仕事のお悩み解決所

睡眠時間3時間でも大丈夫?仕事への影響と考え方

2017.9.25

生活する上でも睡眠時間はとても大切なものですが、人によって睡眠時間に差があります。

理想的な睡眠時間は8時間前後だと言われていますが、3時間ほどの睡眠しかとれないと、生活だけでなく仕事への影響も与えてしまわないか心配になります。

そこで3時間の睡眠時間における仕事への影響と考え方について紹介したいと思います。


睡眠時間3時間でも体に支障がなければ仕事にも影響しない

睡眠時間に関しては人によって違いがあるので、自分の体に影響がないと思えば大丈夫だと言えるでしょう。

8時間睡眠が理想的だと言われていても、仕事をしていると6時間寝られれば大丈夫だという人もいれば、3時間の睡眠で頑張っている人もいます。

睡眠時間はその人のライフスタイルによって違うので、きっちり8時間寝たからと言っても健康的とは限りません。

また睡眠時間は質にもこだわらなければいけないので、3時間の睡眠時間でも質の良い睡眠であれば、体もスッキリすることができます。

睡眠不足になると毎日の仕事にも影響が出てしまいますが、自分に合った睡眠時間を確保することによって、健康的な生活を送ることができます。

3時間でも睡眠の質が良ければ仕事への影響もなく、元気に活動することができるので、あまり睡眠時間にだけこだわらないようにしましょう。

3時間の睡眠時間で仕事をするとパフォーマンスが落ちる可能性あり

睡眠不足になると人はパフォーマンスが低下してしまいますが、これは集中力や体力がなくなってきていることが影響しています。

睡眠をしっかりとることによって、体力回復をすることができますが、睡眠不足になると集中力もなくなってくるので、仕事に著しい影響を与えてしまうでしょう。

3時間の睡眠時間しかとれない時期には、睡眠時間が足りなくて集中力も低下してしまうこともあります。

毎日8時間程度の睡眠をとっている人が急に3時間の睡眠になれば、体が慣れていないので体力や集中力低下は当然のことです。

仕事に追われてくると精神的にも辛くなってくるので、睡眠の質も下がってしまいます。

3時間の睡眠時間しかない時はできるだけ睡眠の質を高めることによって、少しでも睡眠時間が足りない分を補うことができます。

体力が落ちて仕事のクオリティも下がってしまうかもしれないので、できるだけ睡眠時間を確保することは大切なことです。

3時間の睡眠時間で仕事中に眠気を感じたら仮眠をとる

人によって短時間の睡眠時間で活動している人も多いですし、3時間の睡眠時間でも元気に仕事をしている人もいます。

人によって睡眠時間も違えば睡眠の質も違うので、体に与える影響も人それぞれです。

8時間睡眠をとっても体がだるいと感じる人もいれば、3時間睡眠でも元気に仕事をする人もいます。

しかし3時間睡眠で仕事に集中していると、どうしても眠気を感じることがあります。

眠気を感じた時には我慢せずに、短時間の仮眠をとるようにしまよう。

仕事中なら休憩時間に15分程度仮眠をとるだけでも、目が覚めた時には気分もスッキリしていることも多いです。

短時間の時にはまとめて3時間の睡眠だけにこだわらずに、細切れ時間を合わせた睡眠を意識しましょう。

眠くなったら仮眠をすることによって頭もスッキリするので、短時間睡眠の時には無理をし過ぎないことが大切です。

睡眠時間は人によって違うので深い眠りを心掛ける

睡眠時間を多く取ることは大切なことですが、社会人になると仕事によって睡眠時間が大きく減ってしまうこともあります。

忙しい時期になるとどうしても睡眠時間が3時間程度しか取れない時もあるかもしれませんが、その時は睡眠の質を上げるように意識しましょう。

睡眠で大切なことは時間を長く眠ることではなく、睡眠の質を上げることが大切です。

8時間睡眠でも起きたらだるかったり疲れが取れていないのは、睡眠の質が低い可能性が高いです。

そのため良く寝ても仕事に影響が出るほど集中力が低下してしまうこともあるので、睡眠時間を多くするのではなく、睡眠の質を高める努力をしましょう。

睡眠の質は精神的なことにも影響されてしまうので、寝る時には余計なことはあまり考えないようにしましょう。

3時間しか眠れないと思ってしまうと寝付けなくなるので、3時間もぐっすり眠れると思えば睡眠の質も高まり、目が覚めた時にはスッキリしたいるでしょう。

目覚めがスッキリすれば3時間睡眠でも仕事に影響はない

朝起きな時にスッキリした気持ちで起きられることができれば、睡眠の質が高かったと言えます。

この時睡眠時間が3時間であっても、睡眠の質が高ければ仕事にも影響が出ることはありません。

むしろスッキリ起きられることで睡眠時間が短くても、元気に活動することができるでしょう。

睡眠で大切なことは睡眠の時間ではなく質なので、いかに寝る時に睡眠の質を高めるかが大切です。

睡眠の質を高める方法はいろいろありますが、寝る前にはスマホなどをいじらずに、落ち着いた状態で寝るように心掛けましょう。

仕事に追われているとつい考え事をしてしまいますが、寝る時には考え事をすると眠れなくなってしまいます。

何も考えずに自然と眠れるようになるには、楽しいことを考えた方が寝つきも良くなりやすいです。

睡眠時間が短くてもスッキリ起きられることができれば問題ないので、睡眠の質にこだわって眠ることを意識しましょう。

 - 仕事とプライベートの関係