仕事のお悩み解決所

市役所の仕事内容は思っているよりも難しい理由とは

2017.10.1

市役所で働くことになった時に思っていたよりも、仕事内容が難しいと思うこともあります。

実際に働いてみると仕事量よりも仕事内容を理解していないとできない仕事が多く、法律や制度のことを知らないと上手く相談にも乗って対応できないことが多いです。

そこで市役所の仕事が思っていたよりも難しいと思う理由について紹介します。


市役所の仕事内容が難しいのは法律や制度を知らなければならないから

市役所の仕事をする時に仕事内容が難しいと感じるのは、法律や制度を知らなければ対応することができないことです。

市役所の仕事の窓口業務は市民の人が必要書類を申請に来たり、相談をしながら対応しようと来る人が多いです。

そのため市民の人のニーズに合わせて対応しなければいけないので、豊富な知識と経験がある方が対応しやすいです。

一連の流れとして婚姻届けなど戸籍の届け出の場合には、すべての送付書類が揃っているか確認をします。

この時見落としがあると大きなトラブルとなるので、しっかりとチェックすることが必要となります。

その後は自分で戸籍の書類を作成しなければなりません。

もしも送付書類が足りなかったりすれば、きっちりと説明をしなければなりません。

役所への提出書類は難しいことが多いので、分からない人にも分かりやすく説明するのが難しい仕事のひとつです。

市役所で難しいのは仕事内容よりも言葉遣いや態度が難しい

市役所には実にいろいろな要件で訪れる人が多いですが、書類を言申請したり相談に来る人もいます。

仕事内容で難しいと思うのは、人によって状況が違うので、一概にマニュアルに従って対応できないことです。

死亡届を出しに来た人に対してお悔やみの言葉や態度を示すのは、人として当然のことです。

しかしマニュアル対応によって淡々と業務だけを行ってしまうと、相手の心情を逆なでしてしまう可能性もあります。

税金が支払いが難しくて相談に来る人も、その人の身になって考えることが大切ですが、マニュアルに従って対応すれば冷たい人だと思われるだけです。

確かに仕事をきっちりとやることは大切ですが相手がいることなので、その人に合った対応が必ずあるはずです。

業務や担当によっても変わってきますが、お役所仕事と言われないようにするのも、市役所では力を入れているところです。

市役所の仕事内容が難しいのは窓口と内部業務の両方をやるから

市役所の仕事で最も多く市民と関わるのが窓口業務で、担当の人が一人でいろいろと対応しているのを見たことがあるはずです。

市役所の仕事内容で難しいのは、窓口業務を内部業務の両方を1人でやらなければいけないことです。

窓口業務は市民の人の話を聞いてそれぞれに対応するため、知識が必要不可欠です。

時には相談を受けることもあるので、手続きに関しては詳しくなければなりません。

手続きで必要な種類を一通りチェックし、記入漏れがないかを確認してから内部業務に入ります。

内部業務では必要な書類の作成を行いますが、この作業までを1人でこなすことで、やり忘れもなくスムーズに対応することができます。

市役所の仕事ではそれぞれに担当がありますが、制度に詳しくなければ窓口業務にはなれないので、勉強が必要不可欠となります。

どんな相談にもプロとして対応できなければいけないので、責任の重さを考えると難しい仕事と言えます。

仕事内容は生活に密着したものなのでミスが許されない

どんな仕事でも市役所の仕事は市民の生活に密着したものなので、ミスをすることが許されません。

仕事内容が難しいと思うのも、ミスをすれば大きなトラブルに発展する可能性があるので、確認作業には念を押さなければなりません。

市役所に申請に来るのは必要な書類をもらいに来ることも多いですが、万が一にも必要書類漏れが後から発覚した時は、対応に困ってしまいます。

また市民の相談に対して曖昧な回答はできないことから、専門知識を持ってしっかりと対応しなければなりません。

市役所の仕事は紙切れ1枚出す作業かもしれませんが、市民にとってはその紙切れが重要なのです。

市民の生活や仕事に必要な書類の作成や相談を受ける業務なので、ほんの少しにミスが大きなトラブルとなってしまいます。

市役所は市民の生活に密着した仕事でもあるので、ミスが許されないプレッシャーのかかる仕事と言えます。

部署によっては仕事内容が難しく勉強することが必須になる

市役所で働くことになった時に、担当部署によっては仕事内容も難しいと感じるでしょう。

理由とすれば専門知識を必要としたものが多く、市民にしっかりと分かりやすく説明をしなければならないからです。

必要書類を申請に来た時に、送付書類の有無や必要事項の記入など、しっかりとチェックしなければなりません。

1つでも漏れがあるとトラブルになるので、しっかりと対応することが求められます。

また担当窓口によっては市民からの相談に対して、臨機応変に対応しなければなりません。

保険や税金の支払いに対しての相談など、人それぞれで状況が違うので、その人に合ったアドバイスをしなければなりません。

保険や税金に関しては専門知識が必要となりますし、法律や制度もしっかり分かっていなければなりません。

仕事内容は仕事の量はそれほど多くなくても、それぞれの仕事の責任が大きいので、難しい仕事としてプレッシャーを感じるのです。

 - 業務に関するお悩み