仕事のお悩み解決所

研修期間で退職したい!電話で伝える時の注意点

2017.9.18

会社の研修期間中にやむを得ず退職したいと思うこともありますが、退職する時には電話で連絡をすることもあります。

本来ならば直接退職する意思を伝えることが望ましいですが、退職理由として一身上の都合で通せば退職させてもらえるでしょう。

そこで研修期間中に電話で退職する意思を伝える時の注意点について紹介したいと思います。


研修期間で退職する時は明確な意思を電話で伝える

会社に入社するために研修期間まで頑張ってきましたが、いざ働いてみると自分の思っていた会社とは違うと感じることもあります。

また急な体調不良や身内の問題など、仕方ない状況によって退職せざるを得ないこともあるでしょう。

本来ならば研修期間中でもその会社の社員としてみなされるので、直接会って退職することを伝えるのが常識となります。

しかし諸事情によって直接伝えることができなければ、電話での退職をお願いすることになります。

電話で退職する意思を伝える時の注意点としては、明確な意思を持って退職することを伝えるようにしましょう。

会社側もできれば引き止めたいと思っているので、電話で説得したり退職までの期間を長引かせて考えを改めさせようとするかもしれません。

電話では相手の顔が見えないので、言葉で明確な意思を伝えるために、はっきりと退職したいとお願いしましょう。

研修期間中に電話で退職する意思を伝える時は時間帯に気をつける

研修期間中に退職することを決意した時は、電話で連絡する時の時間帯にも気をつけましょう。

自分は研修期間中といっても普通に会社は業務をしているので、忙しい時間帯に連絡するのはよくありません。

社会人になると相手の会社へ連絡する時に、忙しい時間帯を避けて連絡することが常識となっています。

始業が9時ならば業務の段取りや準備をするので、8時30分から10時頃までは忙しく動いているはずです。

ようやく仕事が手についてきた時を避けるのであれば、お昼前の11時から11時30分頃に連絡するのがおすすめです。

退職することを話すので、相手もしっかりと事情を聞きたいと思うはずなので、少し時間が掛かることもあります。

お昼の時間に掛からないようにするためにも、11時過ぎに連絡することをおすすめします。

午後に連絡する時には14時から16時の間に連絡すれば、業務も落ち着いているので連絡しやすい時間帯となります。

電話で退職する意思を伝えた後は研修期間で必要な物を返却する

会社を退職する時には必要書類を提出しなければいけないので、例え研修期間中であってもしっかりと対応しなければなりません。

電話で退職する旨を伝えたのであれば、その時に退職する時に必要なことを聞くと良いでしょう。

後日会社に郵送すれば手続きを完了させてくれる会社も多いので、最期までしっかりと対応することが大切です。

会社によって詳細は変わりますが会社に送る書類として、退職届、健康保険証、IDカード、制服など備品、名刺などがあります。

研修期間中でも社員と同じように支給されているので、速やかに返却しましょう。

返却する時には会社の規定があるかもしれませんし、書類を書くこともあるかもしれないので、しっかりと確認することが大切です。

逆に会社から返却してもらわなければいけない物もあるので、連絡が取りやすい番号を教えておきましょう。

退職する時にはお詫びの気持ちを伝えることも大切

会社にとっては研修期間中でも社員が退職することは、とても残念なことです。

これからの会社を支えてくれる社員が減ってしまうことで、新たな人材を募集しなければならないかもしれません。

また退職することによって手続きも面倒ですし、他の社員との調整など様々な問題もあります。

社員が1人抜けるだけで想定していた予定を変更することもあるので、会社にとっては大きな痛手となります。

そのことを踏まえて研修期間中に退職するのであれば、電話で会ってもしっかりとお詫びの気持ちを伝えることが大切です。

辞めるから関係ないという態度ではなく、社会人としての常識を持った態度で連絡しましょう。

自分にとって退職は大きな決断でもありますが、どんな理由であれ会社対しては信頼を裏切る形になってしまいます。

最後まできっと説明をしてお詫びを込めて退職する意思を伝えるようにしましょう。

研修期間中に退職する時は社会人としてのマナーを守る

会社へ何とか採用されたいと思って頑張ってきたのに、研修期間中に退職したいと思ってしまった時は、自分でも失敗したと後悔するでしょう。

しかし時間の無駄ではなく自分にとって大きな経験となるので、新たな会社で経験を活かすようにしましょう。

研修中に退職したいと思った時には、本来ならば直接会って退職する旨を伝えることが常識です。

しかし諸事情によって電話で退職することを伝える時には、社会人としてのマナーを守って連絡しましょう。

電話を掛ける時間帯やはっきりとした退職理由など、申し訳ないという気持ちを込めて真摯に対応することが大切です。

また退職する時には必要書類や物など返却しなければいけないので、スムーズな対応が求められます。

辞めるから関係ないという態度は、後に自分の社会人としての評価を下げることになるので、最期までしっかりと対応して退職することを意識しましょう。

 - 退職・休職に関するお悩み