仕事のお悩み解決所

会社を休む理由は?私用で会社を休みたい時に使える言い訳

2017.9.26

会社をどうしても私用で休まなければいけない時に、休む理由を何にすればスムーズに休めるか悩んでしまいます。

本当のことを言ってダメだと言われたらどうしようと考えることもありますし、自分でもこんな理由では休めないと思っているかもしれません。

そこで会社を私用な理由で休む時に使える言い訳について紹介したいと思います。


会社を私用で休む理由としておすすめなのは頭痛や腹痛

会社を休む理由で使えるのは、頭痛や腹痛などありきたりな理由の方がおすすめできる場合もあります。

私用で会社を休みたいと思った時に、自分でもこんな理由ではやすめないと思っていれば、何か言い訳を考えなければなりません。

誰もが聞いて納得できる理由を考えてもいいのですが、後からいろいろと詮索された時にバレてしまう可能性もあります。

また大事な用事があるのに前もって上司に報告していなければ、嘘だとバレてしまう可能性も高いです。

そこでいきなり会社を休む理由としてありきたりですが、頭痛や腹痛によって休みたいという理由にしましょう。

さらに調子が悪いので病院に行きたいと付け加えれば、上司も強くは言えないでしょう。

本当に病気なのに会社に出勤するように強制すれば、それこそ後で大事になってしまいます。

頭痛や腹痛ならば病院で薬をもらってから安静にしたので治ったと言い訳できるので、次の日からも普通に働きやすいです。

私用の時は会社を休む理由として本当のことは言わない方が無難

会社を休む時に私用の用事ならば、休む理由は本当のことを言わない方がいい時もあります。

社会人になると生活の中心は仕事になるので、用事があるなら自分の休みの日にすることが当たり前になります。

会社を休む時は冠婚葬祭か急な体調不良の時だけしか休まないのが常識のなるので、休む理由によっては非常識な人間だと思われてしまうでしょう。

私用の用事は自分にとってはとても大切な用事かもしれませんが、他の人からすれば大した用事ではないと思われることも多いです。

そのため私用の理由によっては理解されることはありませんし、上司からそんな理由で休むなと怒られるかもしれません。

社会人は自分の休みの日に予定を入れることが基本なので、会社を休んでまで私用にこだわることに理解をしてくれる人は少ないでしょう。

自分にとってどんなに大事な私用の目的があっても、相手に理解されないこともあるので、無難な言い訳をした方がいいかもしれません。

会社を休む理由が私用の場合は確認できない理由がおすすめ

会社を休む理由として私用で休むなら、会社や上司が確認できないような理由にすることがおすすめです。

冠婚葬祭のような理由は上司と言えども事実確認ができないので、私用で休む時の理由には使えます。

しかし結婚式などは事前に分かっているので、当日休む時に使えるのは、親戚が亡くなったという理由くらいでしょう。

また自分のマンションが水トラブルによって会社を休まなければいけないなど、確認しにくい理由で休むことがおすすめです。

どんな理由であれ頭の固い上司であれば、会社を優先して働くことが当たり前だと思っています。

たとえどんな理由を言っても会社を休むことには変わりないですし、評価も下がるのは当然です。

そのため万が一にも私用で会社を休んでしまったことがバレてしまえば、その後は働きにくくなってしまうので注意が必要です。

私用で休むならバレない理由を伝えることが大切なので、確認できないような理由を伝えましょう。

私用でも病気や付き添いならば本当の理由を伝えるべき

会社を休む理由が私用の場合でも、病気や怪我の付き添いであれば正直に伝えた方がいいでしょう。

自分が病気をしていないのに会社を休む必要はないと思われるかもしれませんが、上司としても見舞いに行くなとは言えません。

仕事の段取りさえしっかりとやってくれれば、休んでも仕方ないと思ってくれるでしょう。

病気や怪我の場合は相手がどんな状態か分からないので、万が一のことがあった時に後悔して欲しくないと思います。

命に関わる状態であれば誰も文句を言うことはないですが、お見舞いや怪我での付き添いに関しては状況次第と言えます。

付き添いで会社を休みたいと言うのは相当悪い状態か、自分が行かなければどうすることもできない状態なので、仕方なく会社を休まなければならないと思ってくれるでしょう。

私用でも理由によってははっきりと伝えた方がいいので、病気や怪我に関しては素直に伝えた方がスムーズに休みやすいです。

どんな理由でも休むことはできるが信用は取り戻すのは大変

自分が会社を休む理由としていろいろ考えていても、結局はどんな理由であれ会社を休むことはできるでしょう。

さすがに私用の用事で遊びに行くと言えば許されませんが、調子が悪かったりお見舞いに行くなどの予定が入ったら、ダメとは言えません。

上司の立場となると今までに何人もの部下が休む言い訳をしてきたので、本当かどうかを見極めることもできるかもしれません。

しかし上司とすれば真偽はともかく、会社を休むという事実がけがすべてなので、たった1回の休みでも評価を下げることもあるでしょう。

どんなに仕事ができる優秀な社員でも、真摯に仕事に向き合わないようならば、いらない社員だという評価が下されます。

会社を私用で休むことによって評価は探しますし、一度落ちた評価を上げるには相当な努力が必要になります。

だからこそ多くの人はズル休みもしませんし、嫌でも頑張って仕事をしているのです。

信頼を取り戻すことは大変だが、私用で休んだ後はとにかく頑張るしかありません。

 - 退職・休職に関するお悩み