仕事のお悩み解決所

研修期間中に退職した時の職歴の書き方のポイントとは

2017.9.21

研修期間中に退職してしまった時には、職歴にはどのように書けばいいのか悩んでしまいます。

研修期間と言っても会社に入社して働く意思があったので、例え研修期間中の短い期間で辞めたとしても、働いたことには変わりないので職歴として認められるはずです。

そこで研修期間中に退職してしまった時の職歴の書き方のポイントについて紹介します。


研修期間中に退職したことを職歴に書かなくてもバレない

研修期間中に退職してしまった時には、職歴に記載しなくてもほとんどのケースではバレることはありません。

もっと言えば職歴を偽装しようと思えば、やっていないような仕事でもやったと書くことはできますし、やった仕事でも記入しなければ相手にバレることはないでしょう。

職歴でバレてしまうのは身元を確認する時に調べられたり、自分の口からつい嘘をついていたことをバラしてしまうことが多いです。

そのため研修期間中に退職してしまった時のことを自分の職歴に載せなくても、特に影響がないと考える人は多いでしょう。

少しでも職歴を多く見せたいと思ったり、職歴が少ないために書きたいと思ったら、研修期間も記載した方がいいと考える人もいます。

本来ならばバレることはありませんが、もしもバレてしまった時のことを考えると、記載しておいた方がいいのかもしれません。

研修期間中に退職したことを職歴に記載しなければ職歴偽装になる

職歴に関しては自分で判断をして記入するので、研修期間中に退職したことを記載しないこともあるでしょう。

自分ではあまりにも働いていた期間が短いので、自分の評価がマイナスになってしまう可能性を考えて書かなかったのかもしれません。

しかし研修期間中と言えどもその会社で働いていたことは事実ですし、実際に保険や年金の手続きなどもしていれば、バレる可能性もあります。

職歴には記載していなくても、保険や年金などの事務手続きをする時に、前職の情報が重要になってきます。

いつ退職したのかも重要ですし、分からないことがあれば前職の会社に連絡するかもしれません。

その時職歴に偽装があると採用されたとしても悪い印象を受けてしまいますし、最悪なケーズでは職歴偽装で退職させられる可能性もあります。

万が一のことを考えると、研修期間中のことでもしっかりと記載しておいた方がいいと言えます。

職歴に研修期間で退職したことを書かなくても伝えれば大丈夫

職歴に研修期間中に退職したことを書くのを悩んだ時には、面接の時に伝えるようにしましょう。

前職で研修期間中に退職すれば、事務手続きなどでバレてしまう可能性が高いですが、前職以外でしたらあまりバレる心配は少ないでしょう。

しかし一応自分の中で伝えておいた方がいいと思った時には、面接の時に数週間だけ研修期間として働いていたことを伝えましょう。

面接の話の流れで伝えることによって、その時の仕事内容やなぜ辞めたかまで話すことになります。

特に研修期間に退職することは、会社側にとっても興味深いことなので、本人からなぜ辞めたのかを聞きたいでしょう。

もし採用しても研修期間中に辞められたら大きな痛手となってしまうので、採用する時のポイントになるかもしれません。

退職するのに相当する理由であれば堂々と話せばいいので、隠さず面接の時に話をしても良いでしょう。

研修期間のことを記載しなくても期間が短いので許されやすい

研修期間中に退職したことを職歴に記載していなかったとしても、多くの会社はそれほど気にすることはないと言ってくれるでしょう。

実際に面接の時に職歴を見るのは、前職までどのような仕事をしていたのかをチェックするためなので、研修期間中のスキルはほとんど関係ないと言ってもいいでしょう。

そのため職歴に記載漏れがあったとしても、研修期間中のことであればほとんど気にすることもありません。

面接時に話の流れで研修期間中に退職したことを話すのであれば、自分から断りを入れて伝えればいいでしょう。

どの会社の研修期間中に退職したのかを気にするよりも、実際にどんな職歴があってスキルを持っているかが重要なので、研修期間中のことは期間も短いので記載しなくても許されるでしょう。

同じ系列の会社に入社しようとする時は、必ず記載しておいた方がいいので、後でトラブルになる前にしっかりと書いておいた方がいい時もあります。

不安になるなら初めから素直に記載していた方が安心できる

実際に自分が面接を受けるために職歴を記入する時には、研修期間中に退職した理由について聞かれるので不安に思ってしまいます。

退職するのに相当する理由があればいいのですが、職場の雰囲気や自分には合わないと感じたから辞めたのであれば、マイナス評価になってしまう可能性もあります。

どこの会社でも入社してみなければ雰囲気など分かりませんが、それでも働き続けることで慣れてくるものです。

実際にこれから受ける会社の職場環境も、自信を持っていいとはいえないかもしれません。

だからこそ自分でマイナス評価をされないように、研修期間のことは職歴を書かないようしますが、不安材料は多いと言えます。

研修期間中に退職したからといって採用に響くことはありませんが、印象を悪くしないための小細工をして、不安なままで面接を受けるのは良くありません。

職歴は自分の歩んできた道でもあるので、堂々と記載してはっきりと退職理由も伝えた方がスッキリするはずです。

始めからすべてしっかりと記載すれば余計な不安はなくなるので、全力で就活に臨むことができるはずです。

 - 退職・休職に関するお悩み