仕事のお悩み解決所

公務員の仕事は民間企業に比べて楽だと言われる理由

2017.9.19

公務員の仕事は民間の企業に比べて楽な仕事なので、ストレスも溜まらず羨ましいと思われています。

もちろん公務員も大変な仕事もありますが、実際には民間の会社に比べて楽に思えることも多々あるので、公務員は楽だと思われてしまう部分もあるようです。

そこで公務員の仕事が楽に思われる理由について紹介したいと思います。


公務員の仕事はノルマがないので楽な仕事だと思われている

公務員の仕事が楽だと思われる理由のひとつに、仕事へのノルマがないことが楽に思われる要因となります。

民間の会社では毎月の売り上げノルマや利益を求めていかなければいけないので、仕事では身を削ってストレスも溜まる思いをしながら必死でノルマと戦うこともあります。

ノルマが達成できなければ自分の給料に関わってくるので、生活のためにも必死にならざるを得ない業種もあります。

そのため公務員のようなノルマのない仕事は、楽だと思われてしまうのは仕方のないことです。

どんなに公務員の仕事が大変だと言っても、ノルマのある仕事の方が精神的にも肉体的にも負担が大きいので、楽に思われてしまいます。

ノルマがない民間企業はなく、毎月の売り上げが悪くなれば父さんする可能性もあるので、働く人はすべて利益を求めて仕事をしています。

公務員とは働く姿勢が違うので、楽だと思われてしまうのです。

仕事ができなくて公務員はクビにならないので楽に思われる

公務員は職を保証されているので、仕事ができなくても景気が悪くてもクビになることはありません。

国が亡くならない限り職も失わないという安心感から、仕事がなくなることはないので、仕事に対する必死完も違います。

民間企業では仕事ができなければクビになることもありますし、上司からの当たりが厳しくなるので、自ら辞めたいと思うこともあるでしょう。

結果的に自分から転職を望もうと思うのは、厳しい環境に追い込まれるからです。

公務員は仕事がなくなることはないので、仕事に対するモチベーションも違いますし、余裕を持って仕事に取り組むことができます。

仕事ができなければ頑張ってスキルアップしなければいけませんし、元々スキルや資格がなければ希望の仕事に就くことができないことも多いです。

そのため常に仕事に対するモチベーションを高く持たなければいけないので、公務員のように安心感を持って仕事ができると楽に思われてしまいます。

公務員は定時になったら帰れるので楽な仕事に思われる

公務員の仕事はお役所仕事だと言われることが多いですが、時間になると仕事が終わるので楽に感じられます。

朝9時から夕方の17時までが定時だとすれば、公務員は時間になれば帰れると思っています。

イベントや忙しい時期を抜かせば、実際に定時で帰れることが多いので、お役所仕事は楽に思われます。

理由としては残業をすればそれだけ税金から残業代が払われるんで、無駄な残業代を払わないようにしているのです。

民間企業のようにサービス残業はないので、残業すればそれだけ残業手当をもらうことができます。

残業ばかりして給料が多くなると、国民からはただでさえ多くもらっているのに、残業代がもらえない民間会社もあるのに不公平だという苦情が出てきます。

そのため定時で帰ることがノルマとなりますし、実際に定時で帰れるので仕事も楽に思われるのです。

仕事のためにスキルアップをしている人は少ない

公務員の仕事は特別難しいスキルを必要としないので、ある程度の一般常識や知識ができる仕事が多いです。

公務員になるためには教養が必要ですが、試験をクリアして公務員になった後は、仕事を覚えて毎日こなすだけになります。

民間の会社のようにイノベーションを求められたり、個人のスキルアップを目指して会社を大きくしようとすることもありません。

そんためスキルアップを目指す人もいないので、公務員になってしまえばそのまま一生安泰だと思われてしまいます

実際に仕事をしていれば慣れてしまいますし、定時で帰れる仕事も多いので、民間に比べても楽な仕事が多いです。

しかも生活も安定しやすいので、ストレスも少なく働きやすい環境と言えるでしょう。

毎日数字やノルマに追われている仕事に比べれば、はるかに楽な仕事だと言われても仕方がありませんし、実際に楽な仕事が多いです。

公務員は役所仕事なので臨機応変さがなく利益を求めないので楽

公務員は自分が与えられた仕事を黙々とこなせばいいので、職種によっては楽な仕事だと思われます。

公務員と言っても警察から市役所など幅広い職業があります。

警察の仕事が楽だと思う人は少ないですが、役所の仕事は楽だと思う人は多いでしょう。

実際に職員の仕事ぶりが見えるので、黙々と仕事をしながら定時になったら終わりという仕事に、多くの人は羨ましいと思います。

民間会社の仕事では利益を求めるために臨機応変に対応しなければなりませんし、残業をしてでも毎日の仕事をしなければなりません。

サービス残業が当たり前の仕事にとって、定時で帰れるだけでも羨ましいと思うでしょう。

役所の仕事は臨機応変に対応してもらえず、マニュアルに従って仕事をしているように思われるので、長い時間待たされるとイライラします。

融通が利かないことも多いことから、役所仕事は楽なうえに臨機応変さがなくてもマニュアルに従っていればいいと思われるので、楽な仕事だと思われてしまいます。

公務員の仕事は楽な仕事ばかりではないですが、時間内に必死に働いているので、業種によって違いは大きいので楽に思われる仕事も多いようです。

 - 業務に関するお悩み