ひとつのバイト先にこだわる必要もないので、どうしてもヘルプに行かなければいけなかったり、他のスタッフとの関係が悪くなったら、潔く辞めて他のお店でバイトをしましょう。

 - 業務に関するお悩み