仕事のお悩み解決所

試用期間で退職する時の方法と給料の支払いについて

2017.9.30

試用期間中にどうしても社風が合わずに退職したいと思えば、正規の手続きを踏めば退職することは可能です。

せっかく入社したので引き止められたりするかもしれませんが、スムーズに辞めることが望ましいものです。

気になる給料に関しても辞める時にしっかりり確認をしておくことは大切ですが、退職する時の給料事情について紹介します。


試用期間内で退職しても給料は同じように支払われる

会社に入社をしてから試用期間があれば、その間もしっかりと給料をもらうことはできます。

試用期間とはいきなり本採用することによって、良く分からない人材を社員にすることで、トラブルになることを回避することができます。

出勤態度が悪かったり著しく業務態度が悪くてやる気がなければ、正当な理由があれば解雇することができます。

もちろん試用期間中だからといって解雇することはできませんが、働く側にとってもお試し期間のように感じるので、会社に慣れるための期間だと思って仕事ができるでしょう。

そのため試用期間中に退職したいと思うことは当然ありますし、正規の手続きを踏めばスムーズに退職できます。

その際もきっちりと働いた分は給料を支払ってもらえるので、退職する時にきっちりと確認しておきましょう。

試用期間中だからといって減額されることもないので、普通の社員と同じ退職と考えて問題ありません。

試用期間中に退職しても給料や残業代は支給される

試用期間中であっても会社に採用されて働いているので、正社員と同じように給料をもらうことができます。

もちろん残業をすればきっちりと残業代をもらうこともできるので、試用期間中だからといって残業代はないと言うのは違法となります。

多くの人が入社したばかりですし会社の言いなりになってしまうので、残業代がなければ仕方がないと思ってしまうかもしれません。

正社員になってもサービス残業をしている人は多いので、残業代についてあまり言えないのは仕方がないかもしれません。

だからこそ退職すると決めた時には思いきって給料だけでなく、しっかりと残業代を請求することができるはずです。

試用期間中であってもしっかりと働いていますし、早く正社員になるために頑張って残業も受け入れていたはずです。

辞めることになった途端に残業代はないと言われても受け取る権利はあるので、最後はしっかりと請求することをおすすめします。

試用期間で退職して給料を減額されれば違法となる

自分がどうしても職場環境に慣れずに試用期間中に退職することを決すれば、通常の流れに沿って退職手続きを勧めましょう。

通常であれば2週間前から1ヶ月前に退職願いを提出するので、後は引き継ぎ作業や残りの仕事をしっかりとこなすことが大事です。

最後までしっかりと仕事をして辞めたのに、給料が減額されていればもちろん違法となります。

会社によっては試用期間中だからと言って不当に減額した給料を支払おうとしますが、きっちりと給料は正規の金額を受け取りましょう。

会社の言い分とすれば試用期間中だから減額する権利はあるし、辞めたことによって迷惑を掛けたことが減額理由になると言うかもしれません。

正当性があるように思えますが確実に違法行為なので、できれば話し合いで給料をしっかり支払ってもらうようにお願いし、ダメなら訴えることを検討しましょう。

給料の支払いに関してはしっかりと話合うことが大事

試用期間中に退職すると会社とすれば人材不足に悩んでいるので、辞める人には厳しい態度をとることもあります。

嫌がらせと思うような態度を取る上司もいるかもしれませんが、給料に関してはきっちりと払ってもらうようにお願いしましょう。

こちらは正規の手順できっちりと退職までの流れに沿っているのに、辞めることに対して嫌悪感を示すのはおかしな話です。

会社にとっては辞められるとダメージがあるかもしれませんが、会社に合う合わないは本人が決めることなので、自由に退職することもできます。

会社側としては最後の抵抗として、給料を渡すのを渋ったり嫌がらせをすることもありますが、できるだけ真摯に対応して早く終わらせましょう。

辞める人間にきっちり給料を渡したくないという心情があるかもしれないので、厳しい態度を取るかもしれませんが、給料を受け取ってしまえば二度と会うことはありません。

大人の対応を心掛けて、できるだけトラブルなく退職まで過ごしましょう。

手続きと合わせて給料をもらいに行った方がスムーズに退職できる

会社を退職する時の給料の支払い方に関しては、会社によって異なります。

試用期間中に退職することになればそれほど給料の額も多くはないですが、きっちりともらわなければ生活も苦しくなります。

できだけスムーズに退職したいと思うので、上司としっかりと話合って退職までのスケジュールを確認しましょう。

退職理由は人それぞれですが、できれば退職してから給料を受け取る時は、会社に取りに行くのがスムーズです、

給料日が退職日となっていればいいのですが、違う場合には後日改めて給料日に取りに来た方がいいでしょう。

保険証や年金手帳など返却する物もあれば、離職票などをもらわなければならない物もあります。

給料日に合わせて自分が取りに行き、同時に手続きを済ませた方がスムーズに退職することができます。

少しの機関でもお世話になったので挨拶もしなければいけないので、最期は給料をもらいに会社に行って、すべてをスッキリ終わらせて次に進みましょう。

 - 退職・休職に関するお悩み