仕事のお悩み解決所

市役所の臨時職員として働きたい!おすすめする志望動機を紹介

2017.10.2

市役所の臨時職員を募集していたので働きたいと思った時に、市役所によって募集要項が変わっているので確認することが大切です。

書類選考だけの場合や待機人数街になっていることもありますが、履歴書を送付する時は志望動機で印象を良くしたいと思います。

そこで市役所の臨時職員になるための志望動機について紹介します。


市役所の臨時職員の志望動機が採用に影響することは少ない

市役所の臨時職員になるための志望動機に関しては、基本的にはそれほど採用には影響はないと言えます。

どの会社でも志望動機は必要ですが、採用に関してはそこまで重視いているとは言えません。

市役所も同じなので臨時職員になるために志望動機を一生懸命考えても、サラッと読んで終わりということはよくあります。

そのため無難な志望動機を履歴書に記入しておけば、それほど気にすることはないと言えます。

しかしやはり人気の市役所であれば、書類選考によって決まる可能性もあります。

市役所によって募集人数や倍率も違うので、倍率が高ければ志望動機も選考基準に入るかもしれません。

臨時職員は採用されなければ次は半年か1年後になることが多いので、少しでも印象を良くすることは大切です。

そのためには無難な志望動機でもいいですが、やる気を見せることも必要と言えるかもしれません。

市役所の臨時職員として働く時の志望動機は地域貢献をアピールする!

市役所が臨時職員を募集する時は、ある程度人手が足りないことを見越して募集をかけることになります。

市役所によって違いはありますが、1年間など契約期間は決まっているので、その間は公務員として地域に貢献することが求められます。

臨時職員と言っても民間のアルバイトと同じような待遇ですし、契約期間も決まっています。

だからと言ってアルバイト感覚ではできない仕事もありますし、公務員の仕事の補佐をする立場なので自覚がなければできない仕事です。

基本的には職員の補佐をする形の仕事なので雑用を行ったり、簡単な書類作成をすることが基本的な仕事となります。

仕事の質や量で判断するのではなく、臨時職員として働きたい時には、地域に貢献したいという志望動機であれば好感が持たれるかもしれません。

公務員という仕事に興味がある人の方が、一緒に働く身としては嬉しいはずです。

市役所の臨時職員なのに大げさな志望動機を書くとマイナスになる?

志望動機はなぜ働きたいと思ったかを書くので、素直に自分の気持ちを書くことは大切なことです。

しかし何となく募集欄を見て働きたいと思った人もいれば、片っ端から条件の良い順に受けているかもしれません。

志望動機関してあまり重視していないと思って適当なことを書くと、やはり真摯に仕事に向き合う気がないと思われて悪い印象を与えてしまうでしょう。

市役所の臨時職員の募集では、あまり大げさなことを書いてアピールするのも逆効果となるので注意が必要です。

地域のために貢献したいとい内容であれば一般的ですが、「国家のために」「公務員としての仕事とは」などと、あまりアピールをし過ぎてもマイナス評価となります。

市役所の臨時職員はあくまでもサポートをする立場なので、志が高い人がやると肩透かしを食らってしまう恐れもあります。

あまり意気込まないで素直に興味があるので働きたいというくらいで十分でしょう。

公務員の仕事に興味があることを自分の言葉で伝える

市役所の臨時職員として働くことによって、将来的には公務員の仕事に就きたいという人には良い経験をすることができるかもしれません。

そのため志望動機としても公務員の仕事に興味があることを伝えれば、それなりに評価をしてもらえる可能性もあります。

そもそも地域によっては市役所の臨時職員は人気で順番待ちに泣ていたり、逆に書類だけ見てすぐに採用されるケースもあるなど、地域によって違いがあります。

そのためどの程度の倍率かは分かりませんが、ほとんどが1年に1度の募集によって集められるので、チャンスをしっかりと活かしたいと思います。

志望動機が直接的な採用に関わるとは限りませんが、年に1度のチャンスを万が一にも逃したくないので、少しでも公務員の仕事に興味があることをアピールしたいです。

仕事は1年間通くので、やる気があって興味がある人であれば、採用にグッと近づくはずです。

地元に貢献したい気持ちをアピールして好感度を上げる

市役所の臨時職員として働きたいと思った時には、地元に貢献したいという気持ちをアピールして志望動機に書きましょう。

臨時職員は市役所によって採用基準や人数も違いますが、倍率次第で就くのが難しくなることはあります。

その時は少しでも地元に貢献したいという人の方が、仕事に対して真摯に対応してくれると思えるでしょう。

志望動機にも地元に貢献することを盛り込むことによって、公務員としての仕事の補佐を務めてくれるとアピールできます。

基本的には臨時職員になるために難しいことはなく、ある程度の常識とパソコンスキルがあれば採用されることが多いです。

仕事内容も電話の受付や書類作成など、担当や部署によっても変わってきます。

駐車場の警備をすることもあるので、雑用を含めた仕事になりますが、これも公務員の仕事として真摯に対応してくれる人が望ましいです。

臨時職員として地元に貢献したいという気持ちをアピールして、採用を勝ち取りましょう。

 - 入社・面接に関するお悩み