仕事のお悩み解決所

上司から謝罪のメールが来た!返信する時に気をつける事とは

2017.9.19

仕事で上司と対立をしてしまった時に、上司から後で謝罪のメールが来た時に、どうやって返信すればいいか悩んでしまいます。

あきらかに上司の理不尽な態度で対立したり、自分のミスを指摘された言い方に怒ってしまったりと、喧嘩をしてしまった理由は様々です。

もしも上司から謝罪のメールが来た時には、どのようなことに気をつけて返信すれば良いのでしょうか。


上司から謝罪をされた時は気にしていない素振りで返信する

上司からの謝罪メールが来た時には、できるだけ喧嘩をしたことを気にしていない素振りを見せるようにしましょう。

わざわざ上司が謝罪をしてくれたのは、明日からの仕事に影響があると困るので、大人の対応をしてくれた可能性が高いです。

自分も本来ならばどんな理由があっても上司と喧嘩をすることは辞めた方がいいですし、自分にとってあまりメリットがありません。

自分が正しいと思っていても我を通そうとすれば、対立する人は必ず出てくるものです。

上司と喧嘩をしてしまったことによって明日からの仕事に影響がないようにすることは、自分にとっても大きなメリットになります。

そのため上司が謝罪をしてくれたことに対して、上司がいくら悪いと思っていても、気にしていないというような内容で返信しましょう。

お互い形だけでも謝ることができれば、仕事に支障も出ないはずです。

上司にメールで謝罪をされたらすぐに返信を折り返す

会社組織の中ではどんなに無能な人でも、上司であれば言うことを聞かなければなりません。

無能と言っても会社が認めた人材なので、部下はいろいろ不満があっても、会社で働く以上は文句を言くことはできないのです。

しかしいくら上司だからといっても、理不尽な指示や命令をすれば、部下と対立したり喧嘩をすることもあります。

上司も部下に反抗されたら怒るので、余計理不尽な命令を出してしまう恐れもあります。

しかし上司となれば仕事に影響がないように考えるので、部下に対しても謝罪をしてくれる人もいます。

本来ならばどんなに上司が悪いと思っていても、部下から謝罪をすることが暗黙のルールとなっています。

それなのに上司から先に謝罪のメールが来た時には、とにかくすぐに返信をしましょう。

できれば「ちょうど今自分から送ろうと思っていました」などと付け加えて謝罪メールに返信すれば、上司との仲も回復させることができるでしょう。

返信する時は上司が謝罪をしているので言葉遣いに気をつける

上司から謝罪が来た時は、返信する時の文言や文面には十分注意しましょう。

はっきり言えば上司から謝罪のメールが来ること自体が違うと考える人も多く、どんなに上司が悪いと思っていても自分から謝罪するのが常識だと考える人は多いでしょう。

上司とすれば謝罪の言葉がないので、仕事に影響があることから大人の対応をしてくれたと言えます。

自分が謝罪すれば解決すると思っていますが、心の中ではなぜ謝罪してこないのかと思っているでしょう。

上司が理不尽な命令や指示を出すことに反抗して喧嘩をしてしまった時に、上司への返信には本音を書いたり言葉遣いを間違えると、関係が悪化する可能性もあります。

上司への謝罪メールの返信に「許します」「ぶっちゃけ」などという言葉遣いを使えば、自分が常識がないことを露呈するばかりか、上司を怒らせる可能性もあります。

あくまでも社会人同士として、大人の対応をすることを意識しましょう。

今後の事を考えると怒っていても許す気持ちが大切

いくら上司に怒ったり嫌いになっても、仕事では必ず関係しなければいけないので、できるだけ対立しないようにすることが望ましいです。

もしも上司と喧嘩をした時に謝罪のメールをもらったら、許す気持ちを持って返信しましょう。

友達ではなく仕事だけの付き合いなので、上司を嫌いでも別に構いませんし、完全い仲直りしなくても問題はありません。

しかし上司と対立して困るのは自分の方なので、上司は別に無視をされても何も困らないでしょう。

上司が大人の対応をしてくれているのに、自分は上司が許せないと思っていれば、関係はどんどん悪化していきます。

上司が謝罪をしてきた時は素直に受け入れて、尚且つ自分からも上司と喧嘩をしてしまったことに対して謝罪をしましょう。

友達同士が仲直りするのとは違って、仕事に支障が出ないようにするために謝罪をすると考えれば、上司に怒っていても許す気持ちを持って対応することができるはずです。

上司が謝罪をする前にこちらからメールする気持ちも必要

本来ならば上司と喧嘩をした時には、真っ先に自分から謝罪をしに行くのが筋です。

どんなに上司が理不尽で納得できなくても、会社で働いている以上は上司に逆らえません。

そのため自分が正しいと思っていても、上司と喧嘩をしてしまったこと自体を反省し、すぐに謝罪するべきです。

それなのに上司から謝罪のメールが先に来てしまった時には、返信する時に自分からも謝罪メールを送ろうと思っていた旨を伝えましょう。

お互いが折れることによって関係も悪化することなく、仕事に支障が出ないように大人の対応をすることができます。

はっきり言えば上司がいくら理不尽な命令して怒ったとしても、自分の態度に対して上司の方が怒っている可能性が高いです。

自分の行動は社会人としての常識や暗黙のルールが分かっていないので、怒られても当然のことをしています。

そこを上司が謝罪メールを送ることで、関係を悪化させないように対応してくれたので、感謝した方がいいのかもしれません。

納得できない時は喧嘩をすることもあるかもしれませんが、自分から謝ることや大人の対応をすることも大切です。

 - 上司に対するお悩み