仕事のお悩み解決所

休みの日になると電話に出ない人の心理とそんな人との連絡方法

2017.8.29

小さな会社で仕事をしていると、時には休みの日でも仕事のことで電話をしなければいけないことも出てくるかもしれません。

しかし相手が休みだから電話に出ないこともありますが、世代によって仕事と休みの考え方の違いが出てしまうとことでもあります。

そこで休みのなると電話に出ない人の心理と連絡方法について紹介します。


休みの日に電話に出ない人は仕事とプライベートを完全に分けたい

休みの日に電話に一切出ない人の心理としては、仕事とプライベートを完全に分けたいという心理が働いています。

毎日仕事の時間は頑張ってやっているので、プライベートの時間まで仕事のことを考えたくないと思っています。

ひと昔前の人の考え方は休みの日でも上司からの電話には出なければいけないですし、常に休みでも仕事のことを考えていなければ出世もできない時代でした。

しかし時代が変わったことでプライベートの時間に電話に出なくても、まったく問題ないと思っています。

また出世にも興味のない人も多いですが、人材がいないので仕方なく出世させるしかないという会社も増えているようです。

時代の流れではありますが、仕事とプライベートの時間を完全に分ける考え方は多くの人が共感できる部分です。

そのためプライベートの時間には電話をしたくてもいいように、しっかりと普段から連携を密にとっておく必要があります。

電話が苦手な人は休みは出ないとしても大丈夫だと思っている

基本的に自分の休みの日に電話に出ない人は、電話に出ること自体が苦手なので無視をすることも多いです。

人との付き合いやコミュニケーションが苦手な人もいますし、仕事だから仕方なく頑張って付き合っている部分もあります。

電話が苦手だから出なくても、休みだから気がつかなかったと言えば済むと思っています。

休みの日に会社から連絡があれば、かなり重要な要件だと推測することができます。

しかしいくら重要なことでも電話に出たくないので、無視をすれば上司が何とかしてくれると思っています。

自分が任されている仕事があるのであれば、責任感がない行動と言えるかもしれませんが、それ以上に電話に出たくない気持ちの方が強いのです。

仕事に対してそれほど執着ややりがいを持っていないので、責任感を持つことができないのかもいれません。

電話に出なくても大丈夫という気持ちがあるので、休日に電話しても出ることはないでしょう。

休みに電話に出ない人とはメールでのやり取りを活用する

休みの日に電話に出ないことが分かっていれば、メールを活用することもひとつの手段です。

メールならば気が向いた時に連絡できますし、どうせ次の日には仕事なので内容を知っておくと心の準備もできます。

会社から連絡があって出なくても、上司が何とかしてくれると葉思っていますが、どんな用件で連絡してきたのかはずっと気になったままです。

そこでメールで連絡をしれておくことで、本当の重要な要件ならば自分から連絡しようと思うでしょう。

重要な要件を先延ばしするほど大変なのは自分ですし、次の日では間に合わない要件だからこそ、休みの日に連絡してきたのかもしれません。

休みに出ないことが分かっているのであれば、メールで内容を伝えておくことで、相手からの返信を期待することができます。

本当に電話ができない状況もありますが、メールなら時間が空いた時に確認できるので、電話に出ない時は仕方なくメールも活用しましょう。

どうしても連絡を取りたい時は事前に連絡方法を確認しておく

一緒に仕事を長くしていれば、相手が休みの日に電話に出ないことを把握することもできるでしょう。

そんな時はあらかじめ休みの日でも連絡がとれるように、事前に確認をとっておきましょう。

たとえば人によっては休日は会社からの電話をすべてシャットアウトするために、電話を持たないようにしている人もいます。

電話を2台持ちしている人もいるので、どうしても連絡が取りたい時にはそちらの連絡先を聞いておくのもいいでしょう。

もちろん相手は嫌だと断るかもしれませんが、自分のやっている仕事の責任の重さを考えれば、仕方のない時もあることを理解してもらいましょう。

またどうしても返信が欲しい時だけ連絡することを、念を押して伝えておきます。

その人がいなければ仕事が滞ってしまう状況など、仕方がない時だけ連絡することを約束しておけば、相手も渋々連絡をとってくれるかもしれません。

オンとオフを分けたいと思っているので理解することも必要

休みの日に出ない人の気持ちを理解することも大切ですが、会社の仕事の大事さも知ってもらうことも必要です。

事前に緊急の時は連絡するとだけ伝えておき、実際に休みの日に連絡しなければいけなくなった時は、あえて何をフォローしないのもいいでしょう。

今すぐ対応すれば間に合うのを電話に出ないことで大きなトラブルに発展させ、次の日に出勤した時にすべて対応してもらいます。

相手は休みだから仕方がないと言い張るでしょうが、仕事の大事さや責任の重さが分かっていないので、あえてトラブルに発展させるのもいいでしょう。

オンとオフを分けたいと思っていることは理解できますが、仕事ができる人ならばうまく対応することができます。

しかし自分の担当の仕事のことでも、気にせず悠々と休みを満喫しているのであれば、大変な思いをさせて分かってもらうことも必要です。

できれば休みの日に連絡はしたくないので、事前にしっかりと連絡を取り合うことを忘れないようにしましょう。

 - 業務に関するお悩み