仕事のお悩み解決所

台風で仕事を早退しなければいけない時にやっておくべきこと

2017.9.13

台風が直撃する時は誰でも仕事に行きたくないですし、早く帰りたいと思うものです。

しかし台風だからといって仕事を早退する訳にはいきませんが、状況によっては早く帰ることもあります。

その時は嬉しく思うかもしれませんが、仕事が終わっていなければ結局は後で自分が大変な思いをするだけです。

そこで台風によって早退をする時にやるべき事について紹介します。


台風で仕事を早退したい時は早出をして仕事を早く終わらせる

台風によって仕事を早退しなければいけない状況もありますが、状況によっては早く帰りたいと思うことも多いでしょう。

特に帰りの時間帯に強い台風が直撃をするのであれば、会社としても社員の安全を考えて仕事を切り上げて早退させることはあります。

台風が帰宅時間に直撃予想だと早く帰りたいと思いますが、早退できるかは会社の判断になります。

もしも早退するとなれば仕事が終わらないので、納期がある仕事があれば結局帰ることはできないかもしれません。

そこで台風の直撃が分かっているのであれば、朝に少し早出をして仕事を早めに終わらせる段取りを組んでおきましょう。

台風が来ることは数日前から分かっているので、仕事の納期や仕事量を考えれば、仕事をどれだけやっておけば支障がないかも分かるはずです。

台風による被害は何がある分からないので、朝早く出社して段取りを組んでおけば、臨機応変に対応することもできます。

台風によって仕事を早退したくても上司の指示があるまでは待つ

台風の直撃によって退社時に危険な状況になりそうでも、上司の指示があるまでは仕事に集中しておきましょう。

自分から早退したいと言っても、本来は仕事をしていなければいけないので、無駄なことを考えていないで仕事をしろと言われるだけです。

日本では何度も台風の被害を受けていますが、インフラがある程度整備されているので、家に帰れないということにはなりません。

よほどの大雨で冠水したとしても、家に帰ることはできるでしょう。

しかし会社側とすれば社員の安全を考えて、帰宅ラッシュ時に台風の直撃があるのであれば、社員に早退の指示を出すはずです。

もちろん仕事の兼ね合いもありますし、台風の直撃と言っても数時間待てば状況が良くなることも多いので、あまり気にしない人もいるでしょう。

台風で早退をしたいと言っても日本では何回も被害を受けることが多いので、台風ごときで早退と言っても受け入れてもらえません。

会社や上司からの指示があるまでは、自分からは早退したいと言わない方がいいでしょう。

仕事は台風でも早退できないことが多いので翌日の仕事までやる

台風が直撃したと言っても会社にいれば安全ですし、仕事があるのでなかなか早退することはできません。

また台風は数時間経てば抜けてしまうことも多いので、酷い暴風雨でも数時間待機していればある程度おさまることが多いです。

そのため危険だからといって会社を早退するよりも、会社に残って台風が通り過ぎるまで待つのもひとつの方法です。

早退したところで仕事が終わっていなければ帰れませんし、早退できたとしても翌日の仕事が辛くなるだけです。

それならば台風が過ぎ去るまで明日の仕事の段取りをしておけば翌日の仕事は楽になりますし、もしかしたらその分は遅出の出勤が認められるかもしれません。

台風が直撃した時は安全を考えて早退することもひとつの方法ですが、会社が安全であるなら台風が過ぎ去るまで待つのもひとつの方法です。

残っている時間を使って翌日の仕事をしておけば、次の日は楽になるのでおすすめです。

早退する前に仕事の段取りをすべて確認しておく

台風の直撃によって会社から早退する指示があれば、帰る前に仕事の段取りをすべてチェックしておきましょう。

本来ならば本日中にやるべき仕事があるはずですが、明日に仕事がずれ込むことになります。

もし本日までの納期の仕事があった時に、台風のことで頭がいっぱいになっていて忘れてしまうと、関係者に迷惑をかけてしまいます。

台風だからといっても仕事には影響がないようにしなければいけないので、早退する前には仕事の段取りをしっかりと確認しておくことが大切です。

特に台風による被害が出てしまうと、翌日以降も平常の仕事ができない可能性もあるので、関連会社との連絡を取ることも必要です。

自分の仕事の段取りをすることも大切ですが、翌日以降の仕事や関係会社との段取りもしておくことによって、台風の影響を最小限に抑えることができます。

台風で早退するなら翌日は早く出勤をして穴埋めをする

強い台風の影響によって交通機関に乱れが生じる恐れもあるので、社員の無事を考えて早退させる会社も多いです。

社員とすれば早退することで無事に家までたどり着くことができますが、仕事がしっかりと終わっているかはまた別な話です。

社員の体調を優先する素晴らしい会社ですが、仕事もしっかりとやらなければいけないのは当然です。

早退することによって仕事が中途半端に終わってしまったのであれば、翌日は早出をして出勤をしましょう。

特に会社からは指示がないかもしれませんが、前日に早く帰ったのであれば、翌日はその分だけ早く出勤してもバチは当たりません。

しかも自分の仕事が中途半端になっているのであれば、尚更早出をしてすぐに対処する必要があります。

前日の仕事は翌日には持ち込まないのが基本なので、早退をした分の仕事は早出をしてカバーする意識を持つことをおすすめします。

 - 業務に関するお悩み