仕事のお悩み解決所

派遣の事務を辞めたいと思う理由と辞めるまでにやるべきこと

2017.9.29

派遣社員として事務の仕事をしていた時に、どうしても事務の仕事を辞めたいと思った時には早めに伝えなければなりません。

事務員の仕事は人数が少ないので、時には自分しかできない仕事を任されることもあるので、会社としても派遣に辞められると困るからです。

そこで派遣で事務の仕事を辞めたいと思った時にやるべきことを紹介します。


派遣を辞めたいと思うのは事務の仕事を一人で任されることが多い

派遣として事務の仕事にせっかくついたのに、辞めたいと思う理由は仕事量が思っていたよりも多いことが原因なことが多いです。

事務の仕事は正社員でも派遣でもなかなか就くことは難しいので、希望しても採用してもらえないことが多いです。

そのためせっかく事務の仕事に就いたのに辞めるのは勿体ないとおもいますが、自分が思っていたよりも仕事が大変で辞めることも多いです。

事務の仕事は毎日同じ仕事の繰り返しなので、楽なイメージを持っている人も多いでしょう。

大抵は楽な日が多いのは事実ですが、月末や決算月になると仕事も多くなって大変になります。

また事務は会社によって人数が少ないことも多く、休みのことを考えて2人でやっていることも多いです。

そのため1人の仕事量も多いですし、相手が仕事ができない人だと自分がやらなければならないので、仕事が多くて嫌になってしまうのです。

派遣の事務は辞めたいと思っても辞めにくい環境にされる

事務員として働くのは大変ですが、一度働けば長く働き続けられることが多いです。

会社によっては派遣でもなるべく同じ人がずっと続けてて働いた方が、要領も良く安心できるからです。

そのため派遣でも長く働くことで頼られることも多くなり、派遣でも重要な仕事を任されることも多くなります。

すると派遣事務の仕事を辞めたいと思っても、会社側とすれば困るので何とか辞めさせないようしてきます。

自分にしかできない仕事だと言って同情させようとしたり、上司がわざわざ説得をしにきたりするかもしれません。

事務の仕事は長く続けてもらった方が会社の状況も分かりやすいので、安心して任せることができます。

派遣でもずっと働いてくれた方が会社としても助かるので、辞めにくい環境を作ら得てしまうと、派遣としても強気で辞めることができなくなってしまいます。

それでも優秀な派遣はたくさんいるので、はっきりと辞める意思を伝えることが大切です。

事務の仕事を辞めたいと思ったら資格を取って他の派遣で働く

派遣として事務の仕事をしていたのに辞めたいと思った時には、他にも資格を取得して違う仕事を探すのもおすすめです。

事務の仕事は多くの人が就きたいと思ってもなかなか就くことができないのに、派遣として事務の仕事ができれば羨ましいと思われるかもしれません。

実際の仕事は大変な作業が多いですし、思っていたよりもハードな仕事内容かもしれません。

そのため事務の仕事を辞めたいと思うのは仕方がありませんが、次も簡単に事務の仕事ができるとは限りません。

派遣社員は自分以外にも多くの人が登録をしていますし、自分よりも当然優秀な人もいるでしょう。

できるだけ希望に沿った仕事を紹介するのか派遣会社の仕事ですが、辞めた理由によっては次に事務の仕事がなかなか回ってこない可能性もあります。

人気の事務ですしどの会社も同じような仕事なので、すぐに辞めるような人には安心して紹介できないからです。

そのため派遣として働き続けるのであれば、資格を取得して仕事の幅を広げることもおすすめしたいです。

辞めたいと思ったら引き継ぎ作業だけはしっかりやる

派遣での事務の仕事を辞めたいと思った時は、事務の引き継ぎ作業だけはしっかりとやらなければなりません。

事務の仕事の多くは会社の数字を扱うことなので、万が一にも記入のミスや計算違いによって、大きなトラブルになることは避けなければなりません。

また辞める時にはしっかりと業務の引き継ぎをしなければならないので、引き継ぎ作業が終わるまでは辞めることは難しいでしょう。

会社にとって事務の仕事は重要な仕事なので、資格を持ったプロに任せています。

そのため途中で派遣事務を辞めたいと思っても、プロとして最後まできっちりと引き継ぎをしなければなりません。

記入漏れや引き継ぎミスがあれば、会社には大きな損害を与えてしまう可能性が高いです。

またちょっとした引き継ぎミスによって、後で決算の時に数字が合わないとなれば大問題になるので、引き継ぎ作業だけはしっかりと行わなければなりません。

派遣の立場では多くを望むと事務の仕事を続けることは難しい

派遣の事務として働いた時に、自分の理想的な働き方や仕事などを望むようになると、仕事を辞めたいと思ってしまうでしょう。

事務の仕事はどの会社でも同じような状況ですし、極力事務員の人数を減らして会社を経営しているところも多いです。

事務員は利益を生む社員ではないので、多く雇っても人件費が上がるだけです。

そこで人件費削減のために事務員も派遣社員を雇うことがありますが、派遣の立場としてはどんなに大変でもやらなければなりません。

事務員自体の人数が少ないので、自分が責任をもってやるべき仕事も出てきます。

すると自分が辞めると会社が困ってしまうことは目に見えているので、なかなか仕事を辞めたいとは言えなくなるのです。

事務として働き続けるのであれば、派遣の立場では多くを望まないことが大切です。

事務の仕事ができるだけ良かったと思って、目の前の仕事だけに集中しましょう。

 - 退職・休職に関するお悩み