仕事のお悩み解決所

会社の上司から食事に誘われる時の上手な断り方をご紹介

2017.9.5

会社で働いていると上司から気に入られて食事に誘われることもありますが、できれば会社の人とは関わりたくないと思う女性もいるでしょう。

しかし上司なので断り方を間違えてしまうと、仕事に影響しないか心配になるので、どうすればいいか悩んでしまいます。

そこで会社の上司に食事に誘われた時に断り方について紹介します。


会社上司から誘われた時の食事の断り方は彼氏の存在を匂わせる

会社の上司に食事に誘われた時の効果的な断り方としては、常日頃から彼氏の存在を匂わせておくことが大切です。

上司は会社での姿しか見ていないですし、なかなかプライベートなことまでは把握できないものです。

また立場を利用すれば若い女性とも気軽に話せると思っているので、食事くらいなら一緒に行ってもらえると思っているのかもしれません。

女性からするとあくまでも上司だから話をしているのに、なぜプライベートな時間まで一緒にいなければいけないのか分からないでしょう。

上司から食事に誘われた時には、はっきりと彼氏の存在を伝えて断ることが有効な断り方のひとつです。

そのためにも普段から彼氏がいることをアピールしておくことで、食事にすら誘いにくくすることができます。

彼氏がいるのに誘ってくる上司は遊びの可能性も高いので、見極めるためにも彼氏がいることを普段からアピールしておきましょう。

会社上司への食事の断り方はアフターファイブの忙しさを伝える

仕事が終わってから自分磨きや女子力アップのために、いろいろな習い事をしている女性も多いです。

そのため会社が終わってから食事に誘われても行くことができないですし、断る理由にもすることができます。

会社の上司は職場での姿しか見ていないので、仕事が終わったら時間が空いていると思っています。

そのため食事に誘ってもらった時の断り方としては、食事には行きたいけれども習い事で忙しいと伝えて断ることができます。

女性ならばスポーツジム、料理教室、ヨガなど習い事はたくさんありますし、どれも気軽に始められるものばかりです。

そのため仕事終わりには毎日教室に通っていることを伝えれば、食事に誘われることもなくなるでしょう。

逆に上司にスポーツジムなど行くことを誘ってみれば、嫌々食事を断っているようには思われないでしょう。

あくまでもアフターファイブが忙しいということを伝えることで、相手に悪い印象を与えることなく断ることができます。

食事の断り方として会社以外の人との約束があると伝える

上司にとっては会社で仕事の話をすることが多いので、自分との距離をもっと近づけたいという気持ちから食事に誘おうと思っているのでしょう。

職場ではどんなに話をしても、あくまでも仕事仲間なので距離を縮めることはできません。

上司と言えども気に入った女性がいれば口説きたいと思うのは仕方がないことなので、食事に誘う時も意を決して誘っているはずです。

しかし普段の上司との関係性からプライベートな時間まで一緒にいたくないと思えば、断りたいと思うのは当然です。

いくら上司でも相手からの好意を無下に断ることもできないですし、仕事に影響するかもしれないので悩んでしまいます。

そこで上司からの食事の断り方として、会社以外の人と約束があるので断ると伝えましょう。

プライベートなことまで話すことはないですし、他にも誘われている人の存在を匂わせておけば、諦めてくれる可能性も高くなります。

忙しい時にワザとこちらから誘ってみると断りやすくなる

会社の上司が何度も食事に誘ってくれているのに、毎回断っていると心苦しく思ってしまいます。

しかし一度食事に行ってしまえば関係が続いていく可能性もありますし、根本的に上司と食事に行くこと自体が嫌だと思っているので断り続けたいと思います。

そこで上司からの食事をの上手い断り方としては、逆に上司が忙しい時にこちらから誘ってみましょう。

仕事が忙しい時期や休みの日など、上司が忙しい時を狙って軽く誘ってみます。

そうすれば行く気はあるけれどもタイミングが合わないから断り続けていると言えるので、上司との関係性も悪くなることはないでしょう。

何度も食事に行くのを断ってしまうと決まづく思ってしまいますが、忙しい時期を狙って誘うことによって対面を保つこともできます。

そのうち上司も諦めてくれるので、それまで仕事にも支障がでないように気を遣うことも必要です。

家族の予定や習い事など知られることのない理由で断る

会社の上司と言ってもプライベートでは男性と女性の関係性になるので、自分が食事に行きたくないと思えば無理をしていく必要はありません。

上司は会社の立場を利用していることもあるので、無下に断ってしまうと仕事もしにくくなってしまうでしょう。

上手な断り方としては、上司を傷つけずに仕方なく断っていることをアピールすることが大切です。

そのためには家族との予定は自分の習い事など、上司には知られることのない理由で断る方が無難です。

気になる相手に誘われた時には、ちょっとくらいの予定ならばキャンセルして付き合いますが、興味のない相手ならば予定を無理やり作ってでも食事を断るでしょう。

ずっと断られ続ければ上司も気がないことに気づいてくれるので、それまでは仕事に支障がないように上手く断ることが大切です。

会社での人間関係を悪くしないためにも、相手を傷つけずに断れある理由を考えておくことも必要なのかもしれません。

 - 上司に対するお悩み