仕事のお悩み解決所

胃腸炎でバイトを休む時の対処法と気をつけたいポイント

2017.8.28

調子が悪くて病院に行った時に、胃腸炎だと診断されてしまったらバイトを休むしかりません。

バイトに行きたくても下痢や吐き気が酷い場合もあるので、安静にしていなければいけませんし、そもそもの原因が分からないので不安に感じます。

そこで胃腸炎でバイトを休む時の対処法と気をつけておきたいポイントについて紹介します。


胃腸炎でバイトを休む時は病院に行って症状を聞く

胃腸炎の症状や原因は様々ありますが、自分で吐き気や腹痛を感じた時は我慢せずに病院に行って診察してもらうことが大切です。

診察をして胃腸炎だと診察された時は、医者の指示に従って安静にしていることが大切です。

胃腸炎は下痢や嘔吐などの症状が多いので、バイトをするどころではありませんし、ノロウイルスなどの感染が心配されます。

ノロウイルスは人から人へと感染するので、診察してもらった時には数日間は人との接触をしないように言われます。

もちろんバイトは休むことが条件となりますが、1週間程度は休みをもらった方がいいでしょう。

理由は胃腸炎の感染源がウイルスだった場合、自分がバイトに行くことで他の人に感染させてしまう恐れがあるからです。

特に嘔吐や排泄物から感染しやすく、自分ではしっかりと手を洗っていたとしても、いろいろな所にウイルスをまき散らしている可能性があります。

診察をしてしっかりと症状聞いてから、上司にすぐに報告しましょう。

胃腸炎になって休む時はバイトの上司に相談をする

胃腸炎だと診断された時には、すぐに上司に相談をしましょう。

症状によってはとても働くことができませんし、感染症の場合にはお店から出勤停止の命令を受けることになります。

上司と連絡を取ることによって、随時症状の経過を報告することができます。

バイトを休むのは当然ですが、何日間休むのかは上司が気になるところです。

完全に治してからバイトに復帰して欲しいですが、人によっては症状が落ち着いても体力が回復しないこともあるので、働くには時間がかかることもあります。

また自分が胃腸炎になった時に誰にでも話をしてしまうと、バイト復帰をしても本当に大丈夫か疑われてしまいます。

自分は大丈夫だとしてもウイルスがついている可能性がありますし、もしも他の人が胃腸炎になれば自分のせいにされてしまいます。

情報が必要な人だけに話すようにしたいので、上司にだけ商談するようにしましょう。

バイトを休む期間は胃腸炎の症状によって変わる

胃腸炎だと診断されてからバイトを休む期間は、症状によって変わるので上司と相談をして決めましょう。

ノロウイルスなどの症状であれば、最低1週間は休まなければなりませんし、過敏性胃腸炎などはストレスが原因なことが多いので、また再発する恐れもあります。

下痢や嘔吐を繰り返すようならばいつまでもバイト復帰できませんし、ノロウイルスは下痢が止まってから3日程度は休むことが大切です。

ウイルスが怖いところは潜伏期間があるので、自分ではダイジョブだと思っていても、知らぬ間にウイルスをまき散らす恐れがあることです。

できれば胃腸炎だと診断されれば、1週間以上は安静にして大量も回復させたいところです。

生活が掛かっているからといって早めに復帰をすると、他の人に感染させてしまう恐れもあるので、余裕を持って復帰することが大切です。

症状が治まってから3日は安静にしてから復帰するようにしましょう。

自己判断しないで医師の診察や上司との話し合いが必要

自分が辛い症状の場合にはバイトを休むことを決断できますが、胃腸炎の場合には潜伏期間や強い感染力があることが怖い部分でもあります。

胃腸炎だと診断された時は完全に症状が治まってから、3日程度はゆっくり休むようにしましょう。

まだ体内には胃腸炎の原因となったウイルスが存在しているので、すぐに復帰をしてしまうと他の人に感染させる恐れがあります。

潜伏期間があるので自分が復帰をしてから、3日くらいたってから他の人が胃腸炎を発症することもあります。

自分は関係ないと思っていても、原因が自分にあるかもしれませんし、その時点で他の全員に感染している可能性もあります。

バイトをずっと休むわけにはいかないので、できるだけ早く復活するためにも、しっかりと医師の診察や上司との連絡を取り合っておくことが大切です。

決して自己判断で安易に考えないようにしましょう。

胃腸炎は長引く時もあるので無理をしない

下痢や吐き気の症状が続いたことによって、いつもとは違う腹痛を感じたら、すぐに病院に行って診察をしてもらいましょう。

胃腸炎だと診断されたらすぐにバイトを休むことが大切ですが、もしも無理をして次の日にバイトに出てしまったら、全員に感染させる恐れがあります。

症状の辛さから働くどころではありませんが、胃腸炎は個人差もあるので長引く可能性もあります。

ノロウイルスなどは1週間は確実にバイトを休んだ方がいいですし、過敏性胃腸炎はストレスが要因なので、いつ再発するか分かりません。

胃腸炎ははただの下痢や嘔吐だと思っているかもしれませんが、強い感染力があることが怖いところです。

自己判断で出勤をした時に感染させる恐れもあるので、しっかりと病院の診察を受けてから、バイト復帰の日にちを上司と相談しましょう。

胃腸炎になった時には良い機会だと思って、身の回りをより清潔にするように意識するのもおすすめです。

胃腸炎は無理をしてはいけないので、できるだけ余裕をもってバイトを休みましょう。

 - 業務に関するお悩み