仕事のお悩み解決所

ヘルニアで仕事の継続が難しく、診断書をもらって退職したい方へ

2017.8.31

ものすごく辛いのに、なかなか共感してもらえないヘルニアという疾患。
痛みや痺れがおさまらずリハビリに通わなくてはならない時、仕事をしながらではなかなか厳しく転職や退職を考える人も多いのではないでしょうか。

ヘルニアの診断書だけでは退職できないのでは?そんな不安を解消すべく、ヘルニアによる転職、退職についてまとめました。


ヘルニアでの退職が診断書のみでは認められない時

実は、ヘルニアは人によっては治療や手術をして働いている人もいます。
その為、ヘルニアの診断書を持参したところで、治療すれば良いのではないかと時間をもらうだけの対処が多いのです。

しかし痛みと痺れ、整骨院などではあまりたいした効果が見られず、少し良くなってもまた同じ仕事をしていれば再発の恐怖に怯えなくてはなりませんよね。

腰や首の痛みや手足の痺れなどの症状は、かかったことがない人には決して分からない辛さなのです。

無理をして毎日フルタイムで仕事をしても、帰ったらずっと寝たきり、動けなくなってしまうというのがヘルニアの辛さですよね。

そのままでは確実に悪化してしまいます。
早めにMRIを取って診断書を提出、それと同時に退職が難しければ休職の手続きだけでも取ってみてはいかがでしょうか?

一度休職をしたほうが、異動や退職の希望も通りやすくなりますよ。

ヘルニアでの働き方。診断書があっても退職は難しい

ヘルニアの診断書では、退職が難しいのが現状です。

せめて時短や異動が叶えば楽になるものの、夕方から病院のリハビリに通うことや土日にやっている施設も少なく、やはり働きながら治療していくのは、とても難しいですよね。

会社や人員の都合により、退職までいかずとも休職すら申し出を断られてしまっては、どうすることも出来なくなってしまいます。

そんな時は、せめて朝の出社を遅らせてもらい平日の朝に治療の時間をもらうことや、平日の中の2日間だけでも早退させてもらう曜日を作るなど、自分から積極的に案を出し認めてもらいましょう。

ヘルニアはきちんと治療をしないと、将来動けなくなってしまったり痛みは悪化する一方です。

他人には分からない痛みや不安だからこそ、きちんと訴えかけることが大切なのです。
諦めずに相談し続けてみてください。

ヘルニアで退職するには重度の診断書が必要

ヘルニアには7つの種類があります。

その中でも椎間板ヘルニアが重度になると、転げ回るほどの激痛、腰から足先までの痺れや痛みや感覚の麻痺が起こります。

ここまでいくと仕事どころか日常生活までも、一人ではこなせないほどになってしまいます。

さすがにこの状態の社員を放っておく会社はあまりないと言えます。
重度のヘルニアの症状を理解してもらい、病院で診断書を書いてもらいましょう。

病院で、休職したいと相談しお願いすればそれなりの診断書を書いてもらえます。
そうすることで傷病手当の申請なども楽になりますので、お医者さんに先に言っておくことがおすすめです。

その他、手術が必要でなく治りも早いヘルニアも多くあります。

しかし基本的に絶対安静が必要なことをまず、会社には理解してもらいましょう。
その為には自分が知識を持ち、お医者さんによく相談をした上で、会社にお願いすることが大切です。

会社を休職する時のコツ

ヘルニアによって休職する場合、入院や自宅治療、症状の重さにもよりますが早い方では2週間ほどで復帰、遅い方だと1年ほどかかってしまうこともあり、一概には期間は定められません。

しっかり自分の症状を自覚することが大切で、大丈夫だと過信し腰を動かしてしまうと、すぐに悪化します。

治療に専念し、絶対安静を守れば若い人ならぐんぐん回復に向かうと言っていいでしょう。

痛みを堪えて、会社のみんなに悪いからといって早めに仕事復帰することもやめましょう。
必ず完治してから復帰する。これが鉄則です。

治療により一時的な回復はよく見られるものです。
しかし仕事を続けると痛みは戻ってきてしまいますので、会社の理解が必ず必要です。

異動や雇用形態、働き方を変えてもらうことを検討してもらうのも良いでしょう。
ヘルニアはとても辛いものです、まずは自分が強がらず無理をせず、周りの人に理解をしてもらいましょう。

ヘルニアは放置するのが一番危険です

ヘルニアは、痛みや痺れが少し治まったからという理由や、日によって症状がまちまちであるから軽い日は普通に動ける。などといった油断や過信が、悪化を招いてしまう怖い疾患です。

ひどくなると持病となり、本当に復帰が難しくなってしまいます。

その為無理をせずに、気がついた時にはすぐに休むことが大切です。

退職せざる終えないと感じた時は、会社の都合に関わらず自分の体を第一に考えましょう。
対処が遅れると、日常生活も一人で出来なくなってしまうこともあります。

ヘルニアを甘く見ずにまずは休職に踏み込み、会社に理解を求めることをまず先決すること。
仕事を休めないからといって、無理をすることだけは止めましょう。

仕事が原因であるならばもちろんですが、仕事に原因が無くとも気を使うことはありません。
健康であることがますは一番大事だということを忘れないでください。

 - 退職・休職に関するお悩み