仕事のお悩み解決所

みんなどうしてる?学生バイトのいろいろな期間の平均を解説

2017.9.4

学生の時に空いた時間を使ってバイトをしたいと思う人も多いですし、生活費や遊びのためにバイトをしている人もいるでしょう。

バイトをしている学生はたくさんいますが、他の人のバイト事情や考え方を知ることは少ないので、バイトに明け暮れていると不安に思うこともあります。

そこで学生バイトをしている人のいろいろな平均的な期間について紹介します。


バイトを辞めるまでの平均的な期間は半年から1年

学生バイトで1つのバイトを辞めるまでの期間は、平均すると半年から1年程度になることが多いようです。

1つのバイトなので大学生のうちにずっと同じバイトをする人もいれば、いろいろなバイトを掛け持ちしながら働いている人もいるでしょう。

できれば同じバイトを続けたいと思いますが、バイト中心のお店だと責任も多くなったり、思ったようなシフトが組めないなどの不満が出てくるものです。

長くいるほどお店の事情も分かってきますし、シフトに関しても協力するのが当たり前になるので、バイトはやりたくても働きにくくなっていくことが多いです。

それでもキリのいい所で辞めたいと思っているので、季節の変わり目やイベントに合わせて辞める人も多いです。

夏にバイトを始めたら、冬には学年も上がるのでキリ良く辞めたり、去年の夏のことを思い出して、次は他のバイトをしたいと思って辞める人もいるようです。

辞める時はキリの良い期間で辞めたいと思う人が多いようです。

バイトを辞めてから次のバイトを探すまでの平均期間は1ヶ月

同じバイトをずっと続けたいと思っても、いろいろ不満が募れば他のバイトを探したいと思います。

バイトを辞めてから次のバイトを探すまでの平均的な期間は、約1ヶ月程度が多いようです。

これは2つの理由があり、1つ目はバイトを少し休んでゆっくりするために、1ヶ月くらいはバイトをしないで遊びたいという気持ちがあるようです。

2つ目はバイトを辞めてからゆっくりして楽しんでいたのに、バイトをしていないことでお金が足りなくなってしまいます。

バイト代も当然入らないのでお金が欲しいと思うようになり、バイトを本気で探すようになります。

バイトを探すきっかけはゆっくりしたいか、お金が足りなくなって探すかのどちらかが多いようです。

学生バイトは探せばすぐに見つかるので、後は自分の条件に合ったバイトを見つけるだけなので、それほど焦って探さなくてもいいと思っているのかもしれません。

バイト期間中に週に働く平均的な日数は3日間

学生が1週間でバイトをする平均的な日数は3日間になるようです。

しかしこれにはカラクリがあり、毎週3日間働いているとは限りません。

学生はテスト期間中もありますし、授業によってはバイトに行けない時もあります。

また急に遊びや学校の課題などの予定が入ることも多く、安定して毎週働けるという学生は少ないでしょう。

そのため土日の2日間はバイトをして平日は働かない人もいれば、学校が終わってから平日5日間バイトを毎日する学生もいます。

そのため自分のスタイルに合わせて働けるバイトを探すことが重要ですが、それだけ人によって働き方は違っています。

そのため平均することが難しいですが週に4日間ほど働いて、予定があれば休みをもらいながら働いている人が多いようです。

そうなると平均すると週に3日間ほどになりますし、休みをもらう時はある一定の期間だけまとめもらうことも多いようです。

自分がバイトで稼ぎたいと思っている平均的な金額は10万円

学生バイトは働き方は様々ですし、実際にバイトをして稼ぎたいと思っても、授業や課題があるので難しい時も多いです。

それでもバイトをしている期間中に稼ぎたいと思っている金額の平均は、10万円が平均的な金額になるようです。

学生のバイトで10万円はかなりの金額ですが、あくまでも稼ぎたいと思っている金額なので、実際には6万円程度のバイト代が多いようです。

どうでバイトするならキリの良い数字まで働きたいと思っている人も多く、10万円あればいろいろなことに使えるので気持ちも軽くなります。

学生時代は勉強だけでなく遊ぶことも充実させたいので、お金はいくらあっても足りないと思う人もいます。

バイト代をそのまま使える学生にとっては、10万円が使えるお金となれば優雅な学生生活が送れるので、キリ良く10万円までバイトで稼ぎたいと思っている人も多いようです。

バイトが合わないと感じてから辞めるまでの平均は1ヶ月

バイトをやってみたのはいいけども、実際に働いてみてから自分には合わないと思うこともあります。

学生がバイトをやってみて、自分には合わないと思ってから辞めるまでの平均的な期間は1ヶ月ほどです。

これはバイトと言えども責任感を持っている人が多いので、バックレたりすぐに辞めることをしないようにする人が多いためです。

働いたばかりで合わないと思っても、少し様子を見て頑張ろうとしますが、結果的には合わなくて辞めてしまいます。

しかし辞めるまで頑張ろうと努力しますし、辞めると伝えるまでしっかりと働く姿勢を見せることも大切だと思っているのでしょう。

退職1ヶ月前とはいきませんが、1週間ほどして辞めたいと思った時には、今月いっぱいで辞めたいと願い出る人が多いようです。

バイトは働いてみないと続くかどうかも分かりませんが、合わないバイトでもバックレる学生もいないので、しっかりしている考えの人が多いと言えます。

 - 会社に対するお悩み