仕事のお悩み解決所

スナック経営を失敗させないために気をつけるべき事はコレ!

2017.9.26

スナック経営を始めた時には何とかなると思っていたものの、実際に営業してみるとお客の数が少ないので焦ることもあります。

それでも失敗させる訳にはいかないので、営業していくための努力は必要ですし、儲かる仕組みを確立しなければなりません。

そこでスナック経営で失敗しないために気をつけるべきことについて紹介します。


スナック経営を始める時、いきなり大きな店でやると失敗しやすい

スナック経営を始める時には、まずは小さいお店から始めましょう。

いきなり大きなお店を作って経営をすると失敗しやすいので、まずは自分がスナックのママとして働きながら、経営を学ぶことが大切です。

開店資金がたくさんあるので大きなお店を作りたいと思っても、実際に営業してみるとそれほどお客さんが入らないことも多いです。

たしかにお店の規模が大きくなればお客さんの数も多くなるので、売り上げもアップしやすいです。

しかしその分だけスタッフを雇わなければいけないので、人件費で後々泣かされることになるでしょう。

スナックは常連さんをいかに掴むかが大切なことなので、まずは自分がママとなってたくさんの常連さんを作ることです。

そうすれば大きなお店を作った時も自分目当てできてくれますし、経営もできるので失敗しにくい営業をすることができます。

スナック経営を失敗させないためには人件費を節約する

スナック経営をする時に失敗させないためには、いかに人件費を掛けないかが重要です。

小さなスナックならばママ一人で経営していることが多いですが、スタッフを雇うとその分だけ毎月人件費が掛かります。

スタッフはお客さんがいなくても待機していなければいけないので、毎月の経営には大きな負担となってしまいます。

忙しい月ならば嬉しい悲鳴を聞くことができますが、閑古鳥が鳴いている時には経営の重荷になってしまうでしょう。

特に雇っているスタッフ目当てでくるお客さんは少なく、スナックではほとんどがママの人柄やお店の雰囲気が良くて来ています。

スタッフがいなければやっていけないほど忙しければ別ですが、できるだけ人件費を浮かせるために、自分一人で営業した方が失敗しにくいです。

自分だけなら客さんが少なければ給料を少なくできるので、臨機応変に経営をしていくことができます。

失敗しやすいスナック経営は運転資金が少ない

営業をしているとどうしても忙しい月と暇な月が出てくるので、売り上げに大きな影響を与えます。

実際に運転資金が少ないお店では、毎月の売り上げが少ないとお酒代などが支払えなくなるケースもあります。

長い付き合いなのでツケにしたりできるかもしれませんが、経済状況によってはいつ潰れてもおかしくない状況に陥ってしまいます。

スナック経営はお客さんとの付き合いもありますが、業者との信頼関係も大切なので、信頼を失ってしまうと失敗してしまう可能性が高くなります。

ある程度開店資金を抑えてでも営業資金に回さなければ、実際の営業が始まって何かトラブルがあった時に困ってしまいます。

スナック経営は個人でやっていることが多いので、自分が病気をすればその分だけ収入も減ってしまいます。

何かのトラブルに備えて営業資金を多く用意してくことが、失敗しないためには必要です。

立地条件が良くてもお店のコンセプトが決まっていない

お店の場所が良ければそれだけお客さんが入りやすいので、スナックを経営する時も立地条件は大切です。

しかしいくら立地条件の良い場所にお店をオープンさせても、お店のコンセプトが決まっていないと失敗してしまうことが多いです。

スナックはキャバクラなどと違い、ママの人柄や魅力が大切ですし、お店の雰囲気が好きで通う常連さんも出てきます。

そのため若いスタッフを雇って楽しむのもいいですが、お客さんのニーズに合っているかはまた別な話です。

このスナックはママとの会話を楽しんだり、ゆったりとした雰囲気でゆっくりお酒が飲めるなど、それぞれ独自のコンセプトがあるからこそお客さんが来てくれます。

売り上げを上げるためだけにお客さんを要望といろいろなことをやれば、逆に常連さんが離れてしまう可能性がたかくなります。

スナックに行きたいと思うようなコンセプトを作ることが、失敗しないための経営には大切なことです。

お客さんを呼ぶために安い料金設定で営業している

スナックを経営する時に他店と競合をしなければいけないので、料金設定を安くし過ぎると失敗してしまう可能性も高いです。

料金を設定する時は必ず儲かる仕組みを作らなければならないので、安くすればいいという訳ではありません。

お客さんは安ければたくさんくるかもしれませんが、それでいくら儲けられるかが大切です。

スナックは薄利多売でやっているお店が多いので、安い料金で飲めることも魅力のひとつです。

しかし安いからと言っても必ずお店が儲かる仕組みを作っているので、お店とお客がそれぞれ納得した金額を設定することが大切です。

スナックはお店の雰囲気やママの人柄が重要なので、多少料金が高くてもお店に来てくれる人を作ることができれば失敗しません。

いかに常連客を作るかが重要なので、お客さんに楽しんでもらえる場を提供することを重視して、儲からない安い料金設定にしないように注意しなければなりません。

 - 職種に関するお悩み