仕事のお悩み解決所

コールセンターはストレスが多い!病気にならないための対策をご紹介

2017.9.26

コールセンターの仕事はお客様への説明だけでなくクレーム対応が多いので、自分が怒られているような感覚になってストレスが溜まりやすくなります。

仕事とはいえ人から怒られることはストレスとなるので、うつ病などの病気になって退職する人も珍しくありません。

そこでコールセンターのストレスの原因と対処法について紹介します。


ストレスが多いコールセンターはうつ病の病気になりやすい

コールセンターの仕事はお客様に説明をすることが主な仕事ですが、説明にもいろいろな種類があります。

その中でも大変なことはクレーム対応で、お客様が怒って連絡してきた内容をしっかりと話を聞き、最期は納得してもらうために説明をしなければなりません。

このクレーム対応が最もストレスが溜まる仕事であり、酷いストレスを感じるとうつ病などの病気になる人もいます。

うつ病になるまで追い込まれてしまう要因は、マニュアルだけでは対応できないこともありますが、すべての発言をチェックされていることです。

コールセンターの仕事は会社を代表してお客様と連絡を取っているので、下手な対応は一切できません。

アルバイトや派遣社員であっても会社の顔に泥を塗るようなことはできないので、お客様への対応には毎回身を削る思い出対等しなければならないのです。

真面目で気を遣い過ぎるほどストレスを感じて病気になりやすい仕事と言えます。

コールセンターがストレスで病気になりやすいのはクレーム対応

コールセンターの仕事で病気になりやすい対応としては、やはりクレーム対応が最もストレスを受けます。

すべての音声をチェックされているので、お客様から怒られることもありますし、リーダーから指摘されて怒られることもあるでしょう。

常に会社を代表して電話に出なければいけないので、自分の対応ひとつで多いなトラブルに発展することもあります。

そのため仕事中はお客様だけでなく、上司に対しても怒られたくないのでストレスを感じるようになってしまいます。

クレーム対応はマニュアルがないので、そのお客様に合った対応が必要なので、臨機応変に対応しなければなりません。

クレームがあるからこそ悪い部分が見えてくることもあるので、どの会社もクレーム意見にはとても興味を持っています。

しかしコールセンターでは自分が怒られているような気になるので、仕事や会社のためとは言ってもストレスにやられてしまうこともあります。

コールセンターは怒られるのでストレスによって病気になりやすい

自分が他人から怒られるとだんだんと自分が悪いと思ってしまいますし、自信を持てなくなってしまいます。

コールセンターの仕事ではクレーム対応が多いので、自分は悪くないのにお客様から怒られていると、自分が怒られているのではないかと勘違いしてしまいます。

すると自分に対して自信が持てなくなり、ストレスによってうつ病などの病気になってしまうのです。

逆に何で自分が悪くないのにここまで怒られなければいけないのかと、不満に思うことも出ストレスを感じるようになります。

コールセンターの仕事は会社とお客様の間に立つ存在ですが、お客様からすると苦情を言えるのはコールセンターしかいません。

そのため理不尽なクレームも良くありますが、すべてに真摯に対応しなければなりません。

怒られることでストレスを感じるようになりますが、あくまでも仕事だと思って割り切るしか対応する術はないでしょう。

自分が怒られているように感じることがストレスになる

自分が怒られたと思うようになると、強いストレスとなってしまいますし、いつの間にかストレスが溜まって病気になってしまいます。

長くコールセンターの仕事をしていると、それだけでお客様からのクレームをたくさん聞きますし、ストレスも溜まっていくでしょう。

特に自分が悪い訳ではないのに、理不尽に怒られても謝らなければいけないことがストレスになります。

怒られることと謝ることはセットになっていますが、形の上では真摯に対応しなければなりません。

しかしすべてのクレームに真摯に対応していると、自分がストレスによって倒れてしまうので、マニュアル対応を覚えることも大切です。

相手の言い分をすべて聞いて、相手が納得する代案を提案することで、大抵の人は納得してくれます。

マニュアルに従えば真摯に対応しているように思えるので、しっかりと覚えることも仕事を続ける上では大切なことです。

自分が怒られていると錯覚してしまいやすいですが、仕事だと割り切って対応しましょう。

言葉を真に受けずに誠意を持って対応することが大切

コールセンターの仕事をしているとストレスによって辞めていく人も多いですが、お客様のクレームの言葉を真に受けていたらストレスも溜まるだけです。

日常の生活の中であまり怒っている相手と話をする機会は少ないですが、コールセンターの仕事では毎日のようにクレーム連絡が入ります。

相手は納得できないことや言いたいことがあって連絡しているので、口調も荒くなったり怒って連絡をしてきます。

怒っている相手の言葉を真に受けてしまうと、自分は仕事で言い返せない分、ストレスによってうつ病などの病気になってしまうでしょう。

それほどまでにクレーム対応は精神的にもきついですし、ストレスの溜まる仕事でもあります。

真摯に対応することとお客様の声を真に受けることは違うので、最終的にお客様に納得してもらうことが仕事です。

自分がストレスによって病気になってしまったら意味がないので、相手の言葉を真に受けずにマニュアルに従って対応することを徹底しましょう。

 - 職種に関するお悩み