仕事のお悩み解決所

鬱病で仕事をするのが辛い!会社を休職する時の上手な休み方

2017.9.22

自分がまさか鬱病になるとは思っていなかったはずですが、仕事に行きたくてもやる気が起きないので、毎日が辛いと感じているはずです。

会社を休みたいと思っても仕事をしなければいけないという責任感もありますが、結局は休みをとってリフレッシュしなければなりません。

そこで鬱病で仕事をするのが辛い時の会社の休み方について紹介します。


鬱病が原因の仕事の休み方としては上司に相談をしてみる

自分が鬱病かもしれないと思った時には、上司に相談することが大切です。

もちろん誰にも言いたくなければ病院に行って診察をしてもらう方がいいですが、仕事をする時にモチベーションが上がらないので上司から怒られることが多いでしょう。

自分でも分かっているのに仕事へのやる気が出ないので、どうすればいいか上司に相談をしておくべきです。

上司も適切なアドバイスをしてくれるかもしれませんし、一度リフレッシュするために休みを取るように言ってくれるかもしれません。

仕事をする時にはやる気がなければ生産性も上がらないので、上司の指示だと思って休んでみるのもいいでしょう。

上司に会社の休み方を聞くのではなく、上司から一度会社を休むように言われることを期待して、相談しに行ってみましょう。

上司から休むか病院に行くかのどちらかをアドバイスされるので、自分で踏ん切りがつかない人でも行動するきっかけとなるはずです。

病院に行って診断書をもらうことが仕事の休み方としてはスムーズ

鬱病になった時の会社の休み方としては、病院から診断書をもらって提出することによって、スムーズに会社を休むことができます。

仕事の関係で鬱病になってしまったので、会社としても強く退職をするめる訳にはいきません。

鬱病の原因が会社の職場環境にあるとなれば、労働基準監督署に行かれると会社の方が困るからです。

そのため鬱病の診断書をもらった時点で会社とすれば誠意ある対応を心掛けてくれるので、休みたいと言えば協力してくれるようになります。

会社を休職することになれば会社との話し合いになりますが、有給休暇を含めた休みを申請することによって、スムーズに休ませてもらうことができます。

鬱病によって仕事中に支障がでるよりは、早く治すためにリフレッシュして欲しいと思っているので、休みも取りやすくなります。

診断書があれば中長期的な休みも取りやすくなるので、まずは病院で診察を受けるから診断書をもらいましょう。

鬱病による会社の休み方としては仕事ができないと休職願いを出す

普段から上司に仕事のことで相談をしていれば、上司が鬱病だということを考慮して仕事を休ませてくれることもあります。

休み方としては結局は上司の許可がなければ休めないので、日頃から上司に相談をしていると、いざという時に助かります。

上司も職場環境が悪いことは嫌ですし、他の社員も鬱病になる可能性があるので、早期に対応したいと考えています。

仕事を休んでリフレッシュすることで鬱病の症状が良くなるのであれば、上司も進んで協力してくれるでしょう。

上司や会社が恐れるのは鬱病の責任を会社に問われることなので、誠意ある対応を取るように心掛けるはずです。

自分の鬱病の原因を会社に追及したところで、鬱病が治らなければ今後の生活は自分が困ってしまうため、できるだけ会社を辞めずに治したいと思っているはずです。

そのため鬱病によって仕事ができないことを上司に相談をすることで、短期的な休みを取りやすくリフレッシュすることができます。

仕事の環境で鬱病になれば会社側も強く反論することができない

鬱病になる原因としては、職場環境が自分に合っていなかったことが大きな要因となります。

人間関係が上手くいかないことはよくありますが、上司からのパワハラや同僚とのコミュニケーションが上手くいかずに、仕事に集中できなくて鬱病になるケースも多いです。

鬱病になると自分自身がネガティブ思考になることによって、どんどんど悪い方に考えてしまうため、仕事も上手くいかないことも多くなります。

結果としては鬱病になった自分が悪いのではなく、鬱病にさせた職場環境が悪いことになります。

仕事の休み方としても鬱病になった責任を職場環境のせいにすることで、診断書と合わせて休みやすくなります。

原因は職場環境にあるのは間違いないですが、誰もが鬱病になるとは限らないので、自分と職場環境の相性によっても鬱病になる可能性があります。

しかし他の会社で働いていれば鬱病にならなかった可能性もあるので、会社としても鬱病で休みたいと言っても強く反論することができないでしょう。

鬱病で会社を休む時には上司に相談をすることが大切

職場環境は働いてい見ないと分からないことが多いですし、自分にとって何が鬱病の原因となるかも分かりません。

自分でもまさか鬱病になるとは思っていないので、とにかく仕事を頑張ろうと思った結果が、プレッシャーとなって鬱病になることもあります。

鬱病になってからの仕事の休み方としては、上司と密に連絡を取ることが大切です。

会社と言っても社員個人のことはあまり気にしていないですし、辞めるのであれば仕方ないと思っているだけです。

自分のことを気にかけてくれるのは上司しかいませんし、会社のことはすべて上司にお願いすることしかできません。

鬱病になったことを相談するのも上司ですし、この先の働き方や対応策を相談するのも上司しかいません。

鬱病になって辛いのは自分自身ですが、自分で抜け出さなければこの先の生活も辛くなるだけなので、上司と相談をして自分にとって良い解決策を見つける努力をしましょう。

 - 退職・休職に関するお悩み