仕事のお悩み解決所

公務員を退職したことを後悔しない!その後の転職事情とは

2017.9.25

公務員と言っても職種は様々であり、有名な職業だと警察官や教師、役所の職員などがあげられます。
安定した職業の代表であり、普通に努めていれば一生給料が減ることもなければクビになることもありません。

しかし公務員ならではの仕事に対する悩みや不満などはあげるとキリがなく、自主退職してしまう人も多いのです。
そんな根深い公務員の悩みと、退職後に後悔しないようにできることをまとめました。


公務員を退職し、一番後悔する事とは

公務員を辞める人なんてあまりいないのだろうと世間では思われていますが、実は公務員でも自主退職をする人は少なくありません。

公務員は最初の給料が少ないものの、今後上がり続ける約束や退職金の保証など、安定の職業として有名ですよね。
実際に、一般の民間企業よりは確実に、将来生活に苦しむことはないと言い切れるでしょう。

しかしそれでも夢や自分のやりたいことを諦めきれず、勇気を出して公務員を退職した人は多くいるのです。

その人たちは実際に、公務員を辞めたことを後悔しているものなのでしょうか。
そしてどんなところに後悔することが多いのでしょうか。

現在公務員を退職することを悩んでいる人にとっては、とても気になる問題となります。
リスクはどのくらいあるのか、公務員と会社員では具体的にどのくらい収入が変わるのか、一番気になるのはお金の問題ではないでしょうか。

公務員を退職し、後悔したのは収入の面

民間企業に転職を考えた時、一番不安に感じるのはやはり収入の面となりますよね。

一般的に公務員は給料が少ないとされています。
しかし地方の民間企業で、社員が満足する給料をもらっている会社がいったいどのくらいあるのでしょうか。

業績やノルマに応じて給料が変化したり、ボーナスが減額することは当たり前のように行われています。
その点、公務員はボーナスが減額することはほとんどなく、年々上がり続けていくという民間企業にはとても望めないような待遇を受けています。

収入の面では退職したのちに、生活レベルを落とすことは必須だということが分かります。

転職後にすぐにしっかりと安定した収入が得られるとは思いません。
家族がいる人などは、このような経験談から退職を思い留まる人が多いようですね。

勤続年数から雇用保険であったり、退職金にも影響があるとなると、退職はとても得策とは言えないこととなります。

公務員を退職しても後悔しないためには

収入の面では不安定だとわかっていても、仕事にやりきれず公務員を退職することを決意した人も中にはもちろんいます。

胸を張って、後悔はしていないと言い切るひとも少なくはありません。
そんな人は転職をどのように成功させたのでしょうか。

実際に公務員からの民間企業への転職は、若ければ若いほど有利だと言えます。

福利厚生がとても良い公務員に対抗するべきは、やはり同じ福利厚生がしっかりしている職業に就くことです。

公務員は大手企業からもとても評価は高いと言えます。
一般的に公務員になるためには国公立大学や上位の私立大学を出ている人が多いので、決して公務員を退職したという経歴はマイナスだけではないのです。

退職を後悔しないためには、プラスな情報を生かして福利厚生の良い大手企業に再就職すること、そんな風に転職を成功させることなのではないでしょうか。

公務員の退職理由とは

ではどうして、そんな安定の職業である公務員を退職したいと考えている人がいるのか。
その理由はなんなのでしょうか。

一番多いのは、人間関係のストレスです。
公務員の人間関係はとても特殊で難しい、面倒な場合が多いようです。

その為新卒で公務員になった人は、その特殊な人間関係についていくことができず、精神的なストレスを抱えることとなります。
民間企業では味わえないような、ギスギスした雰囲気の人間関係が公務員にはあるようです。
無駄に大人数での飲み会が多かったり、妙なしきたりがあったりと多くの時間とお金を無駄に消費することとなります。

このような小さなストレスや、上司との人間関係などの精神的疲労が積み重なり、体に大きな負担となってしまい退職を考える人が多いのです。

縦社会が基本な公務員には、パワハラが多いのも事実なのです。

退職は負けじゃない!勇気を出して転職をしよう

苦労してついた公務員だからといって、今の自分と合わない。そう思ったのであれば勇気を出して一歩踏み出してみてください。

実は公務員のうち病気で休職している人は、年間1.7万人もいるのです。
事務作業が全く自分に合わずに退職をした人や、収入や退職金にこだわらずに自分のやりたい事をしたいと思って退職をした人もいます。

公務員という事に固執し、退職を戸惑っているのであれば、それは本当の自分の気持ちを押さえつけていることにはならないでしょうか。

自分の気持ちを一番大切に考え、今しかない時間を自分らしく生きましょう。
人生一度きりです。
やりたいことをやるのも人生。公務員という恵まれた職業に全うするのも人生なのです。

自分の気持ちを大切に、家族と正直に話し合ってみるのも良いかもしれません。
後悔しないように、思ったままに生きてみるのも気持ちが良いですよ。

 - 退職・休職に関するお悩み