仕事のお悩み解決所

仕事を休むことに罪悪感を感じる。そんな気持ちを振り切る方法

2017.9.22

仕事をズル休みしてしまった時、襲ってくる職場の仲間に対する罪悪感。
そんな仮病を使ってズル休みをしてしまった時に、襲われる罪悪感から乗り切る方法はどんなものなのでしょうか。

仮病を使ってまで休みたかったのであれば、そこには何か原因があることでしょう。
なんとか自分を正当化することで、仕事を休む罪悪感に打ち勝つ方法をまとめました。


仕事を休む罪悪感に襲われた時

仮病を使って仕事を休むことに成功をしても、後から襲ってくる罪悪感のせいでせっかくの休みが心の休まるものではなくなってしまうのはもったいないですよね。

ただのズル休みにも、なんらかの理由があるものです。
職場に馴染めなかったり上司に嫌がらせをされていたり、人間関係がうまくいっていないことや、仕事がうまくいかず悩んでいたりと社会人には休息が必要な時もありますよね。

そんな束の間の休息を得ることが出来たのであれば、せっかくなら休みをしっかり心ゆくまで満喫したいと思いませんか。

休んだ瞬間襲いかかってくる罪悪感は一度忘れて、ゆっくり休みを満喫しましょう。
それにはいくつかの心構えと、対策が必要なのです。

では、そんな罪悪感を消す方法とはいったいどんな行動なのでしょうか。
色んな職業に就く社会人の経験談からまとめてみました。

罪悪感を取り払う。仕事を休む理由を正当化する方法

仕事を仮病で休んだ罪悪感を消すためには、休んだ理由を正当化する必要があります。

たまには目まぐるしい仕事生活から逃げ出すことも必要です。
毎日ストレスと戦っていては、心も体も疲労で本来の力を発揮することが難しくなるものです。

自分の心と体を休ませる必要があったのだと開き直る気持ち、翌日からはいつも以上に頑張ろうという意気込みが生まれれば、ズル休みにも意味があったのだと感じることができます。

そもそも休みたいと仮病を使いたくなったのには、自分以外のなにか原因があったのですから仕方がなかったと思いましょう。

自分がこの先仕事を続けていく上で、重要な休みだったと思えるように思い切り休みを楽しむことが大切なのです。

みんな何かそのような自分なりの息抜きをして、毎日頑張って働いているのです。
罪悪感を感じる必要はないのだと、開き直りましょう。

罪悪感に襲われて仕事を休むことができない時の考え方

どうしても仕事に行きたくない、しかしズル休みは罪悪感があるので出来ないという時。

確かにズル休みが会社にもしもばれてしまった時。
この信用を取り戻すことは不可能だと言えます。

この人はズル休みをする人、嘘をつく人だというレッテルが貼られてしまいますよね。
それが怖くて仮病を使うことができない人は大勢います。

しかし普段の勤務態度であったり仕事の業績がしっかりしたものであれば、一度のズル休みを仮病だと疑う人はいません。

翌日からまた頑張れば問題ないのです。

無遅刻無欠席でも仕事が遅い人より、体調を崩したときにはきっぱりと休養をとり元気に戻って来る人の方がよっぽど会社には必要な人材だと言えます。

無遅刻無欠席には多大な評価が出ますが、それ以上に自分の限界を知りつつ上手く仕事に向かっている人の方が優秀だと言えるのではないでしょうか。

どうして社員が仕事をズル休みしてしまうのか

ズル休みをしてしまう社員がいるということは、会社に問題がある場合がほとんどです。

なぜならばそんな会社は社員の一人一人にケアが行き届かず、会社の駒として働かされているという気持ちになってしまうからです。

自分が休んでも大丈夫、必要とされていないという気持ちがズル休みする気持ちを生み出します。
社員一人一人が必要とされ、自分の仕事に責任感が持てればやりがいを感じてズル休みをする社員は生まれない環境ができるのです。

会社の中で自分でなくてはできない仕事をしている人は少ないでしょう。
しかし自分がいることで良くなると実感することは難しいことではありません。

現在注目されている褒めて伸ばす教育法も、その問題と向き合っていると言えます。
ミスを叱るだけでは人格を否定されていると思う社員もいます。
それを防ぐためにはきちんとした社員を評価する制度を設け、一人一人が必要とされている自覚を持ってもらうことが大切ですよね。

仕事を休みたいと思った時は思い切って休むことも大切!

仕事をどうしても休みたい、行きたくないと思ったときには勇気を出して休むこともたまには必要なことだと覚えておきましょう。

真面目で完璧主義の人はうつ病にかかりやすいと言えます。
自分の気持ちを否定することなく、どうしても行きたくない時は少し自分に対して諦めることも大切なのです。

うつ病患者に多く見られるケースはストレスから不眠になり、体調を崩してしまい疲労が慢性化してしまったことで心に余裕がなくなり不安症を患うといったパターンなのです。
慢性化した体調不良は、いずれ心のバランスを崩してしまうこととなります。

この先仕事と上手く向き合っていくためには、たまにの休息が不可欠であり仮病にも罪悪感を覚える必要はありません。

ズル休みであろうが、休みをゲットすることができたのならば思い切り休みを満喫しましょう。

そしてまた明日から、いつも通りに頑張れば良いのです。

 - 退職・休職に関するお悩み