仕事のお悩み解決所

試用期間で会社を辞める時に電話連絡の方がおすすめな理由

2017.10.2

就職活動からやっとの思いで試用期間まで行ったのに、思っていた仕事とは違ったことで辞めたいと思うこともあるでしょう。

しかし試用期間中なので上司に面と向かって言うこともできずに、電話で辞めることを伝えたいと思いますが、非常識かもしれませんが電話でのメリットもたくさんあります。

そこで試用期間中に会社を辞めることを電話で伝えることのメリットについて紹介します。


試用期間中で辞める時に電話の方がスムーズに話が進む

試用期間中はできるだけ仕事に慣れることが目的ですが、職場の雰囲気に慣れずに辞めたいと思うこともあります。

試用期間が終わってしまえばもっと仕事も大変になりますし、今のうちに辞めることができれば、スムーズに辞められると思うでしょう。

採用されてからすぐに辞めてしまえば、何のための試用期間だったのかが分からないので、早めに退職する意向を伝えた方が辞めやすいです。

本来ならば直接辞める意向を伝えなければいけませんが、上司からのパワハラや仕事でのストレスが強ければ、正規の手続きで辞めるまで自分が持たないと思うでしょう。

そのため電話で辞める意向を伝えることによって、上司からパワハラを受けていたとしても、はっきりと辞めることを伝えることができます。

自分がパワハラだと感じてしまうと何も言い出せなくなってしまうので、電話の方がスムーズに話を進めることができるはずです。

試用期間中なら電話で辞めると伝えれば会わなくて済む

本来ならば試用期間中も普通の会社員と同じ扱いなんで、辞める時にはしっかりとした手順で辞めることが常識です。

しかし辞めることを伝えたくても、上司からのパワハラを受けたことで辞めたいと思った時には、なかなか言い出すことはできません。

また職場で人間関係が原因の場合でも、辞めると伝えてから数週間から1ヶ月の間、仕事をし続けなければなりません。

自分が職場環境が合わずにストレスによって辞めたいと思った時には、正規の手続きを踏んでいれば、自分がダメになってしまうかもしれないと思います。

そのため非常識でも電話で辞めることを伝えることによって、職場の人とは会わずに辞めることができるメリットはあります。

はっきり言えば非常識な対応ですし、いきなり辞めたいと言っても会社とすれば困ります。

しかし試用期間中ならば重要な仕事は任されていないので、即日辞めることを伝えても了承してくれる可能性が高いです。

試用期間だからこそ電話で辞めることを伝えやすい

会社にとって試用期間とは、職場の雰囲気と仕事に慣れてもらうための準備期間と思っています。

そのため試用期間は3ヶ月から6ヶ月程度まで行くことも多く、優秀な人材であればすぐに本採用したいと思うでしょう。

しかし逆に職場環境に合わずに入社後すぐに辞めてしまうケースも多いので、試用期間中に辞めることは想定済みと言えます。

試用期間を経て本採用になれば、辞めずに長く働いてくれることを期待できますが、試用期間だかこそ辞めても仕方ないと思ってくれます。

そのため辞めるなら試用期間中の方がおすすめですし、電話で辞めると伝えても、常識がない奴だったと思って退社させてくれるでしょう。

辞める時に常識がない行動をしているのは自覚がありますが、どうしてもストレスに耐えられずに辞めるのであれば、何を思われてもいいと思います。

試用期間中だからこそスムーズに辞められるので、電話でも辞める意思を伝えやすいと言えます。

本音で辞めたい理由を言わなくても辞めることができる

試用期間中であっても会社員として働いているので、電話で辞めると伝えるのは非常識と言えます。

本来ならば許される行為ではありませんが、試用期間中なのでやる気がない人材よりは、すぐに次の人材を探した方がいいと思うでしょう。

本採用になってから辞められると困るので、その前に辞めることを電話で伝えれば了承してくれやすいです。

辞めることは直接言わなければいけないですし、試用期間中でも数週間前に辞めることを伝えなければなりません。

もし直接辞めることを伝えに行けば、なぜ辞めるのかを問いただされるでしょう。

試用期間中で楽な仕事なのに辞めるとなれば、何が原因なのかを知りたいと思います。

本当の理由は上司からのパワハラや人間関係でも、本音で話すことはできません。

そのため電話で連絡すれば「一身上の都合により」と言えば、それだけで追及されることはないでしょう。

電話の方が淡々と対応してくれるので、多少は嫌味を言われてもスムーズに辞めることができます。

試用期間中に辞めれば引き止められることもない

会社とすれば少しでも優秀な人材を確保したいと思いますが、試用期間中に電話で辞めることを伝えるような人材は、自分の会社では必要ない人材と思えるでしょう。

いくら優秀な人材でも電話で辞めると伝えてくるような人であれば、常識がないと思って引き止めることもしません。

もし引き止めたとしてもまた同じことを繰り返すかもしれませんし、常識がない行動で後々トラブルを引き起こすかもしれません。

試用期間中に辞める社員がいたとしても、ある程度は想定済みなので、辞めることに関しては問題ないでしょう。

しかし一応辞める時には引き止めたり、アドバイスをすることによって、もう一度やる気を持って仕事に取り組んでくれるかもしれません。

そのため自分でどうしても辞めたいと思ったらあえて電話で連絡することで、非常識な人材だと思わせることができるので、引き止められることなく退社することができるでしょう。

電話で退職することを伝えるのは非常識な行動ですが、それなりのメリットもあるので、電話か直接伝えるかをしっかり考えてから決断することをおすすめします。

 - 退職・休職に関するお悩み